1. トップ
  2. 日本公演が楽しみすぎる!ENHYPEN、アメリカ公演でファンを魅了「幸せで圧倒される気分だ」

日本公演が楽しみすぎる!ENHYPEN、アメリカ公演でファンを魅了「幸せで圧倒される気分だ」

  • 2022.10.5
  • 225 views

“グローバルK-POPライジングスター”と呼ばれるENHYPENがアメリカツアーの華麗な幕を上げた。

7人組ボーイズグループENHYPENは10月2日と3日(現地時間)、米カリフォルニア・アナハイムにあるホンダセンター(Honda Center)で初のワールドツアー「ENHYPEN WORLD TOUR 'MANIFESTO' IN ANAHEIM」を開催し、グローバルファンと有意義な時間を過ごした。

今回の公演は、ENHYPENが2020年11月のデビュー以来、アメリカで行う初めてのオフライン単独コンサートだ。当初、1公演だけ予定されていたが、前売りチケット販売開始と同時に全席が売り切れとなり、1公演が追加された。ファンらは公演が始まる前からコンサート会場付近でENHYPENの曲を歌うなど、喜びを隠せなかった。

「胸がいっぱい」

 

デビュー曲『Given-Taken』でコンサートの扉を開いたENHYPENは、『TFW(That Feeling When)』『Drunk-Dazed』『FEVER』『Polaroid Love』『Future Perfect(Pass the MIC)』など、ジャンルを行き来する多様な曲と完成度の高いパフォーマンスで視線を集めた。「MANIFESTO」を通じて初めて公開された『One In A Billion』の舞台で7人のメンバーは優れた緩急のパフォーマンスを披露し、会場を熱く盛り上げた。

(写真提供=BELIFT LAB)

彼らは公演が進行される間、英語で現地のファンとコミュニケーションをとった。それにファンも熱い歓声と拍手、合唱で応えた。

ENHYPENは「アメリカツアーの出発点であるアナハイムでENGENE(ENHYPENファン)の応援を受けながら歌うことができて、胸がいっぱいだった。想像だけだったステージを現実にしてくださった皆さん、本当にありがとう。直接向き合えなかった時間が思い出せないほど幸せで圧倒される気分だ。7人のメンバーの声にENGENEの歓声まで加わり、僕たちの物語を全世界に知らせるENHYPENになる。いつも皆さんの自慢になれるよう努力する」と感想を伝えた。

(写真提供=BELIFT LAB)

アナハイムでアメリカツアーの幕を上げたENHYPENは、10月6日フォートワース、8日ヒューストン、11日アトランタ、13日シカゴ、15日ニューヨークとアメリカ5都市で「MANIFESTO」公演を継続する。

これに先立って10月4日午後、グラミーミュージアム(GRAMMY Museum)の人気オンラインパフォーマンスシリーズ「グローバルスピンライブ(Global Spin Live)」に出演する。 ENHYPENは約200人の観衆の前で最近発売したアルバムとアルバムの制作過程、ワールドツアーなどについて司会者と話を交わし、2曲のパフォーマンスを披露する予定だ。

◇ENHYPEN プロフィール

2020年11月30日にデビュー。韓国のグローバルオーディション番組『I-LAND』で、世界中のファンによる投票で選ばれたボーイズグループ。日本人のNI-KI、オーストラリア出身のJAKE、アメリカ出身のJAYを含む、JUNGWON、HEESEUNG、SUNGHOON、SUNOOの7人が所属。BTS(防弾少年団)やTOMORROW X TOGETHER(トゥモローバイトゥゲザー)が所属するHYBEの傘下レーベル「BELIFT LAB」に所属。2021年3月29日から2022年3月29日まではニッポン放送の新ブランド『オールナイトニッポンX(クロス)』の月曜レギュラーパーソナリティーとしても活躍した。

元記事で読む
の記事をもっとみる