1. トップ
  2. 直木賞受賞作『銀河鉄道の父』が2023年GWに映画化!役所広司&菅田将暉&森七菜が初共演

直木賞受賞作『銀河鉄道の父』が2023年GWに映画化!役所広司&菅田将暉&森七菜が初共演

  • 2022.9.19
  • 72 views

第158回直木賞受賞作を受賞した門井慶喜の『銀河鉄道の父』が成島出監督のメガホンで2023年に映画化されることが決定。主演に役所広司、共演に菅田将暉、森七菜が、それぞれ映画初共演をはたす。

【写真を見る】子どもにはめっぽう弱い父、政次郎を役所が体現

【写真を見る】子どもにはめっぽう弱い父、政次郎を役所が体現 [c]2022「銀河鉄道の父」製作委員会
【写真を見る】子どもにはめっぽう弱い父、政次郎を役所が体現 [c]2022「銀河鉄道の父」製作委員会

「銀河鉄道の父」は、門井慶喜が大量の宮沢賢治資料の中から父、政次郎について書かれた資料をかき集め、宮沢賢治の生涯を、父親の視線を通して活写する、究極の親子愛を描いた傑作。小説は2016年に発売され、映画化プロジェクトは2017年から動いていたという。

主演の役所が演じる政次郎は、父の代から富裕の質屋を営み、家業と一家の主人として、責任感と情熱のある明治の男。しかし明治の男には珍しく子育てに熱心で、長男の賢治にはめっぽう弱い父親を演じる。

菅田は宮沢賢治役を短髪坊主頭で挑戦。本来は長男として質屋を継ぐのだが、それに反発し、学力もないなか学問の道へ進む。さらには商人家系にもかかわらず農業や宗教の道に進みたいと、親泣かせの我が道を行く息子だ。

父、政次郎と長男の賢治の、人間味あふれる親バカ、ダメ息子のユーモアと苛烈な闘いの日々。森は、そんな2人がお互いうまくいくように指南するなど、賢くしっかり者の妹トシ役を演じる。

撮影は今年の5月、6月で行われ、公開は2023年GWに予定している。日本のみならず世界中の“人の心”に生き続ける宮沢賢治。没後90年となる2023年、不安定で激動の時代に、人の心に生きる力を与えてくれる、映画史に残る一本の誕生に期待が高まる。

<キャスト&スタッフコメント>

●役所広司(政次郎役)

「原作に、宮沢賢治の父政次郎のことを『厳格だが、妙に隙だらけの父親だ』というような一文があり、これを手がかりに息子であり、作家宮沢賢治の大ファンの男を演じてゆこうと思いました。また、この人物を作り上げる為に『花巻弁』を聞き取れるギリギリまで攻めてゆけば強力な武器になると信じ頑張りました。成島組に集まったスタッフ、キャスト、素晴らしいチームでした!」

●菅田将暉(宮沢賢治役)

「クランクイン前に、岩手県花巻市に行きました。町の至るところに、宮沢賢治さんの言葉や生きた証が残っていて、その残り香を感じることができました。ひとりの生き様が約100年後のいまなおこれほど土地に影響を与えている。そして、その言葉や思想、物語は海を渡り世界中に伝わっている。改めてそんな事を思うと、あまりにも大役で身が引き締まる思いでした。

しかし今回はその家族のお話です。賢治の父や母、妹、弟、祖父、家族との時間がいかに彼の人生にとって大切であったか。偉大な作品の裏側を想像すると、ひとりの何者でもない青年にも見えてきました。役との出会いはいつも不思議な縁を感じますが、今回ほど出会えて良かったと思わされた現場も珍しいように思います。過不足なく演じることは不可能かもしれませんが、自分なりに宮沢賢治と真摯に向き合わせて頂きました。どうか、よろしくお願いします」

●森七菜(宮沢トシ役)

「今回宮沢賢治の妹宮沢トシを演じさせていただくことになりました。森七菜です。『銀河鉄道の夜』や『風の又三郎』など、あの名作たちが生まれた時間を肌で感じることが出来た事は、今後の人生においてもとても貴重で豊かな経験になりました。宮沢賢治作品は国語の教科書などで読んだりもしていたので少し難しく考えてしまっていましたが、そんな若い世代の人にも、宮沢家の暖かく愉快で人間味あふれる時間が描かれたこの作品を通して、より宮沢賢治作品を楽しめるきっかけにもしていただけると思います」

●成島出(監督)

「どんな時代でも、親は子の心配をし、振り回されるものです。それは、国民的作家、宮沢賢治の父にも当てはまりました。門井慶喜さんの原作で描かれている、宮沢賢治の父、政次郎の"父でありすぎる"人物像に魅了されました。そして、ダメ息子だった賢治が、生きる道を見つけ、若くしてその生涯を閉じるまでを、底なしの愛で包み込んだ宮沢家の人々に、普遍的な家族の絆を感じました。

役所広司さんの大らかで人を惹きつける父、政次郎、菅田将暉さんの繊細で透き通ったガラスのような息子、賢治、森七菜さんの賢明ではじけるような輝きを放つ妹、トシに、ご自身の家族や大切な人を想いながら観て頂けたら幸いです」

●門井慶喜(原作)

「子どもが親を選べないように、親も子どもを選べない。生まれてくるのは天才か、努力家か、それとも生活能力のない夢想家か。宮沢賢治はそのすべてだった。ありあまるほどの生活能力を持ち、家の将来に全責任を負わなければならない父、政次郎との共感。衝突。その向こうにあるものの輝き。

この世には、親子の数だけ銀河がある。私は今回の映画化をもっとも楽しみにしている者のひとりです」

文/サンクレイオ翼

元記事で読む
の記事をもっとみる