1. トップ
  2. グルメ
  3. 【四谷】無限チャイをお供に、インドのアフタヌーンティーを召し上がれ♪「インド料理ムンバイ四谷店+The India Tea House」

【四谷】無限チャイをお供に、インドのアフタヌーンティーを召し上がれ♪「インド料理ムンバイ四谷店+The India Tea House」

  • 2022.9.19
  • 3900 views

アフタヌーンティーといえば、スコーンにサンドイッチ、ケーキが定番ですが、四谷にある「インド料理ムンバイ四谷店+The India Tea House」ではインドの伝統スイーツ“ミタイ”やインドスナックをチャイと一緒にいただくアフタヌーンティーが楽しめます。ミタイってどんなスイーツ?インドスナックの種類は?実食リポートします!

本場インド料理と自家製スイーツの名店

munbai_02
munbai_02

「インド料理ムンバイ」は本場のシェフが作る伝統的な北インド宮廷料理をベースに、日本人にも食べやすいインド料理を提供しています。銀座、丸の内、お台場など東京都内には8店舗展開していますが、そのなかでも四谷店と恵比寿店は、インドの自家製スイーツとアフタヌーンティーが楽しめるティーハウスにもなっています。

munbai_03R
munbai_03R

四谷駅から徒歩2分、国道20号の新宿通り沿いに「インド料理ムンバイ四谷店+The India Tea House」は位置します。店内はモダンコロニアルな雰囲気で、テーブル席のほか、ソファやカウンター席もあります。

ランチはナンとライスがおかわり自由なインドカレーのセット980円〜とビリヤニセット1250円、ディナーはさまざまな副菜が付くセットやアラカルトを用意しています。今回ご紹介するアフタヌーンティーセットは、14〜17時のティータイム限定で、この時間帯は、インド菓子職人が作るミタイをはじめ、サモサなどのスナックをチャイやラッシー、コーヒーと一緒に味わえます。

インドスイーツとスナックがセットになったアフタヌーンティー

munbai_04
「アフタヌーンティーセット」2人前3740円(1人前でも注文可能。1870円)下段にミタイ、上段はインドスナックのセイボリー

こちらがミタイとインドのスナック、マサラチャイが付いたインド尽くしのアフタヌーンティーセット。実食レポの前にまずは“ミタイ”について解説します。“ミタイ”とは、インドの祝祭時に欠かせない伝統菓子の総称で、日本でいう和菓子のこと。おもにベサン(ひよこ豆)粉や牛乳、ココナッツミルクを使用していて、定番ものから地域ごと、お店オリジナルなど、その種類は多彩。「インド料理ムンバイ四谷店+The India Tea House」では、定番のミタイをインド出身のミタイワラ(菓子職人)が手作りしています。

munbai_05
ブンディ ラッドゥ(左)、グシヤ(右)

下段のミタイは9種類からお好みの菓子を6種(1人前だと3種)選べます。インド菓子といったら脳天を突き抜ける激甘を想像する人も少なからずいると思います。たしかに現地ではそのとおりで驚くほどの甘さですが、ここでは日本人に合うように甘さ控えめ、食べやすいように小さめになっているのが特徴。ちなみに、なぜインド人は激甘を好むのか…。それは、極端に甘い(糖度が高い)と腐りにくい、宗教上の理由でお酒を飲まない代わりに甘い菓子を食べるなどの理由があると言われています。

写真左「ブンディ ラッドゥ」はインドの祝祭で必ずといっていいほど供されるお団子。ひよこ豆の揚げ玉に砂糖とナッツ、ギー(バター)を加えています。べサン粉のほろっとした食感、控えめとはいえ、砂糖の甘さももちろん感じられます。餃子のような形をした「グジヤ」はココナッツやミルクを煮詰めた餡にナッツが入ったインド的スイーツパイ。ナッツの香ばしさと、揚げているのでお腹にたまるミタイです。

munbai_06
グラブ ジャムン(上)、カジュ バルフィ(左)、ガジャル バルフィ(右)

