目に良いだけじゃない!カラダを内側から美しくする『ブルーベリー』

瞳の健康を保つフルーツとして有名な『ブルーベリー』ですが、『ブルーベリー』の魅力は瞳の健康だけではなかったのです。腸内環境美化や、弾力のない老け顔を作ってしまう「糖化」対策にも有効だとか!? 身近なスーパーフード『ブルーベリー』には、どんなビューティーパワーがあるのでしょうか?

■『ブルーベリー』のビューティーパワー 3つ

(1)「糖化」対策にも『ブルーベリー』

ブルーベリーに含まれるポリフェノール「アントシアニン」には、血液中の糖を細胞に届ける働きを高める作用があります。 私たちの身体は、血液中に糖が増えるとインスリンの働きにより糖が細胞に取り込まれ血糖値を安定させるのですが、この時、“糖を細胞に運ぶ”という重要な役割を果たしているのが「Glut4」と呼ばれるタンパク。Glut4は、通常は細胞の中に存在していますが、中部大学津田研究室の研究によれば、アントシアニンによってその発現が高まり、糖を細胞にスムーズに運び、血糖値を安定させるサポートになっているのではないか、とのこと。 血液中の糖が、スムーズに細胞に取り込まれエネルギーとして使われないと、あまった糖はコラーゲンなどのタンパク質と結びつき、固く弾力のない糖化した細胞に変わってしまいます。これは、顏だけでなく全身で起こること。老け顔予防にも、お腹のタルミ予防にも「アントシアニン」ですね!

(2)食べ過ぎちゃったリセットにも『ブルーベリー』

同大学の研究によれば、同じ食事内容であっても「アントシアニン」を一緒に食べることで、食べ物の脂肪から引き起こされる体脂肪の蓄積、脂肪細胞の肥大、脂肪肝、高血糖などを予防する効果があるとのこと! 今日は食べ過ぎちゃった…と思ったら、すかさず『ブルーベリー』でリセットですね!

(3)腸内美化にも『ブルーベリー』

日本ブルーベリー協会によれば、ブルーベリーには、既に腸内に住み着いているビフィズス菌などの善玉菌を増やす働きがある、とのこと!ヨーグルトなどの発酵食品で善玉菌を補うことは大切なことなのですが、外から入ってきた善玉菌は腸内に住み着くことができません。既に住み着いている善玉菌を増やす効果のあるブルーベリーは腸内環境美化に最適!

■『ブルーベリー』の効果的な食べ方は?

ブルーベリーは、生で食べるのがおススメ。「アントシアニン」などのポリフェノールは、水溶性の物が多く煮たり焼いたりすることで流れ出てしまいます。 また、日本ブルーベリー協会によれば、糖化予防には、こぶし大ほどのブルーベリーを1日2回食べるのが効果的とのこと。そのまま生で食べられますから、おやつにおススメ。

『ブルーベリー』は、いつでも手に入り価格も安定しているのもおススメの理由の一つ。瞳だけでなくカラダ全体を美しくする『ブルーベリー』を毎日の習慣にしてみてはいかがでしょうか。 (岩田麻奈未)

元記事を読む
提供元: ごきげん手帖の記事一覧はこちら

FEATURE

サービス統合のお知らせ
Yahoo! BEAUTYをご利用の皆さまへ
より良いサービスをご提供するため、Yahoo! BEAUTYは2018年6月20日(水)を
もちまして、姉妹サービスであるTRILLへ統合いたしました。
新しくなったTRILLをぜひお楽しみください!
  • 「App Store」ボタンを押すと iTunes(外部サイト)が起動します。
  • アプリケーションは iPhone、iPad または Android でご利用いただけます。
  • Apple、Apple のロゴ、App Store、iPod のロゴ、iTunes は、米国および他国の Apple Inc. の登録商標です。
  • iPhone は Apple Inc. の商標です。
  • iPhone 商標は、アイホン株式会社のライセンスに基づき使用されています。
  • Copyright (C) 2017 Apple Inc. All rights reserved.
  • Android、Android ロゴ、Google Play、Google Play ロゴは、Google Inc. の商標または登録商標です。