1. トップ
  2. 恋愛
  3. 共通点は「社長の星」! そわんわんとサーヤを占い天使オッティモちゃんが占断

共通点は「社長の星」! そわんわんとサーヤを占い天使オッティモちゃんが占断

  • 2022.9.24
  • 1313 views

9月23日深夜放送の、占いリアリティーショー『どこまで言っていいですか?』(テレビ東京)。前回(9月16日放送)に引き続き、ゲストは人気YouTuberのカノックスターさん、そわんわんさんです。最強占い師軍団が、2人の内面や過去などを占い尽くしました。

■最強占い師軍団が人気YouTuberを占う
この番組は、占い師がゲストの芸能人を同時に鑑定し、四方から寄ってたかって本音や人生をひも解いていくバラエティ番組です。MCはラランド・サーヤさん、蛙亭・イワクラさん、女優の内田理央さんの3人。番組を進行しつつ、占いの一部始終を見守ります。

-------------------------------
◎今回の最強占い師はこちらの4名
・暮れの酉(くれのとり)さん
古今東西の占術を極め、19年間行列を絶やさなかった伝説の占い師

・斗弥(とうわ)さん
本質を探る独自占術と禅タロットですべてを見透かす元ホスト占い師

・法演(ほうえん)さん
痛い所にズバッと切り込む"心の足つぼマッサージ"鑑定が評判の修験者占い師

・オッティモ(おってぃも)ちゃん
RPG的キャラクターで本質を見極め持って生まれた才能を導く占い天使
-------------------------------

■カノックスターは「化け物級に稼ぐ星」を持つ!
前回の放送で、カノックスターさん、そわんわんさんの性格や意外な素顔を言い当てた占い師軍団。今回はそれぞれの過去の闇を暴いていきます。

暮れの酉さんは、カノックスターさんについて「得ても得ても満足できない」星がある、と占いました。お金などを手にしても満たされない、という言葉に本人は「ありますね」と同意。お金をたくさんもらってはいるけれど「充実感はない」と明かします。

一旦満たされても、すぐに飽きるとの返答を受け、暮れの酉さんは「9歳前後の頃、あんまり親の愛がない運命」と鑑定。カノックスターさんの家は、かなり放任主義だったらしく、自由だった分「寂しさはあったのかも」と振り返りました。

さらに「お父さんの星のパワーは弱い」と暮れの酉さんが読み解くと「ほぼ、しゃべったことがない」とカノックスターさん。父親は無口なタイプで、話す機会がなかったとのことです。関わりの薄さを言い当てられ「そんなことまでわかるんすね」と口にします。

暮れの酉さんは、そんな子ども時代の悲しさや寂しさが「貪りの気持ちの原因」になっているかも、と分析。これは、よく言うと「化け物級に稼ぐ星」と言われ、カノックスターさんは「いいっすね」とにんまりしました。

ただ、財運はいいものの、占いが悪く出ると、本人も自覚している通り、得ても得ても渇きが癒えない「飢えと貪りの星」になってしまうそうです。

■中学時代に和歌山から東京まで家出!?
オッティモちゃんの占いによると、そわんわんさんは「本来、優しくしてくれるべき人に拒絶された」印象があるそう。「親に対して愛情を感じなかった」のでは? と問われ「うちも親とほぼしゃべったことがなくて」と答えました。

「お父さんとの縁が薄い」と伝えるオッティモちゃんに「スゴい! 怖い!」とそわんわんさん。お父さんとは、小学生の頃から年に1回会うか会わないか、程度の関係で、高校生のときに自分から縁を切ったとか。でも、特に悲しいとも思わなかったと打ち明けます。

両親の仲も険悪で、でも父親が一緒にいないのが普通だったため、中学生くらいまでは仲が悪いことに気づいてもいなかった模様。そのような生活の中、早くからバイトを始めて稼ぎ、自活してきたようです。

ここで、そわんわんさんは衝撃の過去を暴露。中学生の頃、家族に「いないほうがいい」と言われ、家出を決意したのですが、なんと地元の和歌山を出て、東京まで行ったと打ち明けました。

しかも、駅で知らない男性から借りたお金を持って上京。その際、急に「お金を貸して」と頼まれ、貸してくれる優しい人に出会えたことに感動し、自分も「知らない人に優しくありたい」と思ったとのこと。それがきっかけで「みんなに平等でいたい」と考えるようになったと言います。

オッティモちゃんは「35歳までは、人のためにお金を使わないといけない」「使わざるを得ない流れに行く」とも鑑定。そわんわんさんは、自分が頑張って稼いで、1千万円を超える両親の借金を返したことを告白しました。

返済後は「これで暮らして」と生活のためのお金も渡したそう。このエピソードにスタジオではどよめきが起こります。テロップによれば、借金の返済に加え、妹の大学の学費や兄の奨学金も、そわんわんさんが支払っているみたいです。

■そわんわんは不幸を幸せの原料にできる人
つらい過去を乗り越えてきたそわんわんさんに、暮れの酉さんは「自分の不幸を幸せの原料にできる人なんですよ」と伝えます。苦しい思いをしたことを共有し、同じ目に遭っている人を助けるような優しさを持っている、との言葉に「うれしい」とそわんわんさん。

カノックスターさんに「それ合ってるじゃん」と言われたそわんわんさんは、既にそういった動画を投稿していると話しました。ファンがDMやリプライで悩みを送ってくれると「じゃあ、今日はこういうテーマで話そう」と語る動画をアップしているのだとか。

自身の経験をもとに相談に答えるそれらの動画も人気で、多くの人に勇気を与えているようです。

■YouTuberの辞め時はいつ? 今後を占う
そわんわんさんは、人気YouTuberに共通する悩みを相談しました。それはYouTuberをいつ辞めるか、ということ。既に6~7年やっていて、いつまで続けるべきか、数字を持っているうちに辞めたほうがいいのか、といったことを真剣に考えているのだとか。

法演さんは、そわんわんさんは「2023年から4年にかけて変化のときを迎える」と鑑定。「2024年以降に、一生携わっていくことに出会う」ので、それまでは「知名度を上げることに集中したほうがいい」と告げます。

そわんわんさんは「めっちゃいいアドバイス」「刺さる!」と大喜び。法演さんは「看板娘になれる」と言い、ありとあらゆることに関して「私が看板になってやる」くらいの気持ちで挑むといいと背中を押しました。

占いでは、人気の熟年ホステスさんのような感じで、どこのお店に行っても「これだけのお客さんを連れて行きます」と言えるタイプだというそわんわんさん。この性質は暴露数「2」を持つ人の特徴で、サーヤさんにも当てはまるそうです。

■今後は社長になる? それとも政治家!?
そわんわんさんにはサーヤさんと同じ「社長の星」もある、と占うのはオッティモちゃん。会社を興しても成功すると告げます。「責任を負うのが嫌い」と言うそわんわんさんは、最強占い師軍団ではなくサーヤさんに「(社長って)しんどくないですか?」と質問しました。

サーヤさんは、社員を抱えると大変だけれど、自身のように「個人事務所」の経営ならば違うのでは? と回答。そわんわんさんは「じゃあ社長になります」と宣言します。

オッティモちゃんは「そわちゃんはね、政治の世界に入ると思う」とも鑑定しました。「愛の力で世の中を変える人」との言葉に、そわんわんさんはマネージャーや友達にも言われたことがあると告白。でも「絶対めんどくさい」と本人は乗り気ではない様子です。

■来年、カノックスターに大きな転機が!?
暮れの酉さんいわく、カノックスターさんの転機は「9の倍数の年」。来年、誕生日を迎えると27歳になるのですが、このタイミングは「デカい転機」になると言います。

すると斗弥さんが「来年、注目は集まる」としたうえで「スキャンダルに注意」と占いました。「バレる」といったテーマの星が回ってくるため、隠していることがあってもバレてしまうそうです。

暮れの酉さんは「27歳までは陽気な露出狂」という性格だと鑑定。18歳くらいから「じわじわと、見せることの快感に気づいたでしょう」と問うと、カノックスターさんは「確かに見せたい」と笑いました。

それがマズいと気づくのが27歳。ただし、この占いには「海外へ羽ばたいていく」「拠点を二重にする」といった意味も出ているとのこと。カノックスターさんは「海外に行こうとしてるから、それは合ってる」と答えます。

もともと、YouTubeをやる前はアメリカの大学に行こうと思っていたそうで「そろそろ、もう1回挑戦してもいいかな」と思っているとか。

法演さんは、今考えていることを実行に移すと「2024年から運気がよくなる」と占断。だから「来年のスキャンダルは致命傷にはならない」と述べます。

「起こらないとは言ってないわけですね?」と斗弥さんが微笑むと「言ってない。致命傷にはならない」と法演さん。これに対して暮れの酉さんは「海外に向かっていくと、そもそもスキャンダルが起こらないと思う」とフォローしました。

■オッティモちゃん公式サイト:オッティモちゃんの「宇宙占術RPU」

元記事で読む
の記事をもっとみる