1. トップ
  2. 恋愛
  3. 【安堵】危篤状態の祖母を家族で見守っていたら突然…→「あんぱんが食いてぇ」と寝言を言った祖母にホッとした

【安堵】危篤状態の祖母を家族で見守っていたら突然…→「あんぱんが食いてぇ」と寝言を言った祖母にホッとした

  • 2022.10.3
  • 9483 views

自分でも気がつかずに発していることが多いと言われている寝言。 発している本人は気付かずとも、周囲の方は突然の寝言に驚くことも多いでしょう。 なかには、お祖母様が突然寝言を発したために困惑した方もいるようで……。 今回は実際にあった“おもしろ寝言エピソード”をご紹介します!

危篤の祖母が……

恋愛jp

祖母が入院し、危篤だと言われたときのことです。 家族で見守っているなか、すやすやと眠っていた祖母が突然はっきりと「あんぱんが食いてぇ」と一言。 祖母はあんぱんが食べたくて、三途の川から戻ってきてくれたのでしょう。 「食いしん坊だね」と呆れつつも、ほっとしたことが忘れられません。 (48歳/主婦)

ほっとした……

張りつめた空気の中、お祖母様の思わぬ寝言にほっとしたという投稿者さん。 元気な寝言を聞くと、思わず顔がほころび、緊張が緩和しそうですね。 皆さんはこのエピソード、どう感じましたか? ※こちらは実際に募集したエピソードを記事化しています。 (恋愛jp編集部)

元記事で読む
の記事をもっとみる