1. トップ
  2. おでかけ
  3. 鶴田法男監督によるAIサスペンススリラー『戦慄のリンク』12月23日公開 日本版ポスターも

鶴田法男監督によるAIサスペンススリラー『戦慄のリンク』12月23日公開 日本版ポスターも

  • 2022.8.19
  • 308 views
『戦慄のリンク』©2020伊梨大盛传奇影业有限公

鶴田法男監督が中国で新たに仕掛けたAIサスペンススリラー『戦慄のリンク』が、12月23日より新宿シネマカリテほかにて全国ロードショーされることが決定した。

本作は、『リング0』『おろち』の鶴田監督が、中国の小説家マー・ボオンの原作を基に、SNSなどを介して参加者を洗脳し自殺に扇動するなど、ロシアから世界を巻き込んで大問題となった青い鯨(ブルーホエール・チャレンジ)事件からインスピレーションを受け、ネット小説を読んだ人たちの無残な死を迎える事件を解明しようとする若者たちを描き誕生させたサスペンススリラー。

ネット小説に仕組まれた恐怖が、読んだ人間の心理を利用し、無意識の感覚に恐怖を増大させて死を迎えさせる。映画本編に仕組まれたギミック映像とともに、恐怖の謎が解き明かされる本作のイメージを、あわせて公開された日本版ポスターに投影させている。

主演を務めたのは、『返校~言葉の消えた日』やジャッキー・チェン製作の中国ドラマ『成化十四年~都に咲く秘密~』などで知られる台湾の人気俳優でフー・モンポーと、Netflix『流星花園2018』などで知られる中国の若手女優スン・イハン。撮影に『鎌倉殿の13人』(NHK総合)の神田創、編集に『クライマーズ・ハイ』の須永弘志、音響効果に『事故物件 恐い間取り』の大河原将、照明に『私はいったい何と闘っているのか』の丸山和志、音楽にアニメ『約束のネバーランド』の小畑貴裕と、日本のスタッフたちが集結している。(リアルサウンド編集部)

元記事で読む
の記事をもっとみる