1. トップ
  2. レシピ
  3. 【グルメ】贅沢たっぷりウニだらけ!ウニ専門料理店が東京駅にオープン

【グルメ】贅沢たっぷりウニだらけ!ウニ専門料理店が東京駅にオープン

  • 2015.10.27
  • 1055 views

本日10月27日(火)、東京駅八重洲北口のキッチンストリート内に、うに料理専門店「うに屋のあまごころ」がオープン! Woman Insight編集部は皆さんより一足お先に、絶品ウニ料理をいただいてきました。

★【グルメ】もう~たまらない!神楽坂でとろっとろの肉寿司を食べてきた

2013年4月、前身となる「リッチョマニア・キッチン」がオープン。カジュアルな洋食メニューを提供してきましたが、これまでの人気メニューを一部引き続きながら、和洋のうに料理専門店としてリニューアルしました。

こちらの新たな目玉となるのは、「うに屋のうに丼」。なんとこのうに丼、のせるウニを自分で自由に選ぶことができるんです!

国産ウニ(¥480 ※3月〜10月限定)、チリ産ウニ(¥280)、その時期に合わせた海外産ウニ(¥380)を10g単位で選ぶことが可能。

たとえば同じ産地のものだけでも良し、いろんな産地のものをのせて食べ比べをするのも◎です。ごはんは¥200で、大盛り無料。

こちらの「じっくり炊く うに釜飯」(¥1,800)もオススメです。

そして秋冬にぴったりの「野菜たっぷり うに鍋」(1人前 ¥2,000)。

出汁は、あまごころオリジナルの「旨まろだし」や、そこに練りウニを入れた「うに出汁」など、ウニの旨味を凝縮した4種から選ぶことができます。

こちらは前身である「リッチョマニア・キッチン」のいちばん人気メニュー、「うにオムライス」(¥1,390 ※ランチタイム価格)。これがもう、女子には特にたまらない絶品料理なんです。

とろっとろの卵にはなんと蒸しウニが入っており、さらに上にかかっているトマトクリームソースには練りウニが。そしてまたさらに、中に入っているごはんは先ほどの鍋の「旨まろだし」を使って炊き上げたウニご飯!

とろっとろの半熟卵とソースを口に運ぶと濃厚な甘みがいっぱいに広がり、そこにふっくらとしたウニご飯がほどけていきます。するとその瞬間にご飯とソースとが絡まり合い、ウニの旨みを余すところなく堪能することができるのです……まさに絶品。


「うにを練り込んだ生パスタ バター醤油風味」(¥1,480 ※ランチタイム価格)は、その名のとおり麺にうにが練り込まれている濃厚なパスタ。

上にのっている粒ウニがなくても、パスタだけで口いっぱいにウニの旨みと香りが広がります。味わいは非常に濃厚で、麺はもっちもち! 食べ応えバッチリの一品です。

ほかにも、やわらかな和牛と生うにを韓国のりにのせた「うにと和牛のたたき」(¥1,180)も絶品!

こちらの4種のオリジナル「雲丹塩」を選びバニラアイスにかけて食べる新感覚「あまごころ塩アイス」(¥400)も必見。個性的な味の塩でアイスの甘みが引き立ち、驚きの味わいを楽しめます。

なお、本日から10月31日までの5日間「うに屋のうに丼」を注文すると、各日先着20名にチリ産ウニ10gがサービスされちゃいます! 今回ご紹介した以外にもウニの美味しさを堪能できるメニューがたっぷりとそろっているので、ぜひ足を運んでみてくださいね。(鈴木 梢)

※ランチタイム限定メニュー、ランチ・ディナータイムともに提供されるメニューがあります。詳しくはお店でご確認ください。価格はすべて税別となります。

【店舗情報】
「うに屋のあまごころ」
住所:東京都千代田区丸の内1-9-1 東京駅構内1F キッチンストリート
電話:03-6212-6224
営業:11:00〜23:00
休:無休