1. トップ
  2. スキンケア
  3. 濃密な潤いをチャージ。夏疲れの肌を立て直す「蜂蜜スキンケア」のすすめ

濃密な潤いをチャージ。夏疲れの肌を立て直す「蜂蜜スキンケア」のすすめ

  • 2022.9.15
  • 235 views

肌が記憶する夏のダメージは「蜂蜜」でリカバリー!

「蜂蜜」でリカバリー
出典:byBirth

強い紫外線やエアコンなどによって、計り知れないダメージを負っている夏終わりの肌。

秋を迎えてすぐに、気づいたら老け顔になっていたなんて最悪の事態を回避するためには、エイジングサインに繋がる目には見えない肌の炎症を鎮めることや、常に肌内部の潤いを満タンにしておくことが必要不可欠です。

そんなときに真っ先に頼りたいのが、「ビタミン」「ミネラル」「アミノ酸」「ポリフェノール」など、美肌づくりに大貢献する栄養素がぎっしり詰まった“蜂蜜”。

抗炎症作用と保湿力に長けているだけではなく、防腐剤のように肌表面の菌の増殖を抑制する役割や、日常生活における肌の酸化を防ぐ役割まで担ってくれるため、夏のダメージを挽回しながら免疫力の高い肌を手に入れることができるはずです。

夏疲れの肌を立て直す「蜂蜜スキンケアアイテム」をピックアップ!

I’m from(アイムフロム) フェイスマスク(H)

韓国に根付く天然植物の伝統的智恵と、現代のテクノロジーを掛け合わせたプロダクトを展開しているスキンケアブランド「I’m from(アイムフロム)」。

これまでに数々のビューティーアワードを受賞しているこちらのフェイスマスクは、手つかずの大自然が残る韓国の“智異山(チリサン)”で採取された希少な「蜂蜜」を高濃度で配合し、肌表面に塗り広げてから約10分後にぬるま湯で洗い流すだけで、みずみずしい潤いを纏った柔肌へと整えてくれる逸品です。

その他にも「マカダミアナッツオイル」「カタツムリ分泌液」「サンフラワーオイル」などの保湿成分がブレンドされ、とろけるように濃密なテクスチャーにも心癒されること間違いなし。

Gisou(ギソウ) フェイス・オイル

この投稿をInstagramで見る

Gisou(@gisou)がシェアした投稿

Instagramのフォロワー数716万人超えの人気ファッションブロガー、Negin Mirsalehi(ネーガン・ミルシャレイ)が手掛けるヘアケアブランド「Gisou(ギソウ)」。

愛らしいボトルデザインについカメラを向けたくなるこちらのフェイスオイルは、潤いを巡らせながら肌本来の透明感を引き出す「ローズヒップシードオイル」「ビタミンE」「イブニングプリムローズオイル」に加えて、創設者の実家で代々続く養蜂園で採取された「蜂蜜」が惜しみなく配合されています。

肌内側に吸い込まれるように浸透するなめらかなテクスチャーも魅力で、乾燥小ジワや毛穴のたるみにも多角的にアプローチ。

Keys Soulcare(キーズ・ソウルケア) ハーモニー・マスク・ウィズ・マヌカ・ハニー

この投稿をInstagramで見る

Keys Soulcare(@keyssoulcare)がシェアした投稿

アメリカの音楽界を代表する歌姫Alicia Keys(アリシア・キーズ)が手掛ける、ビューティーブランド「Keys Soulcare(キーズ・ソウルケア)」。

「活性炭」が肌表面を浄化するこちらのフェイスマスクは、バリア機能を高めながら濃密な潤いを閉じ込める「マヌカハニー(ニュージーランド産)」や「金箔」を配合し、塗布してから10~20分後に洗い流すことで濁りのないクリアな艶肌へと導きます。

心に溜まったネガティブな感情をひと蹴りしてくれるような、サンダルウッドの穏やかな香りにも心酔。

MARIO BADESCU(マリオバデスク) アーモンド & ハニー・フェイス・スクラブ

即効性と植物由来の原料にこだわりを持ち、名だたるハリウッドセレブも足しげく通う皮膚科医によって設立された、アメリカ発のナチュラルスキンケアブランド「MARIO BADESCU(マリオバデスク)」。

細かく挽いた「アーモンド」や「コーンミール」が、毛穴に詰まった皮脂汚れや古い角質を優しく取り除くこちらのフェイススクラブは、乾燥とは無縁なみずみずしい洗い上がりを叶えてくれます。

肌の炎症を鎮めながら潤いを行き渡らせる「蜂蜜」「オートミール」「スイートアーモンドオイル」を配合し、敏感肌でも無理なく使い続けることができるはず。

SKINFOOD(スキンフード) ロイヤルハニー プロポリス エンリッチ エッセンス

“食べてカラダにいいFOODをお肌にも”という思いから、野菜やフルーツなど素肌が喜ぶ天然素材をふんだんに用いた製品づくりに注力している、韓国発のビューティーブランド「SKINFOOD(スキンフード)」。

乾燥が深刻な“枯渇肌”も瞬時に立て直すことができるこちらの集中美容液は、精製水の代わりに「プロポリスエキス(64%)」「蜂蜜」「ローヤルゼリー」などを高濃度で配合しているのが大きな特徴です。

とろみのあるテクスチャーでありながらも不快なベタつきを残さず、季節の変わり目でも揺らがない健やかな肌づくりを後押し。

いかがでしたか?

夏終わりの肌
出典:byBirth

夏終わりの肌を労るためには、清涼感のあるスキンケアアイテムを活用しながら、肌内部にこもった熱をクールダウンさせることも大切。

フレッシュな表情で秋本番を迎えるためにも、ぜひ「蜂蜜」のパワーを借りてみてください!

元記事で読む
の記事をもっとみる