1. トップ
  2. 『呪い返し師-塩子誕生』希島凛&鈴木まりや&吉田宗洋が語り合う役者の醍醐味、人生の大切な一歩

『呪い返し師-塩子誕生』希島凛&鈴木まりや&吉田宗洋が語り合う役者の醍醐味、人生の大切な一歩

  • 2022.10.6
  • 219 views

人の不幸を願う心=“呪い”を払う、呪い返し師の奮闘を描く『呪い返し師-塩子誕生』が10月7日(金)より公開される。主人公の塩子を演じるのは、本作が映画初主演となる希島凛。塩子役に挑むうえでは、「不安もあった」という彼女。メガホンを取った赤羽博監督や、劇中で呪いを身近に感じている女性を演じた鈴木まりや、強烈な悪役に身を投じた吉田宗洋に支えられながら、大役を演じきった。そこでMOVIE WALKER PRESSでは、希島、鈴木、吉田にインタビューを敢行。笑顔いっぱいに撮影を振り返ると共に、人生における“大切な一歩”を語り合ってもらった。

【写真を見る】息ぴったりの希島凛、鈴木まりや、吉田宗洋。笑顔で”役者の転機”を明かす

呪いに立ち向かう塩子の奮闘を描く『呪い返し師-塩子誕生』は10月7日(金)より公開! [c]2022 IRH Press
呪いに立ち向かう塩子の奮闘を描く『呪い返し師-塩子誕生』は10月7日(金)より公開! [c]2022 IRH Press

舞台は現代。オカルト研究会の部員たちが、不気味な現象に度々襲われる部員、奈々子を救うため、「呪い返し師」を呼び出す儀式を行なっていた。儀式により出現した呪い返し師の塩子(希島)は、たちまち呪いを払う。それ以降、塩子のもとには呪い返しの依頼が次々と舞い込み、奈々子たちと呪いに関わる事件を解決していく。やがて大企業・天道グループの御曹司(吉田)のスキャンダルを知った塩子たち。彼に弄ばれた上条さくら(鈴木)ら女性たちの想いを背負い、塩子は立ち上がる。

「初めての主演。赤羽監督の言葉のおかげで、思い切って演じることができました」(希島)

――希島さんは、呪い返し師の塩子役として映画初主演を務められました。塩子役に抜擢された時の感想から教えてください。

塩子役で初主演を果たした希島凛
塩子役で初主演を果たした希島凛

希島「初めての主演だったので、お話を聞いた時は驚きのほうが大きかったです。自分の未熟さを自覚していたので、『私で大丈夫かな』という気持ちもありました。でもこれまで支えていただいた方々に感謝の気持ちを表したい、今回の役目を果たすことによって恩返しができたらいいなと感じて、『お話をいただいたからには、やり抜こう』と決意を固めて映画に臨ませていただきました。撮影中も気づかないうちに肩に力が入ってしまったり、不安な気持ちになることもありましたが、そういった時には赤羽監督がスッと『凛はありのままの凛でいいんだから、楽しくやればいいんだよ』と言葉をかけてくださって。その言葉のおかげで心が軽くなって、思い切って演じることができました」

――毅然とした姿勢で“呪い”と対峙する塩子という役柄は、演じるうえでご苦労もあったのではないでしょうか。

7の日の夜7時7分に、救いを求めている人の前に現れる塩子 [c]2022 IRH Press
7の日の夜7時7分に、救いを求めている人の前に現れる塩子 [c]2022 IRH Press

希島「塩子は謎に包まれていて、新たなヒーロー像を体現しているようなキャラクターでもあるので、やはり役作りでは悩むこともありました。悪を正して戦う、強くてかっこいいヒーローでありつつ、令嬢として華道や茶道に向き合う姿もあれば、戦いの前のエネルギーチャージとしてうどんを豪快に食べるという庶民性や人間味が垣間見える場面もあります。メリハリやギャップを大事にしながら、塩子の多面性を深めていきたいと思っていました」

――鈴木さんは、天道翼という好きな男性に蔑ろにされながらも、思いを断ち切れない女性アナウンサー、上条さくら役を演じました。さくらの印象を教えてください。

AKB48およびSNH48の元メンバー、鈴木まりやがアナウンサーのさくら役を演じた [c]2022 IRH Press
AKB48およびSNH48の元メンバー、鈴木まりやがアナウンサーのさくら役を演じた [c]2022 IRH Press

鈴木「アナウンサーというと、誰もが夢見るような職業だと思いますが、さくらは自分に自信がない女性。だからこそ、お金持ちだったり、高学歴で見た目がかっこよかったりと、強くてたくましく見えるような男性に惹かれてしまったり、そういった男性に頼りたいという気持ちがあったんだと思います。私も以前は自分に自信を持つことができず、『お金持ちと結婚したい』と思ってしまうこともあったので、わかるなと感じる部分もあって。さくらを通して、改めて『大事なのはそういうことではない』『自分に自信を持つことが大事なんだ』と実感することができました」

――「自分に自信を持てない」と感じることもあったのですね。

鈴木「アイドルとして仕事をしていくうえでは、誰かと比べられることも多かったので、『自分なんて…』と思ってしまうことがよくありました。でもソロで活動をするようになって、“一人で頑張らないといけない”という環境に身を置き、いろいろな経験をさせていただくにつれて、お仕事に対する責任感もより芽生えてきました。もし誰かに褒めてもらえたとしたら、『自分なんて』と感じずに素直に聞き入れてみようと思ったり、『とにかく、自分にできることを精一杯やることが大事なんだ』と感じることで、少しずつ、人と比べなくてもいいのかなと思えるようになりました」

――吉田さんは、自己愛の強い天道翼役を演じられました。数多くの女性を弄んでいる…というキャラクターですが、翼の印象や、演じるうえで大事にしたことを教えてください。

女性の敵、天道翼の強烈な存在感にも注目だ [c]2022 IRH Press
女性の敵、天道翼の強烈な存在感にも注目だ [c]2022 IRH Press

吉田「翼の放つ言葉や行為は、本当に最悪です(笑)。でも僕だけは、翼のことを好きでいよう、自分の演じる役は、僕が認めないといけないなと思っていました。翼ももともと悪いヤツだったわけではないと思いますし、単純に“悪人”として演じたとしたら、観客の皆さんにとってもなにも印象に残らないキャラクターになってしまうはず。もちろん女性の大敵ではありますが、どこか愛せる部分や人間味を出せればいいなと思っていました」

「役者冥利に尽きるし、役者の醍醐味をたっぷり感じられる役柄でした」(吉田)

――客観的に見たら、翼という男性についてどのように感じますか?

吉田「ダメな男です(笑)!翼は、誰もが我慢してやらないようなことをはっきりと言葉にしたり、行動に移したりしてしまう男。翼を通して、役者でなければ絶対に言わないようなことを口に出したり、経験できないようなことをやれたことは、ものすごく楽しかったです。本当にステキな時間を過ごさせていただきました。役者冥利に尽きるし、役者の醍醐味をたっぷりと感じられる役柄でした。女性に向かって『お前なんて、俺のアクセサリーになるしかないんだよ!』というセリフがありましたが、そんなことは翼を通してでなければ絶対に言えませんから(笑)!」

悪役とのギャップが印象的な吉田宗洋。現場を盛り上げるムードメーカーだ
悪役とのギャップが印象的な吉田宗洋。現場を盛り上げるムードメーカーだ

――あまりの翼の自己愛の強さに、女子高生から「気持ち悪い」と言われる場面もありました。

吉田「そうなんですよ!あそこは、ちょっとだけ泣きそうになりました(笑)。『ダメだ、翼はこんなことでは屈しないんだ』と気を取り直して、あのシーンも頑張りました!」

希島&鈴木「あはは!」

――当然ですが、吉田さんご自身と翼にはものすごくギャップがありますね。お三方は息もぴったりですが、現場のムードメーカーとなったのはどなたですか?

希島&鈴木「吉田さんです(笑)!」

希島「吉田さんは、カットがかかるといつもの気さくな素顔に戻って、明るく現場を照らしてくれました。それはまりやさんも同じで、まりやさんがいてくださると現場の空気がものすごく和むんです。また、たくさんの天狗のお面がある天狗神社のシーンでは、翼の後ろにある天狗のお面と吉田さんの悪そうな表情が重なって見えた瞬間もありました。それぐらい熱演してくださっていたので、塩子としても『断じて、この悪を許してはならない!』という強い気持ちで撮影に挑めました」

果たして塩子たちは強敵との対決でなにを見るのか [c]2022 IRH Press
果たして塩子たちは強敵との対決でなにを見るのか [c]2022 IRH Press

吉田「僕は完成作を観た時に、塩子の笑顔がとても印象的だったんです。というのも、塩子と翼として対峙した時には、塩子は笑顔を見せてくれませんから…。凛とした表情と、笑顔のギャップがとてもステキだなと思いました」

鈴木「希島さんは、周りへの気配りもすばらしいんです。楽屋でも凛とした姿勢でいらっしゃって、塩子そのもののような印象があります。女子高生役の皆さんからも、とても慕われていましたよね」

希島「そんな!私は、塩子のような存在とはほど遠い性格で…。だからこそ、私生活においても自分の心と向き合う時間を大切にして『塩子だったら、こういう時にどうするかな?』『自分のなかに悪しき心と通じるものはないか?』と考えたりと、できるだけ自分と塩子の距離を埋めたいと思っていました。塩子は、私にとって憧れの女性。自分のためではなく、いつも誰かのために行動ができる人です。そうやって誰かのために生きられる人こそ、強くて優しい女性だと感じています」

――今後も、塩子が力をくれそうですね。

希島「本当にそう思います。今回塩子を演じたことが、『私は相手を傷つけてはいないか?』『本当の愛ってなんだろう?』と自分自身の心を見つめ直したり、愛について学ぶきっかけになりました。今後も目指していきたいと思うような女性です。魅力的なキャラクターと出会うことができて、とてもうれしいです」

「一人でも応援してくださる方がいるならば、『頑張るぞ!』という力が湧いてきます」(鈴木)

――塩子との出会いを通して、登場人物たちそれぞれが新しい一歩を踏みだしていく姿も描かれます。皆さんが思い出す、自分にとっての“大切な一歩”がありましたら教えてください。

【写真を見る】息ぴったりの希島凛、鈴木まりや、吉田宗洋。笑顔で”役者の転機”を明かす
【写真を見る】息ぴったりの希島凛、鈴木まりや、吉田宗洋。笑顔で”役者の転機”を明かす

希島「私は、高校生のころから芸能のお仕事をさせていただいていました。進学校に通っていたので、私以外のみんなは勉強をして、大学を目指すという進路を辿っていましたが、私はお芝居が大好きで、将来もこのお仕事をずっとやっていきたいと感じていたので、周りの反対を押し切って『受験はしません』と意志を示しました。両親は、私に大学に行ってほしいと思っていましたが、『女優の道に進みたい』と説得して理解をしてもらいました。いまこうしてすばらしいキャラクターにも出会えて、役を与えていただくたびに、とても一人の人生では果たせなかったような貴重な経験をさせていただいています。18歳の時に大切な決断をして、本当によかったなと思っています」

――それほど女優さんになりたいと思われたのは、どのようなきっかけがあったのでしょうか。

希島「作品やCMを通して女優さんの笑顔を見ていると、苦しいなと思うような時でも『明日も頑張ろう』と思えた経験がありました。『いろいろな人に夢や希望を与えることのできる職業って、すばらしいな』と感じたことをきっかけに、女優の道を目指しました」

――鈴木さんはいかがでしょうか。

鈴木まりやが、転機を明かした
鈴木まりやが、転機を明かした

鈴木「27歳の時に共演させていただいた先輩の女優さんとの出会いが、私にとってとても大きなものだったと感じています。その当時、元気な時もあれば、少し落ち込んでしまう時もあったりと、自分自身がわからなくなる時があって。『本当の自分の性格かわからない。どうしたらそんなにステキな女性になれるんですか?』とその女優さんに相談したところ、『自分がなりたい自分になったらいいんだよ』と教えてくれました。憧れの方からのアドバイスなので、『自分のなりたい自分になろう』と心掛けるようになりました」

――鈴木さんにとって、前に進む一番の原動力となるのはどのようなことですか?

鈴木「やっぱりファンの方、応援してくださる方がいることです。一人でも応援してくださる方がいるならば、『頑張るぞ!』という力が湧いてきます」

吉田「僕は『ポルノグラファー』シリーズの三木康一郎監督や、本作の赤羽監督など、たくさんの方々から新しい一歩を踏みだすきっかけをもらっています。これまでご一緒したあらゆる監督、演出家さん、役者さんとの出会い、すべてが重なり合い、いまの吉田宗洋がいる。あえて役者を目指すきっかけとなった、“憧れの人”という意味でお話をさせていただくならば、僕にとって武田鉄矢さんの存在がとても大きいです。子どものころ、『刑事物語』や『プロゴルファー織部金次郎』シリーズが大好きで、テレビで放映されるたびに観ていました。僕は26歳くらいまでサラリーマンをやっていたのですが、そのころに改めて『刑事物語』を観る機会があって。『そういえば、俺は武田鉄矢さんに憧れていたんだ』と気づき、そこから役者の仕事を始めたんです。いつか武田さんと共演できたら、本当にうれしいなと思っています。サラリーマンから役者になると決めた時は、親も驚いたと思います。そこで自分が強い意志を示したからこそ、道を開くことができたと感じています」

――希島さんにとって、本作との出会いも大きなものになったと思います。改めてどのような作品になったと感じていますか?

塩子の想いが、周囲の人々を惹き付けていく [c]2022 IRH Press
塩子の想いが、周囲の人々を惹き付けていく [c]2022 IRH Press

希島「本作は5つのエピソードからなる映画ですが、どのお話も身近なテーマが描かれていると思いますので、呪いを返していく塩子のセリフを通して、観客の皆さんにとっても自分自身の心を見つめ直すきっかけができたとしたら、とてもうれしいです。ぜひ塩子のセリフにも注目して、劇場でご覧いただければと思います」

取材・文/成田おり枝

元記事で読む
の記事をもっとみる