1. トップ
  2. レシピ
  3. 一度食べたら絶対ファンになる! “福岡市内から車で約1時間”わざわざ行きたいごはん屋さん(筑後市)

一度食べたら絶対ファンになる! “福岡市内から車で約1時間”わざわざ行きたいごはん屋さん(筑後市)

  • 2022.9.25
  • 54924 views

~もっと福岡を、好きになる~「あーね!」って言いたくなる情報を福岡から毎日発信中!

こんにちは。福岡のおいしいお店を紹介するブログ『よりみちの福岡紹介』を運営している、よりみちです。

今回ご紹介するのは、筑後市にあるごはん屋さん。

「筑後のお店を紹介するなら、ここは絶対外せない!」という声も多かったのに、なかなか行けておらず……。ようやく行ってきました!

先に結果からお話しますと、今すぐお店に向かってほしい!! もうこれを読むよりも、とにかく実際に食べてほしいんです。

筑後でランチならここに決まり!心も体も素直になれるごはん屋さん「野歩ほん(のほほん)」(筑後市)

筑後市の人気スポット『恋木神社』から車で10分弱、筑後市富久にある『野歩ほん(のほほん)』。

野歩ほん(のほほん) 外観
画像:よりみち

お店へと向かう道が細いのもあり、携帯のマップやカーナビだと迷ってしまうかもしれません。近くまで着いたら、白の建物を目指して向かってください。

自然豊かな場所にあるすてきなお店ですね〜。

野歩ほん(のほほん) 看板
画像:よりみち

私の地元の阿蘇に少し空気感が似ていて、この時点で惹かれるものがありました。

テーブル・座敷・カウンターあり!落ち着く空間の店内

店内には、テーブル席、座敷席、カウンター席があります。

友人や恋人、家族、もちろんお子様連れでも、誰とでもどんなシーンでも利用できる雰囲気がすてきなんですよね。

野歩ほん(のほほん) 店内
画像:よりみち

座敷席は、テーブルごとの間隔が広めで、掘りごたつになっていました。ゆっくりお話ししながら過ごせそうですね。

野歩ほん(のほほん) 店内
画像:よりみち

それでは、ランチのメニューを見てみましょうか。ちなみに、現在はディナーが休業中で、ランチタイムの12時~15時(14時オーダーストップ)のみ営業されています。

野歩ほん(のほほん) メニュー
画像:よりみち

内容は季節によって多少変わりますが、基本は『野歩ほんランチ』(2,200円)、『まんてんランチ』(1,800円)、『和風オムライスランチ』(1,430円)の3つ。

今回は、『野歩ほんランチ』を注文してみます。

内容は、八穀甘酒と豆乳のノンアルコール食前酒、前菜プレート8種、豆乳葛豆腐のサラダ、オーブン料理、天ぷら、メイン料理(牛さがり、お魚、お野菜コロッケから1つ)、お味噌汁、黒米ご飯、デザート、ドリンク(コーヒー、無農薬紅茶、アップルジュース、オレンジジュースから1杯)です。

とにかく満足度が半端ない!「野歩ほんランチ」

まず提供されたのが、八穀甘酒と豆乳のノンアルコール食前酒。

甘酒のやさしい甘みを感じる一口から料理がスタートします。

野歩ほん(のほほん) 「野歩ほんランチ」食前酒(ノンアルコール)
画像:よりみち

続いて、豆腐が盛られた小鉢がやってきました。2種類の味が楽しめるようです。

野歩ほん(のほほん) 「野歩ほんランチ」豆腐
画像:よりみち

こっちは、オリーブオイルと塩でさっぱり。絶対これ身体にいいんだろうなーって味。

野歩ほん(のほほん) 「野歩ほんランチ」豆腐
画像:よりみち

ごまだれは安定しておいしい。これがスタートで出てくる時点で、期待値が高まっちゃいますね。

野歩ほん(のほほん) 「野歩ほんランチ」豆腐
画像:よりみち

そして次に、前菜プレート8種と豆乳葛豆腐のサラダ。これがランチの全部ではなく、“前菜”と“サラダ”です。

野歩ほん(のほほん) 「野歩ほんランチ」前菜とサラダ
画像:よりみち

これはかなりテンションが上がって参りました。

料理は、「基本的には無農薬の食材を使い、食品添加物などは使わずに、できるだけ体に良いものを提供したい」という思いで作られていて、基本的には野菜が中心。

この前菜とサラダだけで、1日に必要な野菜が摂れるんじゃ?と思うほどのボリュームでした。サラダのドレッシングが、半端なくおいしい。

野歩ほん(のほほん) 「野歩ほんランチ」サラダ
画像:よりみち

小鉢もしっかり丁寧に作られています。

野歩ほん(のほほん) 「野歩ほんランチ」小鉢
画像:よりみち

お店の方の想いが料理を通して多くの方に伝わっているから、ファンやリピーターさんが多いんでしょうね。

野歩ほん(のほほん) 「野歩ほんランチ」小鉢
画像:よりみち

ははは箸が止まりません。

写真を撮る前に、あっという間に食べちゃいました。

もうすでに、クオリティーの高い料理の数々に十分満足していますが、メインはこれから。

今回は「牛さがり」をチョイス。天ぷら、お味噌汁、黒米ご飯と一緒にやってきました。

野歩ほん(のほほん) 「野歩ほんランチ」
画像:よりみち

まずは、お味噌汁から。

野歩ほん(のほほん) 「野歩ほんランチ」味噌汁
画像:よりみち

もう香りがすでにおいしいんよ。

飲む前から分かります。

野歩ほん(のほほん) 「野歩ほんランチ」味噌汁
画像:よりみち

ほらね。久しぶりに味噌汁飲んでほっこりしました。

黒米ご飯は、そのまま楽しむのはもちろん、生卵を1個無料で付けてもらえます(別皿で提供)。

野歩ほん(のほほん) 「野歩ほんランチ」卵ご飯
画像:よりみち

こだわりの卵で作る「卵ご飯」、絶対うまいやん。

野歩ほん(のほほん) 「野歩ほんランチ」卵ご飯
画像:よりみち

こりゃたまりませんな。

こんなに濃厚な卵は見たことない!ってくらい、どろぉ~っとしていて贅沢でした。

そしてメインの牛さがりですよ。

野歩ほん(のほほん) 「野歩ほんランチ」牛さがり
画像:よりみち

もうね、これは今すぐお店に向かって、食べてほしい。

野歩ほん(のほほん) 「野歩ほんランチ」牛さがり
画像:よりみち

私の中では、星3つを越えて4つです!! 本当においしい。

メインのプレートと、あれやこれやといろんな小鉢に夢中で気づきませんでしたが、そばを発見。

野歩ほん(のほほん) 「野歩ほんランチ」そば
画像:よりみち

この小さなそばを見てね、あなたはきっとこう思ったはず。

どうせ小鉢のおまけでしょと。

野歩ほん(のほほん) 「野歩ほんランチ」そば
画像:よりみち

食べたら絶対びっくりするはず。

麺のコシも味もさっぱりしていて最高です。もう一度言います、最高なんです。

文字と写真で伝える限界を超えたおいしさなので、食べてから体感してください。

さらには、天ぷらもねぇ。最高なのよねぇ。

野歩ほん(のほほん) 「野歩ほんランチ」天ぷら
画像:よりみち

「最高」のオンパレードで、バーゲンセールみたいに安っぽく感じてしまうかもしれんけども、本当にどれも最高なんですもの。

この料理の数々にどれだけ思いを込めているんだろうか。

野歩ほん(のほほん) 「野歩ほんランチ」天ぷら
画像:よりみち

デザートまで最高でした。

野歩ほん(のほほん) 「野歩ほんランチ」デザート
画像:よりみち

もしお店が忙しくなさそうなタイミングであれば、ぜひ店長とお話ししてほしいなぁ。

料理に対する思いを聞いたら、絶対ファンになるでしょうね。

お店の雰囲気もゆっくり時間が流れてるようなのほほんとした空気感。

私の中では、最近行ったお店の中で一番のおすすめでした。(文/よりみち)

<店舗情報>
■野歩ほん(のほほん)
住所:福岡県筑後市富久583-1
※この記事は公開時点での情報です。※文中価格は税込みです。

元記事で読む
の記事をもっとみる