1. トップ
  2. おでかけ
  3. 新たな移動型体験コンテンツ。奥多摩にて「小さな風景を感じる、モビリティツーリズム」発売

新たな移動型体験コンテンツ。奥多摩にて「小さな風景を感じる、モビリティツーリズム」発売

  • 2022.10.6
  • 304 views

奥多摩エリアでの「移動」と「地域資源」を一体的に楽しめる新たな移動型体験コンテンツを生み出すことを目的に、「小さな風景を感じる、モビリティツーリズム」として、モビリティレンタル事業及びガイドツアーが、2022年10月19日(水)~12月11日(日)の期間限定で販売されます。(なお情報は記事掲載時点のものです。詳細は公式サイトなどでも事前確認することをおすすめします。)

「小さな風景を感じる、モビリティツーリズム」発売

期間:2022年10月19日(水)~12月11日(日)

奥多摩エリアでの「移動」と「地域資源」を一体的に楽しめる新たな移動型体験コンテンツを生み出すことを目的に、「小さな風景を感じる、モビリティツーリズム」として、モビリティレンタル事業及びガイドツアーが、2022年10月19日(水)~12月11日(日)の期間限定で販売されます。

奥多摩の特産品であるわさび田巡り、地域住民のガイドによる林道やむかし道の散策など、EVバイクや電動アシスト自転車に乗りながら奥多摩の自然や風情を五感で感じてもらえる新しい旅をご提案。

海沢のせせらぎ林道ツアー

東京最後の野生児と呼ばれている有名ガイドと海沢林道や海沢隧道などをモビリティで散策しつつ、最後は三ツ釜の滝までガイドと一緒にハイキング散策し、散策後には、御嶽の古民家でガイド特製の鮎ご飯ときのこ汁が食べられる体験ツアーです。

EVバイクでいく、里山わさびツアー

奥多摩の集落「峰谷」にある絶景のわさび田に、奥多摩わさびを栽培する兄弟「TOKYO WASABI BROTHERS」が案内してくれます。長靴を履いて沢に入ってわさび田に向かう体験はまさに非日常体験。手作業で再建したわさび田で丁寧に育てられたわさびを見ながら、奥多摩の澄んだ空気と採れたてわさびで作るわさび丼を堪能できる五感で楽しむ贅沢な体験ツアーです。

古のくらしを感じる、奥多摩むかし道ツアー

旧青梅街道と呼ばれていた、氷川から 小河内に達するまでの道で昔のくらしを感じることのできる「奥多摩むかし道」を奥多摩でサイクリングとトレッキングを掛け合わせた「トレックリング」ツアーを実施するプロのガイドと巡る体験ツアーです。

“移動を体験価値化”する新たな旅のカタチ

今回は、“移動を体験価値化”する新たな旅のカタチ「小さな風景を感じる、モビリティツーリズム」をご紹介しました。ぜひ日常から離れて、こちらのツアーに参加してみては?

また、RETRIP〈イベント〉の公式Twitter(@retrip_event)では、最新イベントの開催情報をお届けします。ぜひフォローしてみてくださいね。

詳細情報

■小さな風景を感じる、モビリティツーリズム
対象期間:2022年10月19日(水)~2022年12月11日(日) ※土休日のみ実施
体験ツアー料金 : 7,700円〜11,700円(税込) ※コースやモビリティによって価格が異なります。
予約方法:2022年9月28日(水)より、下記沿線まるごとホテルの公式サイトにてご予約を承ります。
https://marugotohotel-omeline.com/
注意事項:
・本ツアーは2名様以上でお申し込みください。
・EVバイクの利用には利用時点で有効な運転免許証が必要(普通自動車もしくは原付一種免許)です。受付時に複写をします。
・飲酒している方の利用はいただけません。
・ツアーの定員はコース、モビリティによって異なります。
・雨天時は安全確保のため中止とします。※前日19時までにスタッフよりご連絡します。
・状況によりツアーの中止または内容等が変更になる可能性があります。
・お申込にあたってはHPにある注意事項等を必ずご確認ください。

元記事で読む
の記事をもっとみる