1. トップ
  2. 「よし、東大へ行こう」平凡な主婦がようやく見つけた本当にやりたいこと 【ただの主婦が東大目指してみた】

「よし、東大へ行こう」平凡な主婦がようやく見つけた本当にやりたいこと 【ただの主婦が東大目指してみた】

  • 2022.8.25
  • 4375 views
人生が動き始めた感じがする…! (C)ただっち/フォレスト出版
人生が動き始めた感じがする…! (C)ただっち/フォレスト出版

イラストレーター・WEB漫画家として活動するアラサー主婦のただっちさん。苦手な家事全般を適当にこなしつつ、昼夜逆転の自堕落な生活を続けていたところ、夫のガマンが限界に。改心して完璧な家事を目指すも、心は苦しくなるばかりでした。そこで、ただっちさんが現状を打破するために掲げた目標が「家事は捨てて、東大に行く!」。

受験勉強は思ったように進まず、願書は郵便局に駆け込み当日提出というハラハラドキドキの展開…。アラサー主婦が「東大合格」という壮大な目標に立ち向かう、ノンフィクションエピソードをご紹介します。

「私の人生はこんなもの」とあきらめず、自分のやりたいことにまっすぐ立ち向かうただっちさんの姿に勇気をもらえます。

※本記事はただっち著の書籍『ただの主婦が東大目指してみた』から一部抜粋・編集しました

大好きな夫とたくさん一緒に過ごす、できれば子どもも…。そんな希望を捨てずにアラサー主婦が追いかけられる夢って何? 例えば東大とかで学問の道へ進む…とか?

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

調べたところ、私が東大生になるには三種類の方法があるようだ。

私が東大生になるには三種類の方法があるようだ (C)ただっち/フォレスト出版
私が東大生になるには三種類の方法があるようだ (C)ただっち/フォレスト出版

学部入試だと8科目やらなきゃいけないけど、編入か院試だと英語と仏語と専門科目、あと論文と研究計画書とプレゼン?

早いやつで3ヶ月後に入試があるんだ。

死ぬ気でやればもしかしたら……

でもなぁ、東大出身じゃないのに編入や院試で合格しても……

学部入試の難易度が、高すぎるんだもの (C)ただっち/フォレスト出版
学部入試の難易度が、高すぎるんだもの (C)ただっち/フォレスト出版

私も何回か芸能人の学歴を調べて、言った覚えがあるぞ。

それは仕方ないか。学部入試の難易度が、高すぎるんだもの。

ところで、私は何の研究者になりたいんだろう?

なんのためのだれのための研究で、何が実現する研究なの?

考えを巡らせてるとき、ふわっと

心療内科の先生のことが頭に浮かんだ (C)ただっち/フォレスト出版
心療内科の先生のことが頭に浮かんだ (C)ただっち/フォレスト出版

心療内科に行って、自分の“皮膚むしり”が自分のせいではないって知って、とても楽になった。

きっとADHDについても相談しにいけば、もっと楽になるんだろう。

……きっと人間の幸福度を決めるものって、“心”や“脳”の使い方なんだ。

どうせ努力するなら、自分みたいに苦しんでた人を少しでも楽にできることに、役立ちたい。

見つけたぞ。

私の夢。

自分みたいに苦しんでた人を少しでも楽にできること (C)ただっち/フォレスト出版
自分みたいに苦しんでた人を少しでも楽にできること (C)ただっち/フォレスト出版

研究者になるには東大で勉強して博士号を取るのが、きっと一番いい。

時間はかかるけどやりたい学問の基礎もないし、やっぱり学部からやり直そう。

よし、東大へ行こう。

人生が動き始めた感じがする…! (C)ただっち/フォレスト出版
人生が動き始めた感じがする…! (C)ただっち/フォレスト出版

タッと何かがはまった感覚が、私の頭をかなり興奮させた。

-----------------------------------

「東大に行って研究者になりたい」という明確な目標が見つかったただっちさん。何かに向かって打ち込むことで、前向きに過ごせるようになると良いですね。

著=ただっち/『ただの主婦が東大目指してみた』(フォレスト出版)

元記事で読む
の記事をもっとみる