1. トップ
  2. 恋愛
  3. 大人のための星占い!2022年10月3日~10月9日の運勢【おひつじ座~うお座】

大人のための星占い!2022年10月3日~10月9日の運勢【おひつじ座~うお座】

  • 2022.10.3
  • 24251 views
2022年10月第1週の12星座占いです。この時期どんなことが起こるのか、星の動きからひも解いていきましょう。【大人のための星占い】をお届けします。
2022年10月第1週の12星座占いです。この時期どんなことが起こるのか、星の動きからひも解いていきましょう。【大人のための星占い】をお届けします。

占術研究家・心理テストクリエーター章月綾乃の12星座占い。2022年10月3日~10月9日の運勢を西洋占星術で占います。

秋らしく穏やかなムードの中、何か新しいことを始めたい気持ちが芽生えそう。すぐに行動に移せる人、思っていてもなかなか動けない人、あれもこれもと考えがまとまらない人、それぞれマイペースでやっていくとよさそうです。また、誰かの計画に乗ってみるのも大賛成。好きなこと、楽しいこと、ワクワクする方向へ進んでいきましょう。

おひつじ座(3月21日~4月19日生まれ)

年齢を自覚して落ち込みそう。「もうダメだ」「もう年だ」、そうボヤきたくなるような出来事が起こるでしょう。でも、体力の衰えやセンスの鈍りには、波があるもの。永遠にバテやすいわけでも、時代からズレ続けるわけでもありません。たまたま、調子が出なかっただけ。

なので、ガッカリ気分を隠さずに、自虐で場を和ませるとよさそう。あなたの想像通り、弱みを見せると侮られる可能性も高いのですが、またパワーが戻って来た時のインパクトが絶大になるため、マウントを取りたい人には取らせておけばよいのです。

愛は、観光気分を味わえるデートへ。

おうし座(4月20日~5月20日生まれ)

繰り返しに飽き飽きしそう。かといって、ガラリと変える感じでもないため、しぶしぶ、ダラダラ続けて効率が落ちてしまうことに。こんな時は小さな変化を起こすといいでしょう。

例えば、毎朝食べているイチゴジャムのほかにマーマレードも用意する、ハムをベーコンに変えてみる的なこと、新しいハンカチや靴下を買って使ってみるような感じです。大枠を変えなくてもディテールに凝ることで、気分が変わって弾みがつき、なんだか楽しくなってくるはず。

愛は、知的な接点を作って。同じ本を読んで感想を言い合うと、心が近づきます。

ふたご座(5月21日~6月21日生まれ)

モタつきやダブつきが消えて、元気いっぱいに飛び出せそう。チャンスを素早く掴めるし、実力を発揮できるでしょう。ただ、それだけに、勢い余っての失敗が心配です。時間や予算をオーバーしたり、調子よく引き受けすぎて自分で自分の首を絞めたり、ケガや故障を起こしたりする恐れが……。

やっと条件が整ってきたのにセーブをかけるのは不本意でしょうが、全力の8割程度で止めましょう。すると、余力でジワジワ100%埋まってちょうどいい感じになるはず。

愛も、やりすぎ注意報。見守る、支える、後方支援を心がけるとうまくいきます。

かに座(6月22日~7月22日生まれ)

オーバーワーク気味。やるべきことが山積みで、気持ちで負けてしまいそう。いっそ、全部手放してラクになりたいと極端なことを考えてしまうほど。

でも、順番の入れ替えやパワーバランスの調整で、案外キレイにハマりそうです。案件別に進めるのではなく、似た作業を同じ日の流れの中に組み込んだり、確認を待たずに見切り発車である程度進めてみて。少しの工夫で、大きな差が生まれるでしょう。

愛は、あなたはロマンチックに過ごしたいのに、相手は日常を快適に送りたいと差があるみたい。おふくろの味でもてなしてあげると、案外素敵な展開に。

しし座(7月23日~8月22日生まれ)

やればやるほど、調子が出て頑張りがいがある一週間です。せっかくですから、集中して取り組める状況や環境を確保して、ある程度形にしてしまいましょう。コツを掴め、波に乗り、どんどん楽しくなっていくはず。

また、朝夕のルーティンを作ってみるのも大賛成。カフェでノートを広げてから一日を始める、寝る前にまとめて整理をするなど、いい習慣が定着しそう。

オフは、公共施設やサービスが役に立ちそう。図書館や公民館主催のイベントもチェックしてみて。

愛は、重箱の隅をつついてしまいそう。おおらかに、「咎めない」をモットーに!

おとめ座(8月23日~9月22日生まれ)

謙譲は、おとめ座さんの美徳です。謙遜をする、自分からは言わない、人を立てる、裏へ回る、そうすることで、陰徳を積み、人格を高めているのです。

でも、今週に限っては、あえて主張をしてみましょう。「やりたいです」と手を上げる、「やっておきました」と成果を誇る、アピールすることで周囲を驚かせることができるでしょう。普段遠慮深い分、ヤル気や実力が際立つのです。そういうことならとスペシャルなチャンスも引き寄せられるはず。堂々ともらえるべきものは取りにいきましょう。

衝動買いも役に立つはず。デートは、エコなスポットへ。

てんびん座(9月23日~10月23日生まれ)

八方美人のススメ。全方向抜かりなく、感じ良く振る舞いましょう。笑顔を心がける、二つ返事で引き受ける、少しオーバーに喜ぶ、楽しむ……出会う人みんなの幸せを願い、サービス精神を発揮することで幸福な輪が広がっていくはず。とっておきの情報やポジションが転がり込んでくることも。

加えて、イメージアップのために見た目を整えるのは大賛成。美容院やネイルサロン、クリーニングなどプロの力を借りると好感度がさらに高まります。

愛は、チーム化がカギに。パートナーの身の上に起こることを自分のこととして捉えると、一体感が増すはず。

さそり座(10月24日~11月22日生まれ)

何があったわけでも、あるわけでもないけれど、気分よく過ごせる一週間です。うれしい予感に満たされて、なんだかウキウキ、ソワソワしそう。それは、感覚が研ぎ澄まされている証拠です。

まもなく、運気がガラリと変わって、あなたらしく生きられる大幸運期が戻ってきます。何かを作りたい、表現したい気持ちは形にしていきましょう。アイデアやイメージが実現化しやすいので、考えているだけでなく、行動に移すことがポイントに。フライングで、強運ルートを引き込んで。

愛は、以心伝心。ポジティブな言葉がさらに関係を前進させるはず。

いて座(11月23日~12月21日生まれ)

違いが分かる大人になれそう。人の仕切りやおすすめで動く機会が増えそうですが、どうもしっくりこないはず。悪くはないけれど良くもなく、「これならあっちのほうが」とアイデアが浮かびそう。

実は、その「あっちのほうが」が今週の幸運を担っているのです。最初に用意されたものは、たたき台やアテ馬のようなものと考えて。そこからどう発展させていくか、広げていくかが大事なのです。「違うな」の先を求めていきましょう。

オフは、少人数の集まりにツキが。ただし、メンバーは厳選を。

愛は、ギブ&テイクで。先に何かを与えてみて。

やぎ座(12月22日~1月19日生まれ)

きっと言われてみると、納得するでしょう。最近のあなたは、少々性格が悪くなっています。このため、小さな間違いを許せない、何でも悪い方に捉える、イヤなことを言わずには済ませられないなど、自らを窮地に追い込み、どんどんツキを落としているのです。悪態やため息をつくのをやめて、清らかで明るく素直な心に入れ替えてみましょう。

子ども向けのドラマやアニメを見てみるのもオススメ。信じる気持ち、人を思いやる心、未知の世界へ飛び込む勇気を取り戻して! 変身!

愛は、尊敬のまなざしで。「すごい」「さすが」を正しく届けて。

みずがめ座(1月20日~2月18日生まれ)

あなたの個性や才能、実力が求められています。でも、なぜ存在が希薄になっていて、気付いてもらえないみたい。人数には入っているのに、個体認識されにくいのです。すべてが終わってから「ああ、みずがめ座さんがいたなら頼めばよかった」的なことを言われやすいわけ。あなた自身、「わざわざ言わなくてもいい」スイッチを入れていますしね。

そこで、遠目からも映えるおしゃれで、目立ちましょう。鮮やかなコントラストのコーデ、ごっついアクセサリーなどで、「ここにあり!」を。流れがガラッと変わるはず。愛は、無分別も分別のうち。

うお座(2月19日~3月20日生まれ)

運気はテンポアップ中。でも、今週のあなたは、そんな速さでは何もできないはず。周囲に合わせて動くと、高度なダンスを初見で踊るように、見よう見まねで振り遅れ、最後まで居心地悪く時間を稼ぐということになりそう。それ、何か意味があるでしょうか?

正解は、「一段階ずつマスターする」か「いっそ踊らない」か、二つに一つ。じっくり取り組むべきことはマイペースで進め、無理、嫌だと思うならパスするのがよさそう。線引きをすれば、後はなんとでもなります。

オフは、レトロな喫茶店に癒しが。愛は、聞き役に回るのがスムーズ。

文:章月 綾乃(占いガイド)

元記事で読む
の記事をもっとみる