1. トップ
  2. たとえ共感できなくても。子どもの思いを理解する大切さ/怒りたくて怒ってるわけちゃうのになぁ

たとえ共感できなくても。子どもの思いを理解する大切さ/怒りたくて怒ってるわけちゃうのになぁ

  • 2022.9.30
  • 8268 views
その子の思いを肯定する姿勢 (C)きしもと たかひろ/KADOKAWA
その子の思いを肯定する姿勢 (C)きしもと たかひろ/KADOKAWA

子どもを叱っては落ち込む日々。お互いが笑顔で過ごせるためには何が必要?

学童の支援員(放課後児童支援員)として多くの小学生と過ごしてきた保育士・きしもとたかひろさん。日々正解のない子どもへの関わり方について気づき・考えたことをマンガにしてSNSで発信したところ、保護者や保育士、教育関係者はもちろん独身の社会人から学生まで幅広い層で話題になりました。

「子どもが失敗をしたとき」、「子どもが素直に謝れないときに」など、学童で過ごす子どもたちのリアルな言葉や行動を事例にし、大人が声をかける時に意識したい視点などを優しい語り口とイラストで解説。

子どもの思いをまず第一に。そんなきしもとさんの穏やかながらも熱い思いが伝わってくるエピソードをご紹介します。

※本記事はきしもと たかひろ著の書籍『怒りたくて怒ってるわけちゃうのになぁ 子どもも大人もしんどくない子育て』から一部抜粋・編集しました。

「同じ思いだよ」という同意ではなくて (C)きしもと たかひろ/KADOKAWA
「同じ思いだよ」という同意ではなくて (C)きしもと たかひろ/KADOKAWA
限られた範囲でしか共感できない (C)きしもと たかひろ/KADOKAWA
限られた範囲でしか共感できない (C)きしもと たかひろ/KADOKAWA
ほんまに辛いのに… (C)きしもと たかひろ/KADOKAWA
ほんまに辛いのに… (C)きしもと たかひろ/KADOKAWA
わかってもらえた (C)きしもと たかひろ/KADOKAWA
わかってもらえた (C)きしもと たかひろ/KADOKAWA

著=きしもと たかひろ/『怒りたくて怒ってるわけちゃうのになぁ 子どもも大人もしんどくない子育て』(KADOKAWA)

元記事で読む
の記事をもっとみる