1. トップ
  2. 戸田恵梨香と永野芽郁によるいびつな親子関係に戦慄!『母性』衝撃的予告編が解禁

戸田恵梨香と永野芽郁によるいびつな親子関係に戦慄!『母性』衝撃的予告編が解禁

  • 2022.9.15
  • 113 views

ベストセラー作家の湊かなえの渾身の小説を、戸田恵梨香と永野芽郁の共演で描く映画『母性』(11月23日公開)。このたび、梶裕貴がナレーションを務める本予告が解禁となった。

【写真を見る】戸田恵梨香と永野芽郁の演技合戦が見もの!

【写真を見る】戸田恵梨香と永野芽郁の演技合戦が見もの! [c]2022映画「母性」製作委員会
【写真を見る】戸田恵梨香と永野芽郁の演技合戦が見もの! [c]2022映画「母性」製作委員会

ある未解決事件の語り手となる母娘を演じる戸田と永野。人気実力ともにトップクラスの2人が、繊細かつ大胆な演技で新境地を切り開く。さらに、物語に登場するひと際キャラの濃い母娘たちを、大地真央、高畑淳子、中村ゆり、山下リオが熱演。監督を人間ドラマの名手、廣木隆一が務め、主題歌はトップシンガーのJUJUが新曲「花」を鮮やかに歌い上げる。

解禁となった本予告では、戸田演じるルミ子が「私が間違えていたのです」という懺悔ともとれる告白のあとに、女子高生死亡事件の映像が映しだされる。女子高生が自ら命を絶ったが、その真相は不明。はたして事故か、自殺か、殺人か?JUJUが歌う「花」にのせて、すれ違う母と娘の180度違う証言が紡がれていく。そしてルミ子から娘の清佳に向けられる「気持ち悪いのよ」、「私の努力をあんたが台無しにしてるのよ」という残酷な言葉たち。さらに清佳からも「頭おかしいんじゃないの?」と言われ、母娘は真っ向からすれ違っていく。

予告の最後には、清佳を抱きしめるルミ子の姿が、「私は娘を強く抱きしめて言ったのです」という戸田のモノローグに載せて映しだされ、一転して清佳の首を絞める姿に切り替わるという戦慄の映像が映し出される。はたしてどちらが真実なのか?

さらに映像内には、母という名の怪物たちも登場。大地演じるルミ子の母親は、「まぁ!すてきね!」が口癖で理想の世界に生きるママ。無償の愛を娘に注ぎ育て、ルミ子と異常なまでの強い絆で結ばれている、物語のカギを握るキャラクターだ。また高畑が演じる口の悪いルミ子の義母は「文句があるなら出ていけばいいだろ?」、「それでも、お前は母親か!」と、ルミ子にきつく当たる一方で、自分の娘には過剰な優しさで接する一面を持つというクセの強いキャラクター。この2人の母親が物語をどうかき乱していくのかも非常に気になるところ。

母、娘、ママ、義母を戸田、永野、大地、高畑という実力派女優が熱演する本作。事件はなぜ起きたのか?“母性”に狂わされたのは誰なのか?原作者の湊かなえが絶賛コメントを寄せた映画に乞うご期待。

文/山崎伸子

元記事で読む
の記事をもっとみる