1. トップ
  2. 主人公憧れのアイドルを演じた元乃木坂46・北野日奈子「最速でアイドルに戻った」<少年のアビス>

主人公憧れのアイドルを演じた元乃木坂46・北野日奈子「最速でアイドルに戻った」<少年のアビス>

  • 2022.8.29
  • 153 views
ドラマ「少年のアビス」の完成披露トークイベントが開催
ドラマ「少年のアビス」の完成披露トークイベントが開催

【写真】役柄とはいえ、自身でも「最速でアイドルに戻った」と驚いた元乃木坂46・北野日奈子

8月29日、東京カルチャーカルチャーにて、9月1日(木)よりMBSドラマ特区枠にてスタートするドラマ「少年のアビス」(毎週木曜深夜0:59ほか、MBSほか)の完成披露トークイベントが行われ、主演の荒木飛羽をはじめ、北野日奈子、堀夏喜、松井玲奈が登壇した。

同作は、2020年から「週刊ヤングジャンプ」(集英社)で連載が始まり、累計発行部数100万部突破の峰浪りょう原作の大人気コミック。閉塞感が漂う小さな田舎町で、行き場がない少年とその家族、幼なじみ、教師ら強烈な個性を放つ登場人物たちの“心中”から始まるスーサイドラブストーリー。

主人公で、生まれ育った環境に縛られ、絶望の淵にいた高校2年生の黒瀬令児を荒木飛翔が演じ、憧れのアイドルグループのメンバー・青江ナギを北野日奈子、令児をパシリに使う旧友・峰岸玄を堀夏喜、令児の担任・柴沢由里を松井玲奈が演じる。

連続ドラマ初主演に不安も「幸せな時間でした」

連続ドラマ初主演の荒木飛翔は「今まで感じたことのないほどの緊張とプレッシャーだった」と振り返る
連続ドラマ初主演の荒木飛翔は「今まで感じたことのないほどの緊張とプレッシャーだった」と振り返る

同作が連続ドラマ初主演となる荒木は「初主演で、大好きな黒瀬令児を演じさせていただいて幸せだった。それと同時に今まで感じたことのないほどの緊張とプレッシャーを感じました」と不安だったと吐露。いざ現場に入ってみると「皆さん優しくて、温かい現場で、あっという間に撮影が終わって、本当に幸せな時間でした」と撮影を振り返った。

さらに「本当に大好きな作品で、大好きな男の子なので本当に幸せだったのと、どう周りを巻き込んでいこうかとかいろいろ考えて演じました」と令児を演じた感想も。

北野日奈子「(アイドルな)部分は衰えていなかった」

役を通じて新たな自分と出合えたと語る北野日奈子
役を通じて新たな自分と出合えたと語る北野日奈子

令児の憧れの存在であるナギを演じる北野は、乃木坂46を4月末に卒業したばかりとあって「最速でアイドルに戻った感じです(笑)」と笑い、「青江ナギちゃんのアイドルシーンの撮影で、当日に振り入れをして頂いたんですけど、20分とか30分で覚えられてので自分の(アイドルな)部分が衰えていなかったんだなと思いました」。役に関しては「青江ナギちゃんはクールなんですけど、私にはクールな面が1ミリもないので(笑)、結構正反対ではあるんですけど、人間の芯の持っているカラーはすごくナギちゃんと近い物があったので、演じていて改めて知る自分の感情に出合えたのがすごくすてきな経験でした」と振り返った。

役柄とはいえ胸を痛めた堀夏喜

主人公の令児をパシリに使う峰岸玄役の堀夏喜は「かわいい飛羽くんをパシリに使って胸が痛い」
主人公の令児をパシリに使う峰岸玄役の堀夏喜は「かわいい飛羽くんをパシリに使って胸が痛い」

峰岸玄役の堀は「不良役で、こんなにもかわいい飛羽くんをパシリに使って胸が痛い。原作もしっかり読ませて頂いて、すごく印象に残るキャラクターで、準備して(撮影に)臨ませていただきました」と振り返る。

精神をすり減らしながら演じた松井玲奈

令児の担任・柴沢由里の松井玲奈は「この役を今やらずしていつやるんだ」とオファー時を振り返る
令児の担任・柴沢由里の松井玲奈は「この役を今やらずしていつやるんだ」とオファー時を振り返る

令児の担任・柴沢由里は、ある日を境に感情が爆発していくちょっと狂気めいた役どころ。2話の予告でその一片が垣間見えるということで松井は「全部見るとまたちょっ違う風に見えるという…後ではホラーだねっていう」と意味深発言。

演じてみて、「お話をいただいたときはまっすぐな先生のイメージがあって、今回はちゃんとした先生役かと思っていたんですけど、原作を読めば読むほどこんなに面白いキャラクターはいないなというか、この役を今やらずしていつやるんだ、もう二度と出合えないかもしれないと思わせてくれる魅力的なキャラクターだったので、精神をすり減らしながら“柴ちゃん先生”を演じることを楽しみました」と振り返った。

元記事で読む
の記事をもっとみる