1. トップ
  2. ファッション
  3. まるで「別モノ」級、着まわし3通り! 40代が着たい2990円のユニクロ高見え秋ブラウス&コーデ

まるで「別モノ」級、着まわし3通り! 40代が着たい2990円のユニクロ高見え秋ブラウス&コーデ

  • 2022.10.6
  • 10162 views
一枚でおしゃれ見えしながら着まわし度も抜群な、ユニクロの「レーヨンピンタックブラウス」。高見えブラウスのおすすめポイントと、着まわし例を3つご紹介します。
一枚でおしゃれ見えしながら着まわし度も抜群な、ユニクロの「レーヨンピンタックブラウス」。高見えブラウスのおすすめポイントと、着まわし例を3つご紹介します。

2990円に見えない高見え感! レーヨンピンタックブラウス

この秋、ユニクロで大人の女性にぜひおすすめしたいのが「レーヨンピンタックブラウス」。2990円というプチプラながら、細く入ったピンタックが繊細で上品に見せてくれる、高見えブラウスなんです。注目したいポイントと、着まわし例を3つご紹介します。

エレガントな佇まいが目を惹くきれいめブラウス

ユニクロ レーヨンピンタックブラウス 2990円(税込)
ユニクロ レーヨンピンタックブラウス 2990円(税込)


ユニクロの「レーヨンピンタックブラウス」は胸元のピンタックが目を惹く一枚。細く入ったピンタックがエレガントに見せてくれます。ピンタックが途中でギャザーのように変わり、着ると体に程よくフィットして、ラインをきれいに見せてくれるシルエットになっています。

また、フロント部分がボタンの見えない比翼仕立てになっていたり、袖口にもギャザーが入っているなど、細部までこだわりが感じられます。

生地には、素肌でも滑らかで気持ちがいいレーヨン素材を使用。また、洗濯してもシワになりにくいイージーケア仕様など、実用面でも◎。

一枚でおしゃれ見えするのはもちろん、見た目だけではなく着心地や使い勝手も考えられたこの高見えブラウスが、2990円のプチプラなのは見逃せません。

その上、いろいろな着まわしも楽しめるんです! 大人の女性にぜひトライしてみてほしいコーデを3つご紹介します。

コーデ1. タックが美しく一枚でもサマになるブラウスを主役に

繊細なタックで一枚でもおしゃれ感たっぷり 出典:StyleHint
繊細なタックで一枚でもおしゃれ感たっぷり 出典:StyleHint


胸元に入った繊細なタックで、一枚でもおしゃれ見えするのが大きなメリット。一歩間違えると無難な印象になりやすいモノトーンコーデもサマになるので、いろいろと考える時間のない忙しい朝にも頼れるアイテムです。

薄すぎず、でも柔らかい生地で体に程よく沿って落ちるため、ラインをきれいに見せてくれるのも◎。気になる下腹部まわりやヒップも自然にカバーしてくれそうです。

コーデ2. セットアップなどのインナーとしてお仕事コーデにも

セットアップやスーツなどのインナーとしてお仕事コーデにも使える 出典:StyleHint
セットアップやスーツなどのインナーとしてお仕事コーデにも使える 出典:StyleHint


「レーヨンピンタックブラウス」は程よいフィット感で、ゆったりしすぎないサイズが特徴。そのため、写真のようなスーツやセットアップなどきちんと感のあるアイテムのインナーとしても、相性抜群です。かっちりしすぎたり、常に同じになりやすいお仕事コーデに新鮮さをプラスしてくれます。

首元はノーカラーなので、ジャケットと合わせても堅い印象になりすぎず、さりげないおしゃれも楽しめるのが◎。オンオフ問わず着られるので、一枚持っておくと頼りになるアイテムです。

コーデ3. 柔らかな生地でストレスフリーなレイヤード

ブラウスの生地が柔らかく、どんなアイテムとも組み合わせやすい 出典:StyleHint
ブラウスの生地が柔らかく、どんなアイテムとも組み合わせやすい 出典:StyleHint


この「レーヨンピンタックブラウス」の、他のブラウスとは異なるおすすめポイントは、生地がしなやかで柔らかいこと。

シャツとニットの重ね着は秋冬によく見かけるコーデですが、実際に手持ちのシャツをニットと合わせてみると「サイズが合わず着にくい」「重ねるとごわごわして着心地が悪い」という失敗例もよく聞きます。

ですが、この「レーヨンピンタックブラウス」は生地が柔らかく、体のラインに自然に沿うため、どんなアイテムともレイヤードしやすいのが優秀。首元から少しのぞかせるだけで、いつものニットも違った雰囲気にアレンジすることができます。

ユニクロの「レーヨンピンタックブラウス」、ぜひチェックしてみてくださいね!

※商品の在庫状況は日々刻々と変わるため、紹介アイテムが「在庫なし」となる場合もあります 。あらかじめご了承くださいませ。

文:横瀬 真知子(レディースファッションガイド)

元記事で読む
の記事をもっとみる