1. トップ
  2. スキンケア
  3. 美肌効果にも注目が集まる「オーツ麦」配合のビューティープロダクト4選

美肌効果にも注目が集まる「オーツ麦」配合のビューティープロダクト4選

  • 2022.8.28
  • 760 views

敏感肌のSOSに応える「オーツ麦」が話題沸騰中!

オーツ麦
出典:byBirth

感染症の大流行によって世のウェルネス志向が高まりを見せている近年、とても身近な存在になった「オーツ麦」。

健康維持やダイエットに役立つのはもちろんのこと、炎症や痒みを鎮めながら水分を補い、肌表面の常在菌の働きをサポートしてくれたりと、敏感肌にとって嬉しい効果を発揮してくれることでも注目を浴びています。

さらに強力な抗酸化物質(フラボノイド)が含まれているため、大気汚染や紫外線ダメージなどによって引き起こされる肌荒れの連鎖を未然に回避するサポートができるのも頼もしいポイント。

肌のコンディションが悪いときこそ「オーツ麦」が含まれたメイクアップアイテムやスキンケアアイテムを取り入れて、肌本来の底力を呼び覚ましていきましょう!

美肌効果にも注目が集まる「オーツ麦」配合のビューティープロダクト4選

1. GLAMGLOW(グラムグロウ) ジェントルバブル(TM)・デイリー・コンディショニング・クレンザー

即効性のある画期的なプロダクトがこれまでに数々のビューティーアワードを獲得している、アメリカ発のスキンケアブランド「GLAMGLOW(グラムグロウ)」。

潤いを逃さずメイク汚れや不純物を軽やかに取り除くこちらのクレンジングジェルには、肌のバリア機能を高める「オーツ麦」「ビタミンE」「TEAOXI グリーンティーリーフ(特許成分)」「リンゴエキス」などの美容成分がブレンドされています。

至福の肌触りを叶えるきめ細かな泡立ちや、虹のように色鮮やかに輝くパッケージデザインにもうっとり。

2. Verso Skincare(ヴェルソ スキンケア) アイクリーム

スカンジナビア航空のビジネスクラスでアメニティーに採用されているほどの実力を誇る、スウェーデン発のスキンケアブランド「Verso Skincare(ヴェルソ スキンケア)」。

「オーツ麦」や「酵母エキス」を配合しているこちらのアイクリームは、目元のくすみやエイジングサインに働きかけながら潤いを巡らせ、弾むように生き生きとした眼差しへと導きます。

ベタつきの残らない滑らかな使い心地でありながらも日中の乾燥ダメージとは無縁になり、日頃の疲れが現れやすい目元にとって心強い救世主となってくれること間違いなし。

3. Sol de Janeiro(ソル・デ・ジャネイロ) ブラジリアン・ヌード・ボディ・モイスチャライザー・ローション

美の基準に縛られないブラジルの精神に触発された、アメリカ発のボディケアブランド「Sol de Janeiro(ソル・デ・ジャネイロ)」。

ムダ毛処理後のデリケートな肌にも最適なこちらのボディクリームは、「オーツ麦」「クプアスバター」「パッションフラワー」などの美容成分が炎症を鎮めながら濃密な潤いを与え、日中のあらゆるダメージにも負けないしなやかな柔肌へと整えてくれます。

サイズは持ち運びに便利な200mlと、ポンプタイプでたっぷり使える385mlの2種類をラインナップ。

4. Sans Ceuticals(ソンズ・シューティカルズ) バリア・リストア・ボディ+ハンド・バター

ナチュラルでありながらも最先端科学に基づいて開発されたハイブリッドなプロダクトを取り揃える、ニュージーランド発のクリーンビューティーブランド「Sans Ceuticals(ソンズ・シューティカルズ)」。

手肌を含め全身に使うことができるこちらの保湿クリームは、抗炎症効果を発揮しながら美肌の生成を促す「オーツ麦」「マヌカハニー」「ナイアシンアミド(ビタミンB3)5%」「カワカワエキス」など、選りすぐりの希少な美容成分を惜しみなく配合しているのが大きな特徴です。

妊婦さんでも安心して取り入れられるほど安全性が高く、シトラスとバニラを基調にした思わず顔がほころぶような香り立ちにも心酔。

いかがでしたか?

オーツ麦
出典:byBirth

玄米の約3倍もの食物繊維を含有している「オーツ麦」には、偏った食習慣などによって乱れがちな腸内環境を整えてくれる働きもあるため、インナーケアとして日頃から取り入れておくことでヘルシーな美肌づくりに大貢献してくれるはずです。

元記事で読む
の記事をもっとみる