1. トップ
  2. 恋愛
  3. はっきり言って!「察してちゃん」な彼氏の上手な対処法って?

はっきり言って!「察してちゃん」な彼氏の上手な対処法って?

  • 2022.8.17
  • 923 views

はっきりと意見を言わず、自分の気持ちを相手に察してもらおうとする人って、一緒にいると疲れますよね。もし、彼氏がこのような「察してちゃん」だったら、正直めんどくさいし、かなりストレスが溜まります。上手く付き合っていくには、どんなことに気を付ければ良いのでしょうか?


そこで今回は「察してちゃん」な彼氏の上手な対処法をご紹介します!

スルーする

彼氏の気持ちを察してあげて、要求を聞き入れてあげると「この人は自分のワガママを受け入れてくれる人だ」と勘違いしてしまいます。そのため、はっきりと意見を言おうとしないのであれば、あえて気付かないフリをして、スルーしてしまっても構いません。


自分の要求が通らないと不機嫌になるかもしれませんが、徹底的に無視してしまいましょう。彼女に察してちゃんは通用しないということを理解すれば、次第に態度を改めるはずです。

「どうしてほしいの?」と聞いてみる

彼氏の察してちゃんが発動したときは「じゃあどうしたいの?」「はっきり言ってくれないとわからないよ」と伝えて、自分の言葉で意見を言わせるのも良い方法です。


察してちゃんは基本的に口下手ですから、もしあなたが意見を言うように促しても、すぐに喋ろうとはしないかもしれません。でも、そこでイライラして「もういいよ」と相手の要求を受け入れてしまうと、相手の思うツボ。彼氏がきちんと自分の意見を言うまで、気長に待ってあげましょう。

選択肢を絞って聞いてみる

彼氏が察してほしそうにしていたときは、選択肢を絞って答えさせるという手もあります。「AとBならどっちが良い?」など、二択にして相手に選んでもらいましょう。


察してちゃんは自己主張が苦手な傾向があり「自分の意見を持っているけど、相手に否定されるのが怖くて言い出せない」という場合もあります。選択肢を与えてあげれば、自分の言葉で説明してくれるようになるかもしれませんよ。

一緒に話し合う

察してちゃんな性格は周囲をイライラさせやすく、時には人間関係を悪化させてしまうこともあります。もしかすると、彼氏自身もそんな自分の性格に悩んでいるかもしれません。ですから、彼氏が本気で自分の言動を改めたいと思っているなら、一度ふたりで話し合ってみるのも良いでしょう。


客観的な視点でどこを直せば良いか具体的に伝えてあげると、彼氏も改善しやすいですよ。

「めんどくさい」は言わない方が良い

彼氏が察してちゃんだと、めんどくさいと感じることも多いでしょう。でも、面と向かって
「めんどくさい」と言ってしまうと、彼女に嫌われていると思って拗ねてしまう可能性も。彼氏の気持ちに寄り添いつつ、あなた自身もストレスが溜まらない方法を模索してみてくださいね。


(ハウコレ編集部)



元記事で読む
の記事をもっとみる