1. トップ
  2. グルメ
  3. 旬の食材を活用!カフェ・レストラン『ゆとりの空間』に秋の味覚を楽しむメニュー登場

旬の食材を活用!カフェ・レストラン『ゆとりの空間』に秋の味覚を楽しむメニュー登場

  • 2022.9.9
  • 246 views

カフェ・レストラン『ゆとりの空間』では、9月6日(火)から秋の季節限定メニューを提供中だ。

カフェ・レストラン『ゆとりの空間』

[caption id="attachment_753967" align="aligncenter" width="600"]

©︎ゆとりの空間[/caption]

カフェ・レストラン『ゆとりの空間』は、家庭料理をベースに、四季折々の彩り豊かな食材を使った食事や、食感や独創的な組み合わせにこだわったパフェやスイーツなど、「ゆとりの空間」オリジナルのメニューが楽しめる。

秋らしいきのこを使ったかき揚げ丼

秋の季節限定メニューには、旬の食材を使った彩り豊かな新メニューが登場。食事メニューには、豊かな香りと食感が魅力のきのこをたっぷり楽しめるメニューが用意された。デザートは、栗やさつまいも、りんごなどを使った秋を感じるスイーツが登場している。

秋らしいきのこごはんに、サクサクのかき揚げと、カリッと揚げたごぼうがトッピングされた「きのこごはんとエビのかき揚げ丼」1,430円(税込)、日比谷店は1,485円(税込)。

そのままかき揚げ丼としても、好みで別添えの甘辛だれとだし汁を注いでお茶漬けとしても楽しめる。2021年の秋にも発売され、好評により今秋も再び期間限定メニューとして復活した。

紫芋や栗を使ったパフェにさつまいものケーキ

「りんごと塩キャラメルのブリュレパフェ」は、なめらかな塩キャラメルのムースと、さわやかなりんごのコンポートを合わせ、表面をキャラメリゼしてブリュレ風に仕上げられている。

紫芋クリームと黒ごまを練り込んだクランブルを合わせた「紫芋と黒ごまのパフェ」や、濃厚なマロンクリームにさっぱりとしたベリーのジュレを合わせた「栗とベリーのパフェ」など、秋ならではの食材を使用。さまざまな食感や味の変化を楽しめるパフェが取り揃えられた。

料金は各880円(税込)、日比谷店は935円(税込)。14時30分からの提供となっており、日比谷店では終日提供されている。

ふわっとやわらかくもちもち食感の生地に、濃厚な紫芋クリームと、やさしい甘さのさつまいもを合わせた「季節のショートケーキ~さつまいも~(ドリンク付)」1,155円(税込)、日比谷店は1,265円(税込)。

さっぱりとしたベリーのソースをかけて、味の変化を楽しめる。

秋が旬の素材を使った豪華なランチメニュー

また、選べるメインのおかずと副菜やごはん、みそ汁などがセットになった人気のランチメニューが秋メニューにリニューアル。

「栗原さんちのごちそうお昼ごはん」は、メインのおかずから2品と副菜2品、白米または雑穀米、みそ汁、香物、ミニデザート1品、ドリンクのセット。 料金は2,035円(税込)、日比谷店は2,090円(税込)。

「栗原さんちのお昼ごはん」は、メインのおかずから1品と副菜3品、白米または雑穀米、みそ汁、香物のセットだ。料金は1,485円(税込)、日比谷店は1,540円(税込)。

人気の「揚げ鶏のねぎソース」に加え、秋野菜をたっぷり使った「ヤンニョムチキンと秋野菜のチーズソース」や、コンデンスミルクの甘みとレモンの酸味が効いた「エビとブロッコリーのマヨネーズソース」が、メインのおかずに登場。

また、セットの副菜もきのこのクリームコロッケなど、秋の食材が使用され、彩り豊かなランチメニューを楽しめる。

そのほかにも季節限定メニューが登場。

販売店舗は、大丸札幌店、日比谷店、大丸京都店、大丸神戸店、鶴屋百貨店、宮崎山形屋店、山形屋店。なお、NU茶屋町プラス店はメニューが異なる。

カフェ・レストラン『ゆとりの空間』で、秋ならではのメニューを堪能しよう。

カフェ・レストラン『ゆとりの空間』メニュー詳細:https://www.yutori.co.jp/shop/pages/restaurant_menu.aspx

(佐藤 ひより)

元記事で読む
の記事をもっとみる