1. トップ
  2. メイク
  3. 2022年秋の眉は重めが正解♡こなれて見える「今っぽ眉」の作り方

2022年秋の眉は重めが正解♡こなれて見える「今っぽ眉」の作り方

  • 2022.9.16
  • 63617 views

夏の間はフレッシュでナチュラルな雰囲気の眉メイクをするという方も多いかと思いますが、秋は断然重め眉がおすすめです。今回は秋らしい重めな印象ながらもこなれて見える、2022年秋の正解眉をご紹介します。

使用アイテム

近頃はカラー眉が人気ですが、秋はカラー眉に挑戦するのにぴったりの季節です。

こっくりカラーの服を着ることも多い季節ですので、眉もこっくり感のある赤みブラウン系にすることでこなれた印象を作ることができます。

今回は、そんな眉メイクにぴったりの2つのアイブロウアイテムを使用してメイクしました。

【デイジードール ブロウライナー BR-03】

赤みのあるブラウン系で秋にぴったりのお色です。

アイブロウペンシルとアイブロウパウダーが一体になっているため、ペンシルとパウダーの色合わせで悩むこともありません。

スクリューブラシも付いており、これ1本で毛流れを整えたりぼかしたりと様々な使い方が可能です。

【デジャヴュ アイブロウカラー ナチュラルブラウン】

小回りが効く極細のブラシで細部まで塗りやすく失敗しづらいため、簡単に美しい眉に仕上がります。

今回は最もベーシックなナチュラルブラウンを使用しました。

赤みと黄みのバランスが良く、どんなメイクにも合わせやすいカラーです。

それでは順に解説していきます。

STEP① アイブロウペンシル

まずはアイブロウペンシルを使用して、眉のアウトラインをざっくりと下書きします。

最初に大まかな眉の形を描いておくことで、アイブロウパウダーを塗る時の目安になります。

秋におすすめの形は、やや太さがあり平行気味の、柔らかなアーチ眉です。

今回のメイクでは色味にポイントを置くため、眉の形にはあまりメリハリをつけずにナチュラルな雰囲気を残しましょう。

アイブロウペンシルを使用する際には眉の上側は空けておき、自眉を生かした仕上がりにすることで抜け感が出せます。

STEP② アイブロウパウダー

続いてはチップ型のアイブロウパウダーを使用して、アウトラインの内側に色を乗せていきます。

眉尻から塗りはじめ、アイブロウペンシルで描いたラインを馴染ませるようなイメージで塗っていきましょう。

眉頭から眉尻に向かって濃くなっていくようにグラデーションをかけるとこなれた印象になります。

STEP③ アイブロウマスカラ

仕上げにアイブロウマスカラを塗っていきます。

今回使用した【デジャヴュ アイブロウカラー ナチュラルブラウン】は、ひと塗りで眉が染まる高発色タイプのアイブロウマスカラですので、眉全体にしっかり色をつけて描き足した部分と自眉を馴染ませましょう。

全体に色が付くようにザクザクとブラシを上下に動かしてまんべんなく塗っていきます。

全体に色が付いたら、毛を立ち上げながら流すようなイメージで、下から上へ、眉頭から眉尻へとブラシを動かして形を整えると、美しい眉に仕上がります。

完成した眉メイクがこちら

2022年秋の正解眉メイクの完成です。

太さと毛流れを強調することで秋らしい重さを出しつつ、赤みのある色を使用することでこなれた印象に仕上がりました。

秋の眉メイクにお悩みの方、ぜひチャレンジしてみてくださいね。

元記事で読む
の記事をもっとみる