1. トップ
  2. ヘア
  3. 夏の紫外線ダメージを受けたお疲れ髪、どうやってアフターケアする? FYTTEインスタグラムのフォロワーにヘアケア事情を調査!

夏の紫外線ダメージを受けたお疲れ髪、どうやってアフターケアする? FYTTEインスタグラムのフォロワーにヘアケア事情を調査!

  • 2022.9.27
  • 838 views
ダメージ髪と美髪の女性のイラスト

春から夏にかけてたっぷり浴びた紫外線のダメージが出始める夏の終わり。肌のアフターケアはしっかりとしていても、意外と忘れがちなのが髪の毛のケアではないでしょうか。日焼けで傷んだ髪の毛は、放っておくとさまざまなトラブルの原因になってしまう可能性も…! そこで今回は、FYTTE公式Instagramのストーリーズで夏の髪のお悩みやアフターケアについてリサーチしました。夏疲れ髪のエイジングケア方法も合わせてご紹介しているので、ぜひ参考にしてみてくださいね!

日焼け後の髪の毛、どんなダメージを受けている?

髪の毛を持っている女性のイラスト

FYTTEの公式Instagramのアカウント内、ストーリーズで、日焼け後の髪のアフターケアをしているかお聞きしたところ、アフターケアをしていると回答した人が36票(n=90)、していないと答えた人が54票と、6割の人がとくに何もケアをしていないことが明らかになりました。

日焼けをしないために日焼け止めや日傘、サングラスや帽子などのアイテムをとり入れていても、うっかり日焼けをしてしまった…!ということもあるはず。『日焼け対策の方法は知っているけれど、日焼け後ってどんなケアをすればいいの?』とアフターケアの方法がイマイチわからなかったり、日焼けをしてもすぐにシミやシワ、たるみなどの症状が出てこない肌を見て、『日焼けをしてもすぐにもとの肌に戻るから』と、油断している人も少なくないのかもしれません。

インスタアンケートの回答結果

続いて、夏の髪のお悩みとしていちばん当てはまるものを調査しました。いちばん回答が多かったのは、「髪の乾燥やパサつき」(56票、n=145)。次いで「髪や頭皮のニオイ」(44票)、
「髪や頭皮のベタつき」(34票)、「髪や頭皮の日焼け」(11票)となりました。

「髪の毛のパサつき」は紫外線によるダメージで引き起こされる影響のひとつですよね。手で髪をさわることで乾燥やパサつきを判断できるのはもちろん、見た目だけでも判断できてダメージを実感しやすいことも、お悩みの1位となった理由のひとつかもしれません。
また、「髪や頭皮のニオイ」「髪や頭皮のベタつき」は、湿気が多く気温が高くなる夏特有のお悩みとも言えるのではないでしょうか。肌が乾燥している冬に比べて、夏は汗をかくことで頭皮が蒸れやすくなることが原因として考えられますよね。シャンプーやトリートメント、ドライヤーなど日常的に使っているアイテムも、今一度正しい使い方をしっかりと見直すことで、ニオイやベタつきの対策につながるかもしれません。

では、実際に紫外線によるダメージを受けた髪の毛はどうやってアフターケアすればいいのでしょう? ここからは、ヘアメイクアーティストchihoさんが教える「夏疲れ髪」のエイジングケア方法についてご紹介していきます!

夏のエイジングヘアケアにぴったり!トリートメント

トリートメントで髪をケアする女性

一度ダメージを受けて傷んだ髪は、放っておいても勝手に修復されないぶん、自宅でコツコツと欠かさずセルフケアを行うのが得策です。そこで使いたいのが、トリートメント。日焼けした髪は、水分や栄養が失われているため、さわるとゴワゴワした手ざわりが特徴です。
加えて広がりやすく、毛先がパサパサした印象。

トリートメントはただつけるのではなく、目の粗いコームを使って毛先全体にいきわたるようにつけることがポイントです。そのあと、ホットタオルやシャワーキャップで髪をしっかり包み込み、トリートメントの浸透を、よくしてあげることが必要です。
「そんなのできない」という女性は、トリートメントをつけてすぐに流さず、5分ほどおいておくだけでも効果的です(chihoさん)。

夏のエイジングヘアケアに欠かせないアイテム

髪のケアをする女性

お風呂上がりにスキンケアをするとき、当たり前のように肌には化粧水をつけたりしますよね。ぜひ髪にも同じように化粧水、すなわちヘアミストでうるおいを与えてください。髪の中間から毛先にかけてヘアミストをつけたあと、ヘアオイルをつけるようにしましょう。

くり返しになりますが、髪も肌と同様です。スキンケアの最後のフタの役わりと同じように、ヘアオイルはトリートメントやヘアミストで髪に浸透させた栄養や水分の蒸発を防ぎながら、そのあとにかけるドライヤーの熱から、髪を守ってくれます(chihoさん)。

夏のエイジングヘアケアに欠かせないアイテム

夏になると、ヘアカラーをしている女性は髪の色あせ、つまり色が明るく抜けてしまうことで、その様子がやつれた姿にも見えてしまいますよね。すぐに美容院に行けたらいいですが、「まだしばらくは行けない…」というときには、自宅でできるカラートリートメントをしてみてください。

トリートメントとブラシ

通常のトリートメントと同じように、シャンプー後につけて5分から10分程放置して洗い流すだけ。キレイな髪色になるだけでなく、トリートメント効果も果たしてくれます。白髪を目立たなくするものから、自然な色まで種類は豊富なので、まずは使ってみてください。

トリートメントのところでお話したように、こちらもつけたら目の粗いコームでとかして、放置時間を長めにすると、色も入りやすくなるのでおすすめです(chihoさん)。

どれも自宅で手軽に今すぐできるセルフケアばかりですので、さっそく今日からとり入れてみてはいかがでしょう? 毎日コツコツアフターケアをして、紫外線ダメージに負けない美髪を手に入れたいですね!

*アンケートについて
●調査対象: FYTTE公式Instagramのフォロワー
●調査方法:FYTTE公式インスタグラムにてアンケートを実施
●調査媒体:FYTTEweb
●調査期間:2022年8月18~2022年8月25日

文/FYTTE編集部

元記事で読む
の記事をもっとみる