1. トップ
  2. グルメ
  3. 【軽井沢】癒しの森にたたずむ「クレソンリバーサイドストーリー旧軽井沢」で優雅なアフタヌーンティーを

【軽井沢】癒しの森にたたずむ「クレソンリバーサイドストーリー旧軽井沢」で優雅なアフタヌーンティーを

  • 2022.9.13
  • 6646 views

豊かな自然に包まれた高原の避暑地、軽井沢。メインストリートの旧軽井沢銀座商店街を通り抜けた先、緑の木立の中にたたずむレストランが、2021年7月にオープンした「クレソンリバーサイドストーリー旧軽井沢」です。ふかふかの苔庭を眺める森のテラス席に座れば、まるで絵本の中に飛び込んだかのよう。軽井沢の心地よい風を感じながら、人気の苔庭から着想を得たアフタヌーンティーや、信州の食材満載の食事を楽しんでみませんか。

動物も遊びにやって来る、豊かな自然に抱かれたレストラン

丸太を思わせる特徴的なエントランス
丸太を思わせる特徴的なエントランス

「クレソンリバーサイドストーリー旧軽井沢」は、東京ばな奈やシュガーバターの木、ねんりん家などを運営する、株式会社グレープストーンによるレストラン&パティスリー。広大な敷地のすぐ脇には小川が流れ、その水辺にクレソンが自生していたことから、この場所を「クレソンリバーサイド」と名付けたそうです。さまざまな動物が暮らしている旧軽井沢の森。“人と、自然と、動物の共生”をコンセプトに、清流も苔の庭も木々もできるだけそのままの形で残し、豊かな自然に溶け込むようにレストランがあります。

ワインカーヴのような空間には自家製シードルなどが並びます
ワインカーヴのような空間を通ってレストランへ
アプローチにはシードル・ワインなどのオリジナルドリンクが並びます
アプローチにはシードル・ワインなどのオリジナルドリンクが並びます

まず目を引くのは、エントランスから続くアプローチ。まるで丸太の中をくぐり抜けるような演出に、心弾ませながらレストランへと向かいます。このアプローチは、庭の古木が朽ちて倒れ、森に暮らす動物たちがそこを行き来している、そんな情景をイメージして作られたそう。丸太の内部はワインカーヴを思わせる空間。オリジナルで開発したシードルや、ノンアルコールソーダなどのドリンクが並んでいます。

心地よい苔庭のテラスで、憧れのアフタヌーンティーを

季節のアフタヌーンティーセット8,910円(サービス料10%別、写真は2名分)。フルーツソースで味わうグリーンサラダ、テイクアウトでも人気の森の焼きりんごパイも付きます
森のアフタヌーンティー1名6050円(サービス料10%別途、写真は2名分。注文は1名〜)。フルーツソースで味わうグリーンサラダ、テイクアウトでも人気の森の焼きりんごパイ付き

レストランの名物は、「森のアフタヌーンティー」。3段のプレートには、自家製パンで作るサンドイッチやケークサレなども盛り込まれるため、ランチ代わりにオーダーする人も多いそうです。

アフタヌーンティーを手がけるのは、熊谷七海パティシエール。この場所、この瞬間にしか味わえない、とびきりのメニューで、おもてなしをしてくれます。軽井沢の森に棲むイノシシの赤ちゃんをモチーフにした「ウリ坊モンブラン」や、鳥たちの巣を模してカダイフ(糸状の生地)をまとわせたシュークリーム、上部を抹茶パウダーで覆って苔庭をイメージした「クレームマスカルポーネシトロン」など、見た目でも楽しませてくれます。

上段のドゥミセック(焼き菓子)やショコラも、丸太をかたどったり、どんぐりを表現していたりと、遊び心にあふれています。コーヒー、紅茶、ハーブティーが好きなだけ味わえるのも魅力。森の動物たちに想いを馳せながら、贅沢なティータイムを過ごしましょう。

テラスでも食事やお茶が楽しめます
テラスでもアフタヌーンティーや食事が楽しめます
デッキから伸びる大きな木。木漏れ日と木々のざわめきが心地いい
デッキから伸びる大きな木。風にそよぐ葉音が心地いい

天気のいい日はぜひテラス席へ。デッキからところどころに木が生えているように見えるのは、以前からある自然を損ねないよう、建物をデザインしたから。木洩れ日がきらめいて、すがすがしい時間が流れます。予約の際、テラス席のリクエストもできます。

パティスリーとレセプションを抜けた先にレストランが
天井が高くシックな印象のレストラン
大きな窓から庭を眺める窓際席も人気です
大きな窓から庭を望める窓際席も人気です

レストランは天井が高く開放感あふれる空間で、大きな窓からは美しい緑の木立と苔庭が眺められます。ディナータイムには、テーブルのキャンドルに火が灯され、グッと大人の雰囲気に。

こだわりのオリジナルドリンクを食事とともに

CRESSON RIVER ぶどうソーダ(左)1,100円、季節のハーブコーディアルソーダ1,430円
(左から)「CRESSON RIVER ぶどうソーダ」1100円、「季節のハーブコーディアルソーダ」1430円(ともに、サービス料10%別途)

レストランでは、フレンチベースの洗練された料理に合うよう、独自に開発したオリジナルドリンクを揃えています。おすすめは、長野県産リンゴ100%のお酒シードルや、リンゴとブドウをブレンド発酵させた果実酒、シードル・ワイン。長野県産品種にこだわり、配合比率や使用酵母、醸造スタイルすべてにこだわって生まれた逸品です。

ノンアルコールなら、長野県産フルーツの果汁に時間をかけて炭酸ガスを注入した、オリジナルソーダを。リンゴまたはブドウ100%のソーダが、喉をシュワッと潤してくれます。このほか、自家製スムージーやフルーツのトニックソーダなどもあり、ドライバーやお酒が苦手な人にもうれしいラインナップです。

信州の食材を中心に、フレンチの技法をかけあわせて

夏のクレソンリバーランチ6,600円(サービス料10%別)より、クレソンが主役のアミューズ
「夏のクレソンリバーランチ」6600円(サービス料10%別途)より、クレソンが主役のアミューズ

都内の名店を経て、フランスの星付きレストランで腕を磨いた芝宝洋シェフによる、ランチのコースも見逃せません。信州の旬の野菜をふんだんに使った、色鮮やかな料理で目と舌を楽しませてくれます。「季節のクレソンリバーランチ」のアミューズは、「クレソンの愉しみ」と題したサラダ。やわらかいフレッシュなクレソンと、米粉をまぶして揚げたクレソン、信州産ジャガイモのチップを、レモンのドレッシングでさっぱりといただきます。炒ったアンチョビとクルミ、パン粉のカリカリ感がアクセントに。

旬野菜の菜園仕立て〜最大限に美味しい調理法で 夏の旧軽井沢〜。シェフの家の庭や店先で採れたハーブが使われることも
「旬野菜の菜園仕立て〜最大限に美味しい調理法で 夏の旧軽井沢〜」。シェフの家の庭や店先で採れたハーブが使われることも

前菜の彩りの美しさにも思わずため息が。「旬野菜の菜園仕立て」には、芝シェフが軽井沢の農園や直売所で選んだ旬の野菜が20種類以上も使われています。フレッシュな生野菜に加え、マリネ、ロースト、フリットや乾燥、発酵など、さまざまな調理法で野菜のおいしさを引き出し、一皿に組み立てています。ひと口味わうごとに驚きが感じられ、笑顔になれる一品です。

選べるメインより、信州産「旨みアピール」の強い豚肉のロティ〜香ばし野菜を添えて〜。温かいパンも付きます
選べるメインより、「信州産 旨みアピールの強い豚肉のロティ〜香ばし野菜を添えて〜」。温かいパンも付きます

メインディッシュは、本日のおすすめメニューから選べます。この日は、信州のブランド豚、安曇野放牧豚を使ったロティ。肉質はきめが細かく、野性味ある食感。甘みのある脂が広がって、シェリービネガーを使った酸味のあるソースとよく合います。付け合わせの野菜のおいしさも感動的です。低温でローストすることで、野菜の旨みをぎゅっと凝縮。小さなキューブのリエットも添えて。

フレッシュマンゴーのババと柑橘のソルベ 杏仁クリーム ライムの香り
「フレッシュマンゴーのババと柑橘のソルベ 杏仁クリーム ライムの香り」

デザートは、季節のデザートより1品チョイス。マンゴーと柑橘、杏仁のコンビネーションが、ひんやりとした爽やかさを運んでくれます。食後のドリンクは、コーヒー、紅茶、ハーブティーの中からお好きなものを。心地よい風が吹き抜けるテラスで、ゆったりとした時間が過ごせます。

庭の樹木はカエデが中心で、秋の紅葉も見事。冬は葉が落ち、遠くの山々が美しく見渡せるそう
庭の樹木はカエデが中心で、秋の紅葉も見事。冬は葉が落ち、遠くの山々が美しく見えるそう

2022年7月にはパティスリーがオープン

軽井沢みやげがそろうパティスリー&ショップ
軽井沢みやげが並ぶパティスリー
メープルが香る自家製カスタードをたっぷり包んだシュークリーム400円
自家製カスタードがたっぷり入った「森のシュークリーム」1個432円

2022年7月、館内にテイクアウト専門のパティスリー(スイーツショップ)がオープン。アフタヌーンティーにも登場する、紅玉と信州産グラニースミス、発酵バターで作る「森の焼きりんごパイ」、濃厚なコクとなめらかな食感が楽しめる「旧軽井沢チーズケーキ」など、オリジナルのスイーツがショーケースに並びます。「森のシュークリーム」は、ブルボンバニラが香る自家製カスタードを注文後に詰めてくれる一品。ザクザク香ばしいシュー生地とクリームの相性が抜群です。

さっくり、軽やかな口当たり。いのさぶれ4枚入り777円
「いのさぶれ」4枚入り777円。プレーンナッツとショコラナッツ、どちらもほのかにハーブが香ります

森に暮らすイノシシをモチーフにしたサブレ「いのさぶれ」は、2022年8月に登場した新商品。手のひらいっぱいの大きめサイズで、さっくり、軽やかな口当たりです。配送不可のため、ここでしか手に入らないレアな逸品。軽井沢の思い出に、またギフトとしてもぴったりです。

ここにあった自然を生かしてレイアウトされた建物。夜には美しくライトアップされます
もともとあった自然を生かしてレイアウトされた建物。夜には美しくライトアップされます

軽井沢の四季折々の自然に包まれたテラスで、見た目も華やかなアフタヌーンティーや地元食材のランチを味わう贅沢な時間。自分へのご褒美に、とっておきの記念日に、ぜひ訪れてみたい一軒です。

■クレソンリバーサイドストーリー旧軽井沢(くれそんりばーさいどすとーりーきゅうかるいざわ)
住所:長野県北佐久郡軽井沢町大字軽井沢字木戸根680-1
TEL:0267-46-8037
営業時間:カフェ11時30分〜17時(16時LO)、ランチ11時30分〜15時(13時30分LO)、アフタヌーンティー11時30分〜17時(15時LO)、ディナー17〜21時(19時LO) ※季節により変更になる場合あり
定休日:不定休、冬季休業予定(期間はホームページで要確認)

Text&Photo:塚田真理子

●新型コロナウイルス感染症対策により、記事内容・営業時間・定休日・サービス内容(酒類の提供)等が変更になる場合があります。事前に店舗・施設等へご確認されることをおすすめします。
●店舗・施設の休みは原則として年末年始・お盆休み・ゴールデンウィーク・臨時休業を省略しています。
●掲載の内容は取材時点の情報に基づきます。内容の変更が発生する場合がありますので、ご利用の際は事前にご確認ください。
●旅行中は「新しい旅のエチケット」実施のご協力をお願いします。

元記事で読む
の記事をもっとみる