1. トップ
  2. 「届かないと思っていたけれど…」バナナが食べたいがための息子の行動とは…【体験談】

「届かないと思っていたけれど…」バナナが食べたいがための息子の行動とは…【体験談】

  • 2022.10.6
  • 17971 views

現在、3歳の娘と1歳の息子がおり、毎日バタバタと育児に奮闘中です。ある日、お姉ちゃんの歯磨きをしていると、後ろのほうでえらい静かに何かをしている息子。歯磨きを終え振り返ると……!? 衝撃的珍エピソードです。

何やら怪しい息子の行動に気になりつつも…

現在、3歳の娘と1歳の息子がおり、毎日バタバタと育児に追われているときに起こった珍エピソード。息子が1歳になり、少しずつ歩くのが上手になってきたころのお話です。

キッチンでお姉ちゃんの歯磨きをしていると、息子が後を追いかけてキッチンに来ました。仕上げ磨きをしている私の後方で、静かに何かをしている息子。

いつも自由に動き回り、おもちゃで遊んだり、冷蔵庫に映る自分の姿を見たりして遊んでいるので、この日もあまり気に止めずに歯磨きの続きをしていました。そして歯磨きが終わり、後ろを振り返ると、床に何やら奇妙な物体が……!

いつの間にか届くように…!?

「ん?なんだこれ?」と思いよく見てみると、バナナのヘタと下の硬い部分でした。その残骸の横には、口をもぐもぐしている息子がいるではありませんか。

勝手に取れないようにテーブルの上に置いていたはずのバナナをつかみ、皮ごと食べていたのです! テーブルの端のほうに置いていたのですが、背伸びした際に手が届いてしまったようです。

子どもの成長は本当に早い

皮ごと食べられるようなバナナではないけれど、とりあえず食べ物でよかった……。もし食べ物ではないものだったらと思うと、ゾッとしました。でも、ヘタと固くて食べられない部分はちゃんと残している息子に少し笑ってしまいました。

子どもの成長は本当に早いもので、この前までは届かなかった場所も気づけば手が届くようになっていることも。物の配置や片づけには十分に気をつけて、目を離さないようにしなければなと、あらためて実感しました。

※食べているときに歩いたり立っていると窒息事故が起こりやすいです。食事のマナーの面だけでなく、窒息予防の観点からも「きちんと座って食べる」ことが大切です。また、直径39mm以下(トイレットペーパーの芯を通るもの)は誤飲するおそれがありま す。赤ちゃんの手の届かないところに置くようにしてください。


著者:pot

3歳の娘、1歳の息子の二児の母。

ベビーカレンダー編集部

元記事で読む
の記事をもっとみる