1. トップ
  2. 小芝風花は「スタッフさんの名前を覚えてくる」 座長としての姿に川村壱馬が感銘

小芝風花は「スタッフさんの名前を覚えてくる」 座長としての姿に川村壱馬が感銘

  • 2022.9.29
  • 216 views
小芝風花が映画「貞子DX」完成披露試写会に登壇 撮影:山田健史
小芝風花が映画「貞子DX」完成披露試写会に登壇 撮影:山田健史

【写真】川村壱馬が座長・小芝風花を称賛

俳優の小芝風花が9月28日、都内にて開催された映画「貞子DX」完成披露試写会に、川村壱馬(THE RAMPAGE from EXILE TRIBE)、黒羽麻璃央、木村ひさし監督と共に出席。座長としての振る舞いが「素晴らしかった」と川村から称賛される場面があった。

見た者が必ず一定期間ののち死に至るという「呪いのビデオ」の恐怖を描いた鈴木光司のホラー小説を実写化した映画「リング」(1998年)で、テレビ画面から這い出る貞子の姿が世紀末の日本に大きな衝撃を与えてから約四半世紀。その後、海外でも幅広い世代に知られることとなった“貞子シリーズ”の最新作となる今作では、小芝演じるIQ200の大学院生・一条文華が、妹が興味本位でビデオを見てしまったことから、呪いのビデオの謎を解明すべく奔走する。

小芝風花、貞子シリーズへの出演に「光栄」

本格ホラー初挑戦となる小芝は、「いろんな方が代々やられてきた有名な作品にキャスティングしていただけるのは本当に光栄」と、貞子シリーズへの出演に感慨。

「怖いのは苦手」とも明かし、「『リング』を幼い頃に見て、トラウマでトイレに夜、一人で行けなくなるくらいすごく怖かった印象があった」と幼少期を振り返り、今作については「『撮影中、呪われないようにしなきゃ』と思いながら臨みました(笑)」と語った。

川村壱馬 撮影:山田健史
川村壱馬 撮影:山田健史

川村壱馬「(小芝風花の)気配りをされている姿が学びになった」

小芝と初共演で、同じ大阪府出身である川村は、「一緒の地元ということもありつつ、年も一つしか変わらないということで、昔やっていたゲームが一緒だったりとか、いろいろ共通点があった」と小芝との共通点を告白。

「ずっと撮影の合間とかも楽しかった」と良い関係を築けていたことを示しつつ、小芝の座長としての姿勢に刺激も受けたそう。

川村は「なにより現場のスタッフさんに対しての振る舞いだったりとか、座長として現場にいてくれたので、その姿を見て、(年齢は)一個しか変わらないんですけど、年上とかも関係なくリスペクトできるような存在だなと思いました」とコメント。

さらに「スタッフさんの名前を覚えてくるとか、当たり前かもしれないんですけど、できない人も多い中で、やっぱりそれをちゃんと全うして、皆さんに気配りをされている姿が僕は学びになりましたし、素晴らしかったです」と現場での小芝の様子を思い返していた。

映画「貞子DX」は、10月28日(金)全国ロードショー。

◆取材・文=山田健史

映画「貞子DX」完成披露試写会より 撮影:山田健史
映画「貞子DX」完成披露試写会より 撮影:山田健史
元記事で読む
の記事をもっとみる