1. トップ
  2. ライフスタイル
  3. 古い団地が垢抜ける!北欧インテリアを取り入れた2DKの一人暮らし実例

古い団地が垢抜ける!北欧インテリアを取り入れた2DKの一人暮らし実例

  • 2022.10.5
  • 51072 views

押入れやタイル張りなど、昭和レトロなエッセンスが残る団地暮らし。そんな古い団地の雰囲気を活かしながら、北欧風インテリアを上手に取り入れているmaatonaさん。なかでも、キッチン奥の和室はおしゃれなカフェのように大変身。他にも参考になるアイデアがたくさん詰まったmaatonaさん宅を覗いていきましょう。

光あふれる2DKの団地暮らし

以前住んでいたという暗いワンルームから、光が燦々と差し込む明るい2DKへ引っ越したというmaatonaさん。現在の間取りは40平米2DK。洋室とダイニング・キッチンは明るい色のフローリングに張り替えられ、柱や周縁なども白く塗られていて、部屋全体が明るい雰囲気に包まれています。

部屋の使い方の工夫

団地によく見られる「田の字型」の間取り

玄関入って正面が洋室、右手にダイニング・キッチン、その奥は和室。団地に多い「田の字型」の間取りです。そんな古い団地のレイアウトを生かして、どのような部屋づくりをされているのか見ていきましょう。

必要なものがすぐ手に取れる「キッチン」

もともと、「レトロで可愛い部屋に住みたい」と思って部屋探しをしていたというmaatonaさん。お部屋の中でも特に気に入っているのは、タイル貼りのキッチンだそう。
備え付けの収納には、北欧テイストのおしゃれなキッチン用品がずらり。また、調理中にサッと手に取れるように、キッチンツールはフックを用いて吊り下げ収納がされています。

2口のガスコンロが置けるキッチンで、料理をする時間は前の部屋の時よりもずっと増えたそう。使用頻度の高い調味料は、すぐに手に取れるようにガスコンロの奥に並べられています。トレーの上に並べられているので、サッと掃除もしやすそうですね。

キッチンとリビングスペースとの仕切りとしても使われているのが、ステンレス天板のワークテーブル。昭和レトロな雰囲気の中、ステンレス素材のテーブルが置かれていることですっきりとした印象に。真ん中が抜けているデザインなので、両サイドから出し入れができて使い勝手良さそう。また、収納用におしゃれなボックスを用いることで生活感も減らせますね。

押入れをクローゼット代わりにしている「寝室」

優しく温かみのある色合いでまとめられた寝室。一見したところ白壁のすっきりとしたお部屋ですが、写真の向かって右側の一面が収納スペースだそう。高さはもちろん、奥行きも広く、収納スペースがたっぷりあります。

扉を開けると一面は押入れになっていて、クローゼットとして使用しています。洋服掛けには、すっきり収納できる押入れ用のハンガーラックを使用。高さもジャストフィット。ハンガーもすべて同デザインのスリムなものを選べば、かなりの枚数の服がかけられますね。

「ランドリールーム」は清潔感のあるホワイトで統一

こちらは白を基調としたランドリールーム。洗濯機上のスペースも無駄にせず、バスタオルやヘアブラシ、洗剤などを収納できるラックを設置。タイル張りの壁やシャワーヘッドに合わせて、収納ラックもホワイトで揃えることで、清潔感のある空間にまとめられています。

和室が垢抜ける部屋作りのコツ

昔ながらの生活感溢れる和室。「どうしても垢抜けない」とお悩みの方も多いはず。そんな方々にぜひトライしていただきたいのが、これからご紹介するアイデアです。記事を参考に、和室のイメージをガラリと変えてみませんか。

・和室にあえて洋風の家具を合わせる

和室はローテーブルに北欧風のソファ、座椅子を合わせて、のんびりとくつろげる空間を演出しています。透け感のあるカーテンを選ぶことで奥行きが出て、部屋を広く見せることができますね。

・インテリア小物には明るめなカラーをチョイス

無垢の木が使われたインテリアをはじめ、白いクッションや白のスタンドライト、ベージュのストールなど、畳の落ち着いた雰囲気に合ったものばかり。明るい色味のものをプラスすることで、部屋全体が明るい雰囲気に包まれますね。

・ワークスペースも同系色の木製インテリアで揃える

和室のコーナーにはコンパクトなワークスペースが置かれています。在宅ワークに使用しているというキャンプ用の折り畳みテーブルとウッドチェア。モニターを置く台も同系色のもので揃えられています。

・襖を取り払う

思い切って襖を取り払って、大きめなワンルームとするのも垢抜けポイントです。襖がなくなったことで古い和室感がなくなり、さらにはワンルームのように見えて広く使えるし、一石二鳥ですね。部屋の仕切りを無視して、チェストをあえてまたぐ形で配置することで、よりワンルーム感が出ますね。

・レトロな雰囲気を残しつつ垢抜けさせるアイデア

ほっと落ち着ける空間で自分らしく暮らしているmaatonaさん。一見古めかしいと思われがちな団地ですが、maatonaさんの手にかかれば、まるでおしゃれなカフェのような空間に。今回ご紹介したアイデアを参考に、団地ならではのレトロさを残しつつ、自分好みのインテリアで彩った素敵な団地暮らしを楽しんでみませんか。

writer / goodroom photo / goodroom journal

取材協力

新しい部屋で、はじめよう。goodroom journal
https://www.goodrooms.jp/journal/

元記事で読む
の記事をもっとみる