1. トップ
  2. チ・チャンウク、ウィ・ハジュンが共演!韓国ドラマ「The Worst of Evil」ディズニープラスで2023年独占配信

チ・チャンウク、ウィ・ハジュンが共演!韓国ドラマ「The Worst of Evil」ディズニープラスで2023年独占配信

  • 2022.10.5
  • 229 views

ディズニー公式動画配信サービス「Disney+ (ディズニープラス)」のコンテンツブランド

【写真を見る】「アンナラスマナラ -魔法の旋律-」ではミステリアスな魔術師リウルを演じたチ・チャンウク

「スター」にて、韓国ドラマ「The Worst of Evil」が2023年より独占配信されることが決定。あわせて、メインキャストとしてチ・チャンウク、ウィ・ハジュン、イム・セミの出演が発表となった。

1980年代の韓国を舞台に、悪名高い国際麻薬組織に、一人の警察官が潜入捜査官となってすべてを賭け、地下犯罪の網を暴こうと奮闘するクライムアクションシリーズである本作。韓国警察の捜査チームは、韓国、中国、日本の麻薬密売のトライアングルを形成する新たな国際犯罪組織を追っていたが、捜査はなかなか思うように進んでいなかった。そこで、潜入捜査官のカン・ジュンモが潜入するところから物語は始まる。

警察官カン・ジュンモ役を演じるのは、「ヒーラー~最高の恋人~」や「あやしいパートナー~Destiny Lovers~」などで知られ、韓国のみならず日本や中国でも絶大な人気を誇るチャンウク。新犯罪組織のリーダー、チョン・キチョル役には「イカゲーム」で一躍その名を世界に知られるようになったハジュン、そして麻薬捜査官ユ・イジョン役を「ショッピング王ルイ」や「女神降臨」などに出演していたセミが演じる。そして監督を、「傷だらけのふたり」のハン・ドンウクが担当する。

人気キャスト&スタッフが集結して描くクライムアクション「The Worst of Evil」。今後の続報にも注目だ。

文/サンクレイオ翼

元記事で読む
の記事をもっとみる