1. トップ
  2. 季節の変わり目、クローゼットの収納で悩んでいる人に。衣替えが楽しくなるヒント

季節の変わり目、クローゼットの収納で悩んでいる人に。衣替えが楽しくなるヒント

  • 2022.10.1
  • 14309 views

家の中にいらないものは「なんにもない」を目指して、日々試行錯誤中のゆるりまいです。

秋の気配が近づいてきましたね!

私の住む仙台は、今年は一段と湿気を含む長梅雨のような天気が続き、なんだかいまいちパッとしない夏だったように思います。でもそんな夏も終わりをつげ、いつのまにやら秋の雰囲気が漂うようになりました。

皆さんは衣替えってしますか?以前の私は、通年の服を全てハンガーにかけて吊るしていたので衣替えらしい衣替えはしなかったのですが、いつの頃からかちょっとした衣替えを楽しむようになりました。

見てすぐ選べるクローゼットづくり

通年の服をハンガーにかけているのは変わりないのですが、今着る服=オンシーズンの服以外は洋服カバーをかけて仕舞っています。なぜなら、そうすることによってパッと見で今着るべき服が分かるから。

オフシーズンの服とオンシーズンの服
オフシーズンの服とオンシーズンの服

今日着る服が視覚的に分かりやすいと、朝「なに着ようかな〜」と迷う時間が格段に少なくなり時短につながります。

ちなみに、以前は出来るだけ通年着られる服を選ぼうとしていた時期もあったのですが、真夏には少しでも涼しい服が着たいし、真冬には心もポカポカするようなあったかい服が着たいし……と、やっぱりその季節ならではの服装が、私は一番好きだなと気がつきました。だから気温ごとに着る服を分けるようになりました。

さらにオンシーズンの服も、パッと見ただけでスカートやトップスの数が分かりやすくなるように、大きめの仕切りタグで洋服をアイテムごとに分けています。

洋服をアイテムごとに分ける大きめの仕切りタグ
洋服をアイテムごとに分ける大きめの仕切りタグ

同じような色味ばかりを持っている私にはこれが大正解!選ぶ時だけでなく仕舞う時も、そしてさらには在庫管理(!)にも役立ちます。今日着る服が選びやすくなっただけでなく、どのアイテムをどれだけ持っているかが一目でわかるので、買い物の抑止力にもつながります。

パッと見ただけでスカートやトップスの数が分かりやすい
パッと見ただけでスカートやトップスの数が分かりやすい

オフシーズンの服は季節ごとにカバーに仕舞っているので、衣替えはカバーの中からごそっと移動するだけ。出したり仕舞ったりは極力簡単にするのがポイントです。

衣替えはカバーの中からごそっと移動するだけ
衣替えはカバーの中からごそっと移動するだけ

季節が変わるたびに服を入れ替えるので飽きにくいのもいいなと思っています。「またこの服を着られる季節になったな〜」と喜べるのは、衣替えのいいところですね。

衣替え=棚卸し!もう着ない服を保管する場所がもったいない!

この衣替えの時に絶対絶対絶〜〜〜対忘れてはいけないのが、「来シーズンも着たい服かどうか選抜」を開催することです。

来シーズンも着るかどうかわからないのに取っておくほど、私のクローゼットに空きはないので、必ず着たいと思える服しか残しません。

とはいえ私の場合、服の枚数が少ないので季節が終わる頃にはだいぶ着古してしまって寿命……ということも少なくはないのですが。

私とってクローゼットは、「ただ服を仕舞う場所」ではなく「宝物を仕舞う場所」。

クローセットを開けるたび、服が視界に入るたび、ワクワクドキドキしたいんです。

クローゼットにはバッグや籠がたくさん
クローゼットにはバッグや籠がたくさん

宝物といっても決して高価な物ではなく、私にとって大切な物なだけですが、それでもワクワクする場所です。

私は3歳の頃からバッグが好きだったので、クローゼットにはバッグや籠がたくさん。そんなバッグをお手入れしたり愛でたりするスペースも設けています。

自分の好きな物しか置かないと決めて、人一倍こだわりのあるクローゼット
自分の好きな物しか置かないと決めて、人一倍こだわりのあるクローゼット

そんな場所だから自分の好きな物しか置かないと決めて、人一倍こだわりのあるクローゼット。

クローゼットを「宝箱」と考えてみたら何かヒントが生まれるかも
クローゼットを「宝箱」と考えてみたら何かヒントが生まれるかも

もしクローゼットの収納で悩んでいる人がいたら、クローゼットを「宝箱」と考えてみたら何かヒントが生まれるかもしれません。

作=ゆるりまい

元記事で読む
の記事をもっとみる