1. トップ
  2. 恋愛
  3. アスリートの力を企業の力へ。日本の未来へ『地方企業からミライを』プロジェクト開始

アスリートの力を企業の力へ。日本の未来へ『地方企業からミライを』プロジェクト開始

  • 2022.9.30
  • 141 views

地方・中小企業の事業活動支援を行う「地方企業からミライを」は、企業の保有する事業価値を顕在化させる取り組みとして、PR及びブランディング促進サービスの提供と共に、『地方企業からミライを』のプロジェクトを9月26日(月)に開始した。

地方企業の事業活動を支援する

長らく続くGDPの低迷に、コロナによる経済の打撃。日本は今、未来を見据えて現況を打破する局面を迎えている。この成長への転換にあたっては、デジタルの牽引だけでなく、日本全体の産業の活性化が重要なテーマとなっており、そのためのチャレンジとイノベーションが求められている。

一方で、働き方改革による地方への移住、SDGsの取り組みを通した地方創生など、地方における社会的なアクションが起こっており、地方に対する重要性が高まっている。同プロジェクトは、これらの包括的な課題へのアプローチとして、日本企業の多数を占める地方企業の事業活動を支援し、地方経済の活性化の促進を起点に、日本全国の企業の活性化に取り組むことを目指している。

『地方企業からミライを』プロジェクト内容

地方企業から日本全国の企業を活性化していくために、同プロジェクトは「UDN SPORTS」に所属するプロアスリートたちと連携。地元への熱い想いを持ち、日頃からSDGsに対して活動している第一線で活躍中のプロアスリートたちに、アンバサダーとして参画してもらうことで、企業との密接な取り組みを実現。

さらには、プロアスリートの持つ勇気とチャレンジスピリッツを伝えることより、「日本の経済・社会を盛り上げていく」という大きな志に繋げていくべく、プロジェクトを推進していくという。

参画企業は、同プロジェクトを経由することにより、初期費用0円、月額費用だけでプロアスリートの肖像をアンバサダーとして利用でき、トータルの費用を抑えた形で自社のブランディングや商品・サービスのPR、採用活動などに活かすことができる。

参画アスリート

同プロジェクトには現在、国内外で活躍する以下のプロアスリートの選手たちが参画している。

香川真司氏(サッカー)、柴崎岳氏(サッカー)、原口元気氏(サッカー)、冨安健洋氏(サッカー)、水沼宏太氏(サッカー)、酒井高徳氏(サッカー)、清武弘嗣氏(サッカー)、山口蛍氏(サッカー)、長谷川唯氏(女子サッカー)、桃田賢斗氏(バドミントン)、橋岡優輝氏(陸上)、楢﨑智亜氏(スポーツクライミング)、楢﨑明智氏(スポーツクライミング)、大竹風美子氏(7人制女子ラグビー)が参画中だ。今後も、「UDN SPORTS」に所属するプロアスリートの参画が順次予定されている。

また、同プロジェクトは、企業に対するプロアスリートのアンバサダー連携の取り組みを拡充していくと共に、プロアスリートとも連動して地域イベントを開催。地域の企業や住民との交流を深め、関わる人の輪を広げていくことを目指しているという。

地域活性にアスリートの力を借りてみては。

プロジェクトHP:https://chiho-mirai-project.com

(オガワユウコ)

元記事で読む
の記事をもっとみる