「グラブ ジャムン」は小麦や砂糖、ミルク、パニール(インドのカッテージチーズ)で作るボール状の揚げドーナツをカルダモンの甘いシロップに漬けた“世界一甘いスイーツ”として有名なミタイ。シロップの甘さが口のなかいっぱいに広がる、甘党にはたまらない一品です。砂糖とパウダー状のナッツ、カルダモンをミルクといっしょに煮詰めて練り上げる「カジュ パルフィ」は表面に銀箔をのせた、祝祭を思わせる見た目が特徴でミルクの濃厚さを楽しめます。ニンジンと練乳を煮詰めて作るのは「ガジャル バルフィ」。ニンジンの甘さとミルキーさを感じるファッジのような食感でした。

munbai_07
デーツ&ナッツ バルフィ(左)、ベイサン ピンニー(右)。ベイサン ピンニーはセットで付いているミタイ

「デーツ&ナッツ バルフィ」は美容食で有名なデーツとナッツの高級菓子。砂糖不使用でデーツの自然な甘みが心地いい!ボタンのような小さなミタイはべサン粉と砂糖をギー(バター)で練り上げた「ベイサン ピンニー」。落雁のような食感で、ひよこ豆の香ばしさと素朴な味わいがひと口で楽しめました。

munbai_08
munbai_08
munbai_09
munbai_09

上段のセイボリーは、パリパリ食感がクセになる豆せんべい「パパル」、コリアンダーやクミンなどのスパイスで作るジャガイモのパイ包揚げ「カクテルサモサ」、カッテージチーズとピクルスを挟んで揚げた「パニールパコラ」、カシューナッツをチリやターメリックなどと炒めた「マサラナッツ」のインドスナックが4種類。甘いミタイとスパイスが効いたしょっぱい系のスナックは最高のコンビネーション。食べ応えも十分あるので遅いランチとして利用するのもおすすめ。

「カクテルサモサ」と「パニールパコラ」はお好みでミント、タマリンド、ダイナマイト(チリ)の3つのソースにつけて味変も楽しめます。

スパイス香るマサラチャイはおかわり自由!

munbai_10
munbai_10
munbai_11
munbai_11

アフタヌーンティーセットではムンバイオリジナルのマサラチャイがおかわり自由!マサラチャイとはスパイスで香り付けして煮出したインド式ミルクティーのこと。厳選したアッサム茶葉にカルダモンやシナモン、クローブといったスパイスを独自にブレンドしたこのマサラチャイ、意外なほどスッキリとした味わいで、甘いミタイとしょっぱい系の揚げたスナックによく合います。食後のお口直しにもぴったりです。

インドのアフタヌーンティーでこれまであまり馴染みがなかったインド菓子のミタイが身近になりました。店舗2階は、2022年10月末にラグジュアリーな空間としてリニューアルオープン予定。新登場の高級インドアフタヌーンティーもぜひお楽しみに!

■インド料理ムンバイ四谷店 + The India Tea House(インドりょうりムンバイよつやてん プラス インディア ティーハウス)
住所:東京都新宿区四谷1-8-6 ホリナカビル1・2F
TEL:03-3350-0777
営業時間:11〜22時(21時LO)
定休日:無休

Text:木村秋子(editorial team Flone)
Photo:田尻陽子

●新型コロナウイルス感染症対策により、記事内容や営業時間、定休日等が変更になる場合があります。事前に店舗・施設等へご確認されることをおすすめします。
●店舗・施設の休みは原則として年末年始・お盆休み・ゴールデンウィーク・臨時休業を省略しています。
●掲載の内容は取材時点の情報に基づきます。内容の変更が発生する場合がありますので、ご利用の際は事前にご確認ください。
●旅行中は「新しい旅のエチケット」実施のご協力をお願いします。

元記事で読む
の記事をもっとみる