1. トップ
  2. 恋愛
  3. ついドキッとしちゃう… 男性が【興味のなかった女性】を「好きになるきっかけ」4つ

ついドキッとしちゃう… 男性が【興味のなかった女性】を「好きになるきっかけ」4つ

  • 2022.8.18
  • 2718 views

特別な想いを抱いていなかった相手のことを、ふとした瞬間に気になり始めることもあるでしょう。さらに、そこから恋心が芽生えて、どんどんと相手のことを好きになっていくというケースだってあるかもしれません。そこで今回は、男性が興味のなかった女性を「好きになるきっかけ」について紹介します。

「意外な一面」を見た

「普段あまり笑わない人が笑っているのを見ると、ものすごくドキッとしますね。それからどんどん気になり始めることもあるかも」(20代・男性・WEBデザイナー)

ギャップに弱い男性は多いようです。意外な一面を見ると心が揺さぶられるのでしょう。わざとギャップを作る必要はありませんが、あなたの様々な面を見せられるように行動するのは良いことかも。

あなたが自信をもっている部分だけでなく、自信がないと感じている部分や素の部分もさらけ出していくことで、相手はあなたに親しみを感じるようになるはずです。

「一緒に取り組むもの」があった

「一緒に仕事をすると、やっぱりそこから仲良くなっていきますね。そして、そのまま好きになっちゃうこともあります」(30代・男性・営業)

仕事で同じチームになったり、幹事の役目を一緒に引き受けたりすると、必然的に距離が縮まりやすくなりますよね。仲良くなって、お互いのことを理解していくうちに、好意を抱き始めることもあるでしょう。

力を合わせて何かに取り組むことで、信頼や絆が深まり、お互い“大切な存在”と感じるようになるかもしれません。

「必要」とされた

「僕のことを頼ってくれる女性のことは、すごく気になります。必要とされると、嬉しさもありますね」(30代・男性・公務員)

自分の必要性や存在価値などを示してくれる人に対して、好意を抱く人も多いようです。必要とされるのであれば、「話を聞きたい」「助けたい」といった気持ちがあふれ、やがて好意につながっていくのかもしれません。

すべて自分でやろうとするのではなく、適度に人を頼ることであなたに興味を持ち始める男性が現れるかも。

「好意」を感じた

「いつもやさしく接してくれる女性からは、なんとなく好意を感じることがあります。それに、こちら側からも好意を抱きやすい気がしますね」(20代・男性・不動産)

これまであまり興味のなかった女性であっても、自分に対する好意を感じたら、気にせずにはいられなくなるという声も。「俺のこと好きなのかも」と思い始めたら、逆にその女性のことで頭がいっぱいになることもあるようです。

自分から近づいたり話しかけたりして、それとなく好意を示すようにすると、相手も少しずつあなたに歩み寄ってきてくれるはず。

気になっている男性がいるのであれば、今回紹介したポイントを意識してみるといいかもしれません。うまくいけば、気になっている男性の心をグッとつかめるでしょう。

©ReMa/fotostorm/gettyimages

文・山田周平

元記事で読む
の記事をもっとみる