1. トップ
  2. 不意打ちで発覚した年下夫の浮気。すべて妻が招いた結果だと言い切られ、平常心が保てない!

不意打ちで発覚した年下夫の浮気。すべて妻が招いた結果だと言い切られ、平常心が保てない!

  • 2022.9.29
  • 1129 views
好きな人ができたんだ (C)ぺぷり、三松 真由美/KADOKAWA
好きな人ができたんだ (C)ぺぷり、三松 真由美/KADOKAWA

夫婦の数だけ悩みはありますが、気軽に人に相談できないテーマのひとつが『セックスレス』。

一般的には「1ヶ月以上性交渉がないカップル」が定義上のセックスレスにあたるのですが、読者アンケート「夫婦の性交渉がない期間、どのくらいからが「セックスレス」だと思いますか?」の質問への回答は、「1ヵ月以上」と回答した人が15.8%、「3ヵ月以上」と回答した人が18.5%、「半年以上」と回答した人が21.3%、「1年以上」と回答した人が25.5%、「2年以上」と回答した人が2.9%、「3年以上」と回答した人が16%という結果になりました。

(2021/5/21~30アンケート実施。回答者826人のうち「女性・既婚者(離婚経験者含む)」の595人の回答を抽出)

つまり、「半年以上」レス状態にある場合、半分以上の主婦が「セックスレス」だと思う……という調査結果となりました。

今回は長年セックスレスに陥っていた中で夫の浮気が判明し、自責の念に苦しむ妻のケースを見ていきます。

2人の子どもと年下夫・司さんと暮らす主婦・咲子さん。夫は稼ぎも良く、家事・育児にも協力的な良き父親。子育ての方針も夫婦で共有し、家庭円満に過ごしていました。2人目の出産後から現在にいたるまで、9年間レス状態という夫婦生活が引っかかるものの、「セックスしなくたってみんな充分幸せ」と咲子さん自身は現状に満足していました。

そんなある日突然、司さんの浮気が発覚。夫婦仲がうまくいっていたのは、咲子さんの思い込みだったと思い知らされるのです…。

※本記事はぺぷり、三松 真由著の書籍『妻で母ですが、女性風俗にハマりました 咲子の場合』から一部抜粋・編集しました。

はぐらかされてばかり… (C)ぺぷり、三松 真由美/KADOKAWA
はぐらかされてばかり… (C)ぺぷり、三松 真由美/KADOKAWA
夫の浮気の兆候 (C)ぺぷり、三松 真由美/KADOKAWA
夫の浮気の兆候 (C)ぺぷり、三松 真由美/KADOKAWA
「もっと一緒にいてくれませんか」 (C)ぺぷり、三松 真由美/KADOKAWA
「もっと一緒にいてくれませんか」 (C)ぺぷり、三松 真由美/KADOKAWA
話がある!! (C)ぺぷり、三松 真由美/KADOKAWA
話がある!! (C)ぺぷり、三松 真由美/KADOKAWA
誰から来たメール? (C)ぺぷり、三松 真由美/KADOKAWA
誰から来たメール? (C)ぺぷり、三松 真由美/KADOKAWA
僕が誘っても断られた (C)ぺぷり、三松 真由美/KADOKAWA
僕が誘っても断られた (C)ぺぷり、三松 真由美/KADOKAWA
断られてどんな気持ちだったかわかる? (C)ぺぷり、三松 真由美/KADOKAWA
断られてどんな気持ちだったかわかる? (C)ぺぷり、三松 真由美/KADOKAWA
やっぱり若さには勝てないのか… (C)ぺぷり、三松 真由美/KADOKAWA
やっぱり若さには勝てないのか… (C)ぺぷり、三松 真由美/KADOKAWA
だって仲良しだったじゃない (C)ぺぷり、三松 真由美/KADOKAWA
だって仲良しだったじゃない (C)ぺぷり、三松 真由美/KADOKAWA
とても人前で平常心を保つ自信がない (C)ぺぷり、三松 真由美/KADOKAWA
とても人前で平常心を保つ自信がない (C)ぺぷり、三松 真由美/KADOKAWA

信頼していたパートナーのまさかの裏切り。しかも夫は夫婦生活を拒否され続けたのが原因だと咲子さんに暴露します。夫の浮気の理由が自分だったなんて…、あまりのショックに仕事も手につかず、人前で平常心など保っていられない。咲子さんが冷静さを失うのも無理はありません。

もしこんな状況に追い込まれてしまったら、あなたならどうしますか?

著=ぺぷり、原作=三松 真由美/『妻で母ですが、女性風俗にハマりました 咲子の場合』(KADOKAWA)

元記事で読む
の記事をもっとみる