1. トップ
  2. ヘア
  3. 数か月放置してもおしゃれにキマる!美容師おすすめ「ヘアスタイル」まとめ

数か月放置してもおしゃれにキマる!美容師おすすめ「ヘアスタイル」まとめ

  • 2022.8.17
  • 18337 views

~もっと福岡を、好きになる~「あーね!」って言いたくなる情報を福岡から毎日発信中!

コロナ禍で美容院に行く頻度が落ちたという人もいるのではないでしょうか。そうすると、髪が伸びてヘアスタイルが決まらなかったり、ヘアカラーがしっくりこなくなったりすることも少なくありません。頻繁に美容院に行かなくてもおしゃれヘアを保てたらうれしいですよね。

そこで今回は、これまでARNEで紹介してきた、美容師・HARUNAさんの記事から「数か月放置してもキマるヘアスタイル」をご紹介します。次のヘアスタイルを決めるときの参考にしてみてくださいね。

放置しても大丈夫!おすすめヘアスタイル

毛先の悩みナシ♡切りっぱなしスタイル

髪は1か月に約1cm伸びていくといわれていますが、毛穴ごとに伸びるスピードが違うため、時間が経つと毛先のバラつきが見られることも。時間が経ってもきれいな状態を長持ちさせるには、毛先に厚みを持たせ、パツンと切りっぱなしの毛先にしてもらうのがおすすめ!

「段」を入れずに切りっぱなしの毛先にしてもらう
画像:HARUNA

持ちがよくなるポイントは「段が入っていないこと」。

段をつけずにパツッとした切りっぱなしカットなら毛先のバラつきが防げて、持ちも◎でおすすめです。

「段」を入れずに切りっぱなしの毛先にしてもらう
画像:HARUNA

3~4か月はそのまま伸ばし続けても、シルエットが崩れにくいですよ。

軽い印象に仕上がる!長め前髪ヘア

軽い印象に仕上げたい人におすすめしたいのが、長い前髪を流したショートヘア。前髪を長くすることで、襟足との段差をできるだけ減らすことができます。

前髪長めのスタイルなら、3か月ほど経ってもまとまりが悪くなることはありませんよ。

長め前髪のショートヘア
画像:HARUNA

ボブに比べると多少バランスが悪くなることはありますが、ショートの中でもかなり長持ちするスタイルです。

また、伸びたら襟足だけカットして、簡単にボブに変化させることもできます。

長め前髪のショートヘア
画像:HARUNA

悩んだらおすすめしたいヘアカラー

ここからはヘアカラーについて。比較的長持ちしやすいヘアカラーといえば、ブラウン系。茶色の色素は、黒髪の色素に近く相性がいいので、色落ちを感じにくいのです。

もともとの髪の明るさにもよりますが、3〜4か月は退色特有の黄色くパサついた毛先にならずに過ごせるはず。また、黒髪からほんのり明るい程度のブラウン系カラーの場合は、半年ほどきれいな状態を保てる可能性も。

定番でもツヤ感バッチリ!女優カラー
女優カラー
画像:HARUNA

定番のブラウンベースの色を、私は“女優カラー”と呼んでいます。髪はあえて個性的にしすぎず、でもしっかりと印象に残るヘアカラーを選んでいる女優さんは多いですよね。

女優カラーは、つややかで上品な雰囲気が演出しやすいのが魅力。ヘアカラー初心者の人にもおすすめのカラーです。

シンプルでも女性らしさが出る♡ダークカラー
真っ黒は避けたい!暗色でも垢抜ける「深めのダークグレーカラー」
画像:HARUNA

カラーをほとんどしなくてもいいよう黒髪にしたいけど、真っ黒は避けたい人には深めのダークグレーがおすすめです。

一見黒髪のように見えますが、光に当たるとグレーのやわらかな色合いが映えて、重たくない落ち着きのあるヘアスタイルに。ブリーチをした髪でなければ少しずつ明るくなるため、きれいに退色すれば4~5か月は楽しめます。

また、根元の髪の伸びを感じにくい色味なのも魅力!

個性を出したいなら!ポイントカラー
実は根元の伸びが目立ちにくい!差がつく「ポイントカラー」
画像:HARUNA

最後は、もっとデザイン性のあるスタイルを楽しみたい人向けのヘアカラー。おすすめしたいのは、ブリーチや明るめのカラー剤を使って、部分的に明るさを作ったポイントカラーです。

インナーカラーもポイントカラーの一種で、デザイン次第ではさりげなくも大胆にも変化のきくスタイル。黒髪にブリーチで一部分を明るくすると、根元の伸びが目立ちづらく、さらにおしゃれで今っぽい雰囲気に仕上がるのでおすすめです。

ロングだと半年はそのまま伸ばしても問題ないです。色が抜けたら、新しい色を入れて変化を楽しむことができるので、長く飽きずに楽しめますよ。

実は根元の伸びが目立ちにくい!差がつく「ポイントカラー」
画像:HARUNA

色味やデザインによって、数か月の期間を空けてもすてきなヘアスタイルを保つことは可能です。担当の美容師さんと相談しながら、いろんなヘアスタイルやカラーを楽しみましょう!(構成/ARNE編集部)
※この記事は公開時点での情報です。

元記事で読む
の記事をもっとみる