1. トップ
  2. 恋愛
  3. 夫が最高すぎ!「その言葉気分悪いんだけど!」姑は”可哀想”が口癖…→娘たちを預けたときも”可哀想”発言されて、ついに夫が反撃!!

夫が最高すぎ!「その言葉気分悪いんだけど!」姑は”可哀想”が口癖…→娘たちを預けたときも”可哀想”発言されて、ついに夫が反撃!!

  • 2022.10.7
  • 10079 views

皆さんは義家族の方と上手く付き合えているでしょうか…? 多くの方が気を遣う義実家との関係。 今回は、そんな義実家とのお付き合いに思わず衝撃を受けたエピソードをご紹介いたします。

私の心の中を代弁してくれた夫

私の姑の口癖は「かわいそう」で、私の娘に留まらず、我が家の愛犬にまで言います。 あるとき、旦那と私で行かなければならない用事があり、義母に娘と愛犬を預かってもらう約束をしました。 当日「今日はすみません。よろしくお願いします」と娘と愛犬を預けようとすると「置いていかれるの?娘ちゃんと、ワンちゃんがかわいそう…」と言われました。 かなりイラッとしたので「じゃ連れていきます」と強引に言うと「暑いのに連れ回されてかわいそうじゃない」と…。 義母の言葉に私はますます腹を立てていると、旦那が「いい加減にしろよ。かわいそうって何?どういう意味?そのかわいそうって言葉、気分悪いんだけど!」とブチ切れ。 義母はシュンとなっていました。 私の心の中を代弁してくれて、スッキリしました。 (40歳/パート)

夫がかばってくれて…

義実家で、親戚の葬儀の後に雑談をしていたときの出来事です。 私は少し前から子どもを保育園に預けて働いていました。 すると、義実家に来ていた親戚のご夫婦が「子どもを預けてまで仕事をする母親は信じられない」「そんなに仕事しなきゃいけないのか」といった内容の会話を始めました。 私は少し離れたところで義母の手伝いをしていたので、声だけが聞こえてきて肩身の狭い思いをしていました。 こちらとしても、働きたくて働いているわけではなく、生活が厳しくて働いている身です。 すると、主人は「今は昔と違って共働きも多いし、悪いことではない」とさり気なくフォローしてくれました。 夫の一言で話が終わり、違う話題になりました。 言ってくれた主人に感謝です。 (40歳/パート)

義両親ともなると…

義両親ともなると、さまざまなことに気を遣いながら過ごさなければならないので、想像以上に疲れてしまうこともありますよね。 適度な距離を保ちながら、いい関係でいたいものです…。 ※こちらは実際に募集したエピソードをもとに記事化しています。

元記事で読む
の記事をもっとみる