1. トップ
  2. グルメ
  3. 大阪アートの新拠点「大阪中之島美術館」へ。今後の企画展や館内のショップ、レストランにも注目

大阪アートの新拠点「大阪中之島美術館」へ。今後の企画展や館内のショップ、レストランにも注目

  • 2022.9.21
  • 5061 views

大阪の中心部にある、堂島川と土佐堀川に囲まれた中之島エリア。かつて水運に支えられ発展してきた水の都のシンボルゾーンには、美術館や歴史的建造物などが集中し、大阪の文化・芸術シーンを牽引してきました。2022年2月には、新たなアイコンとして「大阪中之島美術館」が誕生。国内外の貴重なコレクションや建築など、さまざまな観点から注目を集め続けています。

大阪アートの新拠点「大阪中之島美術館」へ。今後の企画展や館内のショップ、レストランにも注目
大阪アートの新拠点「大阪中之島美術館」へ。今後の企画展や館内のショップ、レストランにも注目
2022年2月開館、40年越しの構想がカタチに!
大阪アートの新拠点「大阪中之島美術館」へ。今後の企画展や館内のショップ、レストランにも注目
建築家・遠藤克彦が設計。宙に浮いているような真っ黒なキューブの建物が印象的

全国のアートファンが開館を心待ちにしていた「大阪中之島美術館」。
この美術館の構想が打ち出されたのは、なんと1983年のこと。時代の遷移とともにさまざまな困難に直面しながら、約40年の長い歳月を経て、2022年2月に開館を迎えました。

近代・現代美術の名画をはじめ、収蔵作品数は国内トップクラス。大阪をキーワードにした企画展にも力を入れており、まちの魅力や大阪の歴史・文化に触れるきっかけにもなりそうです。6000点を超えるコレクションから代表的作品を選び、全展示室を用いて公開した開館記念「Hello! Super Collection 超コレクション展 ―99のものがたり―」は、各地からアートファンが訪れ、予想を上回る来場者数となりました。

現代美術家・ヤノベケンジの巨大な立体作品がお出迎え
大阪アートの新拠点「大阪中之島美術館」へ。今後の企画展や館内のショップ、レストランにも注目
(左)ヤノベケンジ《ジャイアント・トらやん》(2005)(右)ヤノベケンジ《SHIP’S CAT(Muse)》(2021)

「大阪中之島美術館」の2階エントランス前の広場には、大阪出身の現代美術家・ヤノベケンジの作品「SHIP’S CAT(Muse)」(2021)が展示されています。この作品は、大航海時代、ネズミなどの害獣から船を守ってきた猫をモチーフに制作されたモニュメント。江戸期には全国から船で物資が集まった水都大阪の中心地・中之島で、活気に満ちる土地の記憶を後世に伝えながら、美術館の守り神としてたたずんでいます。
館内4階の階段横の吹き抜けにも、ヤノベケンジの代表作品「ジャイアント・トらやん」があります。こちらの大きさは約7mあり、スケールの大きさにも圧倒されます。

建築や空間美に魅せられる近未来的パッサージュ
大阪アートの新拠点「大阪中之島美術館」へ。今後の企画展や館内のショップ、レストランにも注目
内部の設計も建築家・遠藤克彦。パッサージュとは、フランス語で歩行者専用の通り道や小径(こみち)のこと

「大阪中之島美術館」のコンセプトは「さまざまな人と活動が交錯する都市のような美術館」。その象徴的な空間が、1階から5階を貫く巨大な吹き抜けに階段やエスカレーターが交差する「パッサージュ」です。4・5階にある展示室へ向かう長いエスカレーターにのると、その壮大な空間に胸が高鳴ります。1・2階は、企画展の入場チケットがなくても出入りできるパブリックスペースに。誰もがアートにアクセスしやすいプラットフォームとなっています。

特に2階フロアは北・東・南がガラス張りになっており、中之島のまちを見渡すことができます。現代美術家・ヤノベケンジの屋外作品「SHIP’S CAT(Muse)」(2021)のある芝生広場では、地元の子どもたちが楽しそうに遊んだり、界隈のサラリーマンがひと休みしたりする姿も。地域に開かれた美術館として、人々の憩いの場として親しまれています。

コレクションは6000点以上。国内外の貴重な作品も
大阪アートの新拠点「大阪中之島美術館」へ。今後の企画展や館内のショップ、レストランにも注目
Hello! Super Collection 超コレクション展 ―99のものがたり― 展示風景

「大阪中之島美術館」は国内外の作品6000点超のコレクションを所蔵。常設展はなく、企画展として収蔵作品を鑑賞することができます。核となるのは19世紀後半から現在までの国内外の美術とデザイン。「大阪中之島美術館」構想の起点となった実業家・山本發次郎(はつじろう)が集めてきた佐伯祐三の作品や大阪ゆかりの作品、アメデオ・モディリアーニの「髪をほどいた横たわる裸婦」をはじめとする近代・現代美術の名画、「生活のなかの芸術」である家具作品など、ジャンルも多岐にわたります。

大阪ゆかりの作家や作品にフォーカスし、大阪をテーマにした企画展に力を入れているのも「大阪中之島美術館」の大きな特徴。2022年10月2日(日)まで、「展覧会 岡本太郎」と同時に、過去約150 年の間に見せた大阪の多彩な肖像(かお)とその魅力を深く掘り起こす企画展「みんなのまち 大阪の肖像」の第2期も開催しています。

ミュージアムショップ「dot to dot today」でお買い物♪
大阪アートの新拠点「大阪中之島美術館」へ。今後の企画展や館内のショップ、レストランにも注目
(左)所蔵作品をモチーフにしたオリジナルポストカード165円 (右上)美術館のロゴをプリントした「AZUMA BUKURO」7480円 (4色展開) (右下) KAIRI EGUCHI STUDIOのボ ールペン8800円~

企画展や建築を満喫したあとは、館内のショップやカフェへ。2階にあるミュージアムショップ「dot to dot today」は、デザインやものづくりにこだわったアイテムを中心にセレクト。大阪に縁のある作家やデザイナーとのコラボレーションアイテムやオリジナルグッズなども多く、ギフトにも最適です。美術館の企画展ごとに登場する限定アイテムも見逃せません。

店名の「dot to dot today」には、人とモノとの出会いを大切にし、つなげていきたいという想いが込められているのだそう。ものづくりのストーリーやデザインが宿るアイテムとの一期一会の出会いを楽しみましょう。

人気の北欧インテリアプロダクトブランド「HAY」もチェック
大阪アートの新拠点「大阪中之島美術館」へ。今後の企画展や館内のショップ、レストランにも注目
デザイン性、機能性に優れたジョージ・ソウデンの保温・保冷ボトル6160 円~

「大阪中之島美術館」の1階には、デンマーク発の人気インテリアプロダクトブランド「HAY OSAKA」も入っています。東京・表参道に続く国内2つ目の直営店で、プロダクトデザイナー・倉本仁氏が内装をディレクション。大阪の地域文化や、金網といった地場の素材を取り入れつつ、「HAY」らしいカラフルで遊び心あふれる空間を作り上げています。

店内は「HAY」が提案する暮らしの風景を伝える「ルーム」、椅子などのアイテムがバリエーション豊富に並ぶ「ミュージアム」、アクセサリー類が充実した「マーケット」という3つのコーナーがあり、見ているだけで心がときめきます。

ゆったり128席、くつろぎ空間の「ミュゼカラト」がオープン
大阪アートの新拠点「大阪中之島美術館」へ。今後の企画展や館内のショップ、レストランにも注目
アフタヌーンティーセット4950円。フランスの紅茶ブランド「ダマンフレール」の紅茶と楽しんで

アート鑑賞やお買い物のひと休みには、美術館1階に2022年8月10日にオープンしたばかりの「ミュゼカラト」へ。巧みな野菜使いに定評がある大阪フレンチの名店「リュミエール」の唐渡泰(からとやすし)シェフが手がける話題のカフェレストランです。素材の滋味を丁寧に引き出した料理やスイーツは、まるでアートのよう! 見て食べて、五感で楽しませてくれます。

お店は、個室やテラス席など128席あり、ランチやカフェ、ディナーなどシーンを問わずに使えるのも魅力。こだわりのスイーツや料理が堪能できるアフタヌーンティーセットをはじめ、展覧会とコラボレーションしたメニューの開発にも力を入れていくそうなので、ますます期待が高まりますよね。

今後も気になる企画展が目白押し

現在「大阪中之島美術館」では、岡本太郎の生涯をたどる大回顧展「展覧会 岡本太郎」と、「みんなのまち 大阪の肖像[第2期]」を開催中(2022年10月2日(日)まで)。10月15日(土)からは「ロートレックとミュシャ パリ時代の10年」、10月22日(土)からは、「大阪中之島美術館」に隣接する「国立国際美術館」との初の共同企画展「すべて未知の世界へ ー GUTAI 分化と統合」など、気になる企画展が次々と予定されています。詳細は公式HPからチェックしてみてくださいね。

元記事で読む
の記事をもっとみる