1. トップ
  2. 恋愛
  3. ストレスをセルフコントロールして整える!方法は?

ストレスをセルフコントロールして整える!方法は?

  • 2022.8.17
  • 169 views
ストレスをセルフコントロールして整える!方法は?

どんなに好きな仕事でも、続けていればストレスが溜まることはありますよね。

そのストレスを放置していると、体を壊したり仕事へのモチベーションが損なわれたりと、取り返しのつかない事態に陥るため、早めに対処しなくてはいけません。

そこで今回は、ストレスのコントロール方法を解説します。

ストレスと上手に向き合う力を身につけて、より良い仕事に繋げましょう。

仕事ストレスをコントロールする方法5つ!

仕事ストレスをコントロールする方法を身に付けることは、セルフマネジメントの一環として覚えておいて損はありません。

ここでは、仕事