1. トップ
  2. 深川麻衣がどん底から這い上がる若手アナウンサー役に 美容マニア・MEGUMIの完全企画・プロデュースドラマが開幕<完全に詰んだイチ子>

深川麻衣がどん底から這い上がる若手アナウンサー役に 美容マニア・MEGUMIの完全企画・プロデュースドラマが開幕<完全に詰んだイチ子>

  • 2022.9.28
  • 100 views
深川麻衣主演「完全に詰んだイチ子はもうカリスマになるしかないの」の放送が決定 (C)「完全に詰んだイチ子はもうカリスマになるしかないの」製作委員会 Photo by Shohki Eno
深川麻衣主演「完全に詰んだイチ子はもうカリスマになるしかないの」の放送が決定 (C)「完全に詰んだイチ子はもうカリスマになるしかないの」製作委員会 Photo by Shohki Eno

【写真】MEGUMIがドラマをプロデュース

MEGUMIが企画・プロデュースを務める、深川麻衣主演のドラマチューズ!「完全に詰んだイチ子はもうカリスマになるしかないの」(毎週火曜深夜0:30-1:00ほか、テレビ東京ほか ※テレビ大阪では、毎週金曜深夜1:40-2:10、11月11日[金]スタート)が、11月1日(火)よりスタートする。

MEGUMIが監修、美容カリスマ社長役としても出演

同作は、大きな失敗によりどん底に陥った若手女子アナウンサーが、美容のカリスマ女性社長と出会い、さまざまな困難にぶつかりながらも人間的に成長していく姿を描く。

監修は、バラエティー、ドラマ、映画などマルチな才能を見せ美容にも関心が深いMEGUMI。自身が監修した美容アイテムや美容法をストーリーの中に盛り込んでいく。

MEGUMIは監修だけでなく、美容業界で知らない人はいない美容品会社「カシレ」のカリスマ社長役としても出演。

散りばめられる“女性の難局を乗り越えるためのヒント”

主演は乃木坂46で活躍し、2016年のグループ卒業以降は本格的に女優の道に進んだ深川。テレビ東京のドラマでは、2019年に放送された「日本ボロ宿紀行」に続き、今回が2度目の主演となる。

そんな深川が「ユーカリちゃん」の愛称で親しまれ、将来を嘱望されていた若手女子アナウンサー有加里壱子役を演じる。

周囲の女性たちの実体験から得た“女性の難局を乗り越えるためのヒント”として、スイーツや美容、身近に取り入れられる事や発想の転換方法など、さまざまなジャンルを散りばめ、さらに超リアルな業界あるあるまでを描く同作。

“一度の失敗ですべてを否定し立ち直れなくする世間の風潮”にも一石を投じる。

有加里壱子(ゆうかりいちこ)役/深川麻衣コメント

一見器用に見えて不器用、外側から見たら、かなり滑稽に見えるかもしれない。でも自分なりの軸を持ちながら、真っすぐにがむしゃらに生きている壱子をとても魅力的だと思いました。

脚本を読んでいる段階から、楽しくチャレンジングなドラマになりそうな予感でワクワクしています。と同時に、コミカルさの裏に隠れた強いメッセージも感じました。

SNSが急激に身近になってから、情報を得ることや共有することが簡単になり、便利になっていく反面で、「炎上」「バッシング」という言葉を目や耳にする機会が多くなりました。

そんな今の時代にもリンクした内容になっていると思います。人生どん底の壱子が、1人の女性として、人間として、どのように這い上がっていくのか、ぜひ見届けていただけたらうれしいです。

企画・プロデューサー兼カリスマ女性社長・不美(ふみ)役/MEGUMIコメント

連続ドラマの企画、プロデュース、出演という壮大なチャレンジに心震えております。私自身、美容を続ける事でメンタルが強くなっているのを心から感じています。そんな美容の持つ力を皆さんにお伝えしたく、「観て美しくなるドラマ」というテーマで今回お届けします!

完全に詰んだ主人公壱子ちゃんが、人との出逢いや美容によって見事な成長を遂げる姿に、人生は何度でもやり直せる!という強いメッセージと共に、ご覧いただいた皆さんの日常に美容の時間が増え、どんな逆境も楽しんで乗り越えていける気持ちになって頂けたらうれしいです。

プロデューサー・監督/太田勇(テレビ東京)

1年前にドラマの現場でMEGUMIさんとご一緒した時に、「ドラマのプロデュースに興味あるんです」という話を聞き「女性を応援するドラマ」ということだけ決めて打ち合わせを始めました。こういった話は「面白いですね」「いつかやりましょう」止まりで実現しないことが多いんですが、MEGUMIさんは本気でした。

MEGUMIさんとマネジャーの藤倉さんと何度も何度も打ち合わせをして、成立する方法を考え、実現に至りました。MEGUMIさんは脚本打ちから美術打ち、音楽打ちまで全ての打ち合わせに参加し、今はロケハンまで参加しています。

脚本の細かいせりふから主題歌、衣装、画のルックに至るまで全てにおいて明確なイメージがあって、僕はそれを具現化するお手伝いをしています。バラエティー番組のディレクター時代に、優秀な総合演出の下で動いていた頃を思い出す楽しい日々です。

自分は監督とプロデューサーという二足のわらじを履くことが多く、その2つの職種もだいぶ違うので「しんどいな」と思うことも多いのですが、女優とタレントと個人事務所の経営とさらにドラマのプロデューサーまでこなし、今朝もロケハン前に家族の朝ご飯を作って一通り家事をしてから来たMEGUMIさんを見ていると、そんな弱音もどっかにいってしまいます。

ドラマは、MEGUMIさんが脚本打ちで自分の身を削って芸能生活20年の実体験をたくさん話してくださったこともあり、笑って楽しく見られる女性の応援歌のようなドラマとなっています。

「完全に詰んだイチ子はもうカリスマになるしかないの」ストーリー

大きな失敗によりどん底に陥ってしまった若手女子アナウンサー・有加里壱子。思い描いていた明るい未来から一転、すべてを失うことに。バッシング、変わっていく人間関係。

待ち受けていた荒波の中、美容で大成功を収めたカリスマ女性社長と出会う。さまざまな困難にぶつかりながらも、支えてくれた人々や今まで見えなかった事に気付いた壱子は、新しいジャンルで再起を目指す。

元記事で読む
の記事をもっとみる