1. トップ
  2. 恋愛
  3. 子連れのスーパーはドラマチック…!? お米を買った日にカートでわが子が爆睡…どうしよう!?

子連れのスーパーはドラマチック…!? お米を買った日にカートでわが子が爆睡…どうしよう!?

  • 2022.9.30
  • 13212 views

子連れでスーパーへ買い物に行くと、さまざまな出来事に直面することがありませんか? 今回ご紹介する漫画もそんな買い物に出かけた時のお話です。

15kgのわが子と5kgのお米…起きるまで待つ?

ご紹介するのは、SNSで育児漫画を投稿している、るしこさん(@39baby_com)。息子の通称Jr.くんとスーパーへでかけた日に起きた、「あるある」な状況がSNSで話題になっています。

お米を買ったにも関わらず、カートで寝ているわが子…。るしこさんは「なんとかなれーッ!」とまさかの両方を持ち上げてスーパーを出ていったのです。

この漫画を読んだ人たちはSNSで、

・火事場のママ力すごい

・同じ経験をしたことがあるので笑っちゃいました

・重い日に限ってどうしてなんでしょうね(笑)など、るしこさんに共感のコメントを寄せらています!

そして、またある日のスーパーでの出来事…。

こちらはうってかわって、Jr.くんの便りになる行動がなんとも微笑ましいですね。

この漫画を読んだ人たちからはSNSで、

・こんなかわいい反応されたら、そりゃ、周りは構わずにはいられないです!

・おっきくなったねぇ。うるうる。(親戚目線)

・背も高くなって!ホロリ(親戚のオバちゃん目線)とJr.くんの行動に顔がほころんだ読者の声が集まっています。

小さな子どもを連れての買い物は、決して楽なことではありませんが、子どもにとってはたくさんのドキドキとワクワクが隠れていることにも気づかされますね。子どもと一緒に行くスーパー、実はドラマチックなシーンがたくさんあるのかもしれません。

続いては、この漫画をSNSに投稿されたるしこさんにお話を伺ってみました。

日常の育児あるあるを描くるしこさんにインタビュー

Q. 育児漫画を描き始めたきっかけは何ですか?

妊娠前も夫婦の漫画を投稿していました。妊娠初期、つわりと体の変化や不安、周囲にはまだ言えないことから孤独感にさいなまれ、そのとき大きな支えの1つだったのが他の方が描いた妊娠・育児漫画でした。エッセイの持つ共感の力を身をもって実感し、自分も体調が落ち着いた後、妊娠経過やつわりの辛さなどを描き始め、産後も育児について描いています。

Q. お子さんと一緒にお買い物やおでかけに行くと何かと大変な場面が多いと思うのですが、心がけていることはありますか?

「急がないこと」を心がけています。子どもと出かけるときは予定を詰めすぎず、子どものペースに付き合いたいと思っています。子どものためというよりは「○○に間に合わない!」という状況が苦手な自分のためにそうしているのですが、結果的に子どもの興味に付き合ったり、声をかけてくれる方と少し雑談をしたり…という余裕が生まれるように思います。

Q. 子育てをする上で気をつけていること、大切にしていることはありますか?

少し先ほどの内容と似てしまうのですが、自分の余裕を作ることを常に意識しています。子育て中、一番子どものそばにいる大人に余裕があるかどうか、というのは子どもにとって結構大切なことだと思っていて…。ワンオペの週など難しいときもありますが、鬱病を患った経験から、タスクを抱えすぎたときの自分の精神面の弱さを自覚しているので、気を付けています。

Q. 子育てをしている上で周囲の方に救われたエピソードなどあれば教えてください

子どもが赤ちゃんだった頃は特に、社会と繋がっていると感じる場面にとても救われました。コンビニのレジ店員さんとの何気ない会話とか、通りすがった人に赤ちゃんかわいいねと声をかけてもらうこととか…。コロナ前、夫が激務で家に帰ってこなかった頃などは孤独感にずっとさいなまれていたので、家の中で赤ちゃんと2人きりという閉じた空間から出て「自分たちも街の暮らしの中にいるんだ」と思える出来事に、とても救われました。

Q. 毎日子育てを頑張っている方々へコメントをください

わが家も外出自粛の休日が続き、家の中がカオスなことになっておりました。一緒に乗り切りましょうね…!

子育てをしている中で「どうして今なの!?」とタイミングの悪さに困惑してしまう事ってありますよね。そんなときに、るしこさんのように「なんとかなれ」精神で乗り越えることも、ときには大事なのかもしれませんね。

▼書籍『ちっちゃなやさしさに、今日も救われてます るしこの子育て日記』が発売中!

『ちっちゃなやさしさに、今日も救われてます るしこの子育て日記』

著 るしこ (KADOKAWA) 1,210円(税込)

SNSで“癒される”と大反響! ヘトヘトになっても、ほんのちょっとしたひと言で救われることもある。育児や仕事、日々の暮らしで疲れたあなたに届けたい、通りすがりの優しさを伝えるコミックエッセイ

(Yuma)

元記事で読む
の記事をもっとみる