1. トップ
  2. 恋愛
  3. 夫は「育児いいとこどり」でいい?パパ育成に挑んだママの体験が参考になる

夫は「育児いいとこどり」でいい?パパ育成に挑んだママの体験が参考になる

  • 2022.10.3
  • 6254 views

育児に協力的ではない夫へ不満がある人はいるでしょうか。2人の子どもなのに育児をすべて自分でやっていると、疑問をもつこともあるでしょう。父性がもっと育ってくれたらいいのに、と悩んでいる人もいるはずです。今回ご紹介するお話は、パパの育児力をアップさせたいたままま(@decoboco.tama)さんの奮闘記です。あの手この手を考え、パパに育児に協力的になってもらとおうと努力するたまままさんですが?『パパの育児力アップを目指して』の見どころをダイジェストでお伝えします。

夫の育児力アップのために奮闘するも…

育児に積極的ではない夫を変えたくて「どうしたら夫の育児力がアップするか」を考え抜いた末に思いついた作戦。その名も「育児いいとこどり作戦」を決行することにした、たまままさん。

夫は子どものかわいい部分を見られるお世話でかなり満足しているようです。しかし、夫のその体験のために動き回るたまままさんは、余裕がなく忙しいように見えます。

この作戦でパパの育児力は上がるのでしょうか。そして、無理をしているようにも見えるたまままさんは大丈夫でしょうか。

突然始まったパパ見知り…

順調に「育児いいとこどり作戦」を実行し、育児力をアップさせることに成功しているたまままさん。しかし、ある日、突然子どもがパパに拒絶反応を示します。

パパ見知りが始まってしまい、お手上げ状態に。パパもショックを受け「打つ手なし」に。

原因は私?夫婦に大切なことは何なのだろうか

パパの「育児いいとこどり作戦」がうまくいかず、夫婦関係がギスギスしてしまった2人。このままでは2人の夫婦生活が崩壊してしまうと感じ、カウンセリングに通うことになりました。

その結果、夫婦関係がうまくいかないのは自分にも原因があると知ったたまままさん。相手の価値観を受け入れられず、夫を変えようとしすぎたことに気づきます。

再び幸せになるため、たまままさんは相手と自分の違いを受け止め、自分の気持ちもはっきり伝えることにしました。その結果夫婦は、相手を認め合う関係に変化していくことができるように変化していきます。

「パパを変えたい」「どうして変わってくれないのか」と感じたことがある方にはぜひ読んでみてほしい作品です。

著者:ゆずプー

元記事で読む
の記事をもっとみる