1. トップ
  2. ジョニー・デップが25年ぶりにメガホン アル・パチーノと共同製作で有名画家を映画に

ジョニー・デップが25年ぶりにメガホン アル・パチーノと共同製作で有名画家を映画に

  • 2022.8.17
  • 97 views
ジョニー・デップが25年ぶりにメガホン (C)AFLO width=
ジョニー・デップが25年ぶりにメガホン (C)AFLO

1997年の映画『ブレイブ』で映画監督デビューを果たしたジョニー・デップが、映画『Modigliani(原題)』で25年ぶりにメガホンを取ることがわかった。ジョニーとともに、アル・パチーノがプロデューサーを務めるという。

【写真】来日時の写真も多数!「ジョニー・デップ」フォトギャラリー

Deadlineによると、ジョニー・デップが久しぶりにメガホンを取るのは、映画『Modigliani(原題)』。ジョニーとともに、『フェイク』(1997年)で共演したアル・パチーノが共同でプロデューサーを務め、アルと過去4作でパートナーを組んできたバリー・ナヴィディも参加する。

作品は、デニス・マッキンタイアの舞台を基に、イェジー&メアリー・クロモロフスキーが脚本を担当。1916年を舞台に、イタリア人画家モディリアーニの波乱万丈で不穏な生活を、48時間に渡って切り取り、時系列を追って描かれるそう。

モディリアーニについては、2004年にもアンディ・ガルシア主演で伝記映画『モディリアーニ 真実の愛』が公開されている。『Modigliani』は2023年の撮影開始を目指すというが、ジョニーの出演の有無はわかっていない。

ジョニーは、1997年に映画『ブレイブ』で長編映画監督デビュー。製作・監督・主演を務め、マーロン・ブランドが出演したほか、友人でもあるイギー・ホップが楽曲を提供、カメオ出演も果たしている。その後も元パートナーのヴァネッサ・パラディのMVなどを手掛けていたが、長編映画でメガホンを取るのは25年ぶりとなる。

現在は、3年ぶりの主演作となるフランス映画『Jeanne du Barry(原題)』を撮影中で、先日ルイ15世に扮したファーストルックが公開されたばかり。

元記事で読む
の記事をもっとみる