1. トップ
  2. 窪田正孝、後輩・永野芽郁の言葉に「付いて行きます!」

窪田正孝、後輩・永野芽郁の言葉に「付いて行きます!」

  • 2022.10.1
  • 169 views
永野芽郁の言葉に謝辞を述べる窪田正孝 撮影:原田健
永野芽郁の言葉に謝辞を述べる窪田正孝 撮影:原田健

【写真】久しぶりとなる窪田正孝との共演を振り返る永野芽郁

俳優の窪田正孝が、10月1日に東京都内の劇場で行われた映画「マイ・ブロークン・マリコ」公開記念舞台あいさつに、永野芽郁、奈緒、尾美としのり、吉田羊、タナダユキ監督と共に登壇した。

映画「マイ・ブロークン・マリコ」

同作は、平庫ワカの同名漫画を映画化したもので、圧倒的な熱量と疾走感で「親友の遺骨と旅に出る」という心に刺さるドラマを備えた話題作。

ブラック企業勤めのOL・シイノトモヨ(永野)は、テレビのニュースで親友・イカガワマリコ(奈緒)がマンションから転落死したことを知る。学生時代から父親に虐待を受けていたマリコのために何かできることはないか考えたシイノは、マリコの魂を救うために、その遺骨を奪うことを決心する。マリコの実家から遺骨を強奪、逃走したシイノは、マリコの遺骨を抱いて旅に出る、というストーリー。

撮影秘話を明かす尾美としのりに、吉田羊が陳謝

舞台あいさつでは、登壇者が撮影秘話や共演者の印象について語った。

尾美は「吉田羊さんがすごく役に入っているな、と。というのも、遺影を見ながらちょっと涙するシーンで、その時に吉田さんが僕の背中をたたくんですけど、それがすごく痛いんですよ。本当に痛くて…。『俺が痛いんだから、吉田さんも手が痛いだろうな』って思いながら、『こんなに役に入っているんだ』って」と明かすと、吉田がすかさず「すみませんでした」と陳謝して、会場を沸かせた。

また、永野は久しぶりの共演となった窪田について「前回ご一緒した時は私がまだ10代で、その時も本当にいろんなことを助けていただいたんですけど、本当に撮影現場に普通にいるだけですごく救われたり助けてもらっている部分が大きくて、事務所の先輩でもあるので『一生付いて行きます』って感じですね」と告白。

すると、窪田が「こっちが付いて行きます!ありがとう」と返答して、一同を笑わせていた。

◆取材・文=原田健

元記事で読む
の記事をもっとみる