1. トップ
  2. 恋愛
  3. グリーン上で起こりがち!「ラインを踏まない・踏ませない」方法を熟練キャディが伝授

グリーン上で起こりがち!「ラインを踏まない・踏ませない」方法を熟練キャディが伝授

  • 2022.9.28
  • 9155 views

こんにちは。ハウスキャディ歴●年のB子です。私、またしてもやってしまいました。キャディにあるまじき、グリーン上でのあの行為。そう、お客様のラインを…踏んでしまったのです!

イメージ画像

それは、先日のとあるホールのグリーン周りでの出来事。全てのお客様が、グリーンを外しているという状況でした。しかも二人はそれぞれ違うバンカー。遠い方から順番に打つと思いきや、バンカーのお客様がそれぞれ自分のタイミングで打ち始めました。(かなり危ないことなので、誰が打つのかの確認は必ずしましょう。)

あっ! と思った時には既に遅く、しかもひとりのお客様はホームラン。そのボールの行方を見守っている間に、別のお客様がアプローチを済ませていたことに気が付かなかった私。

グリーン上に乗る時は、必ず全てのお客様のボールマークの位置を確認する。そんな当たり前のことを忘れてしまっていた私は、どうやらカップをかなりオーバーしていたらしいそのお客様のラインの上を通過して、ホームランしたお客様にアプローチ用のクラブを渡しに行ってしまったというわけで。

そのお客様は何も言わずにいてくださったのですが、グリーンに戻ってきた時にそのお客様が既にボールの位置にいることを不思議に思い、「もしかして、私、ライン踏みましたか?」とおそるおそる確認すれば、まさにその通り。笑って許していただきましたが、私もまだまだだと反省した出来事でした。

◆ラインは踏まない、踏ませない! そのコツは?

さて、キャディ歴の長い私でも思わず踏んでしまうライン。全く気にせず踏みまくっているお客様もたまにいらっしゃいますが、仲間内でお互いに気にしないという場合もあります。一度なら気にしないけれど、何度もとなった時に気分を害されるお客様もいらっしゃいます。

他のプレーヤーのラインを踏みたくないなら、常に他の人のボールの位置を確認しておくということが大事。ところが、グリーン周りを行ったり来たりしている状況など、自分のプレーに精いっぱいになってしまった場合には、それがなかなか難しいものです。

しかし、「踏まれる」のは良いけれど「踏む」のは避けたいというゴルファーも多いのではないでしょうか。そこで、踏みたくないお仲間のために、踏ませない方法を考えてみました。

まず、グリーン上では自分のボールマークの後方線上にいるようにすること。ボールマークの位置の確認はせず、人の外側を通るようにしてグリーン上を移動する人が多いのは、その内側にマークがあると思うからですね。ならば、ボールマークの後方線上にいてくれれば、そこにボールがあると誰しもが思い、その後ろを通ることでラインを踏まずに済みます。

次に、ボールをマークしないでおくことです。ボールがあれば目立つので、その外側を通れば良いだけ。グリーン上に乗ったら必ずマークしなければならないと思っているお客様がたまにいらっしゃいますが、そんなことはありません。誰の邪魔にもならないような場所であれば、ボールはそのままでも大丈夫。ラインを踏みたくない他の人のために、そのままにしておくことも決して間違ったことではありません。

◆素敵ゴルファーと思われるために!

お先パットが残った時に、他の人のラインをまたごうとして逆に踏んでしまうということもよくあります。足を大きく広げて、打ちにくい体勢でお先パットして、そして外す。しかも、ラインを跨いだつもりが、全く跨げていない!せっかく気を利かしているのに、結局踏んでしまっては意味がありませんよね。

またぐ時は、そのラインを残している同伴者に「ラインはここで良いのか」と確認することが大切です。ラインをパターのヘッドなどで指し示して「ここ?」といったように声をかければ、「そこじゃなくて、もっとこっち」と教えてくれるでしょう。跨ぐのが難しいと感じた時などは、悩まずにさっとマークしてしまうと良いですね。

自分のラインが他のプレーヤーの足元になってしまう場合などは、先にプレーしてしまうこともおすすめします。「踏んで良いですよ」と言われても、やはり気になるもの。他の人のラインを気にしながら打って、結果入らないなんてこともよくあることなので、先に打ちますと言ってもらえると有難いと感じるゴルファーは多いはずです。それが少し長めのパットだったとしても、踏みたくない相手の気持ちを考えて、「私が先に打ちます」と言うことができれば、素敵ゴルファーに見られること間違いなしです。

◆キャディのB子 プロフィール

キャディのB子/あるゴルフ場のアルバイトキャディ。学生時代に家族の影響でゴルフを始め、大学のゴルフサークルに所属。就職活動に失敗し、ハウスキャディのアルバイトをして就職先を探すはずが、キャディが天職と気づく。シャンクが一番の敵。

The post グリーン上で起こりがち!「ラインを踏まない・踏ませない」方法を熟練キャディが伝授 first appeared on Regina(レジーナ).

元記事で読む
の記事をもっとみる