1. トップ
  2. 竹内涼真“宮部新”の復讐劇、幕を閉じる…終了を惜しむ声でトレンド1位を獲得<六本木クラス>

竹内涼真“宮部新”の復讐劇、幕を閉じる…終了を惜しむ声でトレンド1位を獲得<六本木クラス>

  • 2022.9.30
  • 127 views
竹内涼真が演じる“宮部新” (C)Kwang jin /tv asahi
竹内涼真が演じる“宮部新” (C)Kwang jin /tv asahi

【写真】「行かないで!」“宮部新”(竹内涼真)に懇願する“優香”(新木優子)

9月29日、「六本木クラス」(テレビ朝日系)が最終回を迎えた。全13回に渡る宮部新(竹内涼真)の復讐劇の終わりと、新と葵(平手友梨奈)の恋のゆくえを見届ける視聴者のコメントが開始直後から次々に投稿され、放送終了寸前についに「#六本木クラス」がTwitterトレンド1位に。その後2時間近く1位をキープするほど熱いインパクトを残して番組は終了した。(以下、ネタバレを含みます)

ケガをおして葵を助けに行く新

本作は、韓国ドラマ「梨泰院クラス」を日韓共同プロジェクトでリメークした作品。主人公・宮部新が、自分を絶望の淵にたたき落とした長屋茂(香川照之)・龍河(早乙女太一)親子に復讐を誓い、彼らが営む巨大企業“長屋ホールディングス”に仲間と共に挑んでいく下剋上ストーリー。と共に、新を巡る三角関係や仲間たちとの絆も見どころで、ジャンルミックスなエンタテインメント作品となっている。

龍河の手先に撃たれ、意識不明から目覚めた新は、龍河から葵と龍二(鈴鹿央士)の居場所は父の茂が知っているとのメールを受け取る。

まだ傷も治らず安静にしていなくてはならないが、葵を助け出すため、長屋茂に居場所を聞きに行こうとする新。優香(新木優子)が「死にに行くようなものじゃない!行かないで!」と懇願し、「何かあったら、私…」と泣く彼女に、新は「オレは葵のことが好きなんだ」と告げる。「そんなの、アンタ以外みんな知ってたよ!」と優香。

愛のために信念を曲げた新

そして亮太(中尾明慶)に支えられて茂の元を訪れ、葵たちの居場所を尋ねる新を、茂は「この私に土下座できるか?」と挑発。新にとって、茂に土下座をするのは死ぬより受け入れがたいことだが、愛する葵のためなら「何千回でも何万回でもできる」と、土下座をした。

愛のために信念を曲げた新に「カッコいい!」と絶賛の声が上がると共に、「こんなんでうれしいか?」などと、視聴者からは最後まで卑劣な茂にあきれるコメントも。それと同じタイミングで新が「こんなことで土下座させてうれしいですか?」と茂に問い、視聴者が新の気持ちとシンクロしながら見ていたことが窺われた。

新は監禁場所に到着し、ついに2人は再会し、お互い生きていたことを喜んだ。新の体を心配する葵に「何でだろう…頭の中が葵でいっぱいだ。すごくドキドキする」と愛の言葉を羅列する新だったが、龍河が抱き合う2人にナイフで襲いかかった。新と龍河は文字通り死闘を繰り広げ、最後は新の顔面を殴り、16年越しの因縁の関係に終止符が打たれたのだった。

何が何でも“長屋”を手放したくない茂

 葵に「愛してる」と言って照れまくる新 (C)Kwang jin /tv asahi
葵に「愛してる」と言って照れまくる新 (C)Kwang jin /tv asahi

その頃、優香は、彼女が今までに集めた“長屋ホールディングス”の不正の証拠を検察に提出。家宅捜索が入り、上場廃止の危機を迎えた“長屋”を、新率いる“RC”が買収しようとする。“長屋”を守るためにここまで卑怯な手も汚い手も使ってきた茂は、それだけは何としても阻止したい。投資家・田辺(倍賞美津子)に資金提供を頼み込むが「アンタが向き合わなきゃいけない相手は誰か、よーく考えるんだね」と断られてしまう。

茂は病身の体で“二代目みやべ”を訪れ、新はから揚げをふるまった。その味は、“長屋”の社員として茂に信頼されていた、新の父・信二の味だった。茂は、一口食べて一瞬昔を懐かしむ穏やかな表情を見せた。そして、「こんなうまい料理を食わせてもらったのに、カネを持ってこなかった。他のモノで払っていいか?」と言い、「許してくれ。すべて私の間違いだった。心から宮部部長とキミに…本当にひどいことをした」と泣きながら謝りだした。

「“長屋”を買収するのは復讐心からだけではない、いい会社だと思っているからだ」と新が言っても、謝罪は止まらず、「私から“長屋”を奪わないでくれ」と懇願し、土下座をしようとした。そんな茂に「今のあなたが土下座をしても何の価値も無い。これはビジネスなんです」と新は告げ、店を出た。残された茂は嗚咽するしかなかった。

“RC”は“長屋”を買収し、経営は“長屋”の元専務・相川(稲森いずみ)にまかせることにし、龍二はアメリカに行くことになった。行く前に最後に会いに来た龍二に、そっけない態度をとる葵だったが、別れる前に龍二をハグして、彼の想いは受け取れなかったけど充分伝わったこと、彼の気持ちを利用して悪かったこと、そして今までの感謝を伝えた。これで思い残すことなく、彼はアメリカに旅立った。

新、「愛してる」の大連呼

ある日の夜、屋上から六本木の街を見下ろしながら、新に改めて愛の告白をする葵。そして「私が幸せにしてあげますね」と言いながら、いつも新が彼女にしていた“頭ぽんぽん”を今日は彼女から。そんな彼女に応えて「愛してるよ。愛してる。ホンッットに愛してる」と連呼する新。

視聴者も微笑ましく見守り、コートで葵を包むようにハグすると「きゃー」とコメントが相次いでいた。

自分の店を始めた優香は、その報告をしに“二代目みやべ”に。優香が帰ろうとしたとき、葵が戻ってくる。「私、代表と付き合ってるんです」とマウントをとる葵に対して、「葵さんなら安心」と素直に認める優香。しかし「新のこと、大事にしてあげて」とどこか上からの優香に、葵が「言われなくてもわかってます」と強めに応じた。

“二代目みやべ”の仲間たちが楽しく酒を酌み交わす姿を見ながら、仲間の大切さを改めて感じる新。そのとき、亡き新の父・信二が目の前に現れて、彼に尋ねた。「どうだ。酒の味は?」。余韻を残し、「もうロスになりそう」「Tverでもう1周してくる!」「こんなにハマるなんて…」と、惜しむ声が沸き上がり、トレンドワード1位となり有終の美を飾った。

◆文=ザテレビジョンドラマ部

元記事で読む
の記事をもっとみる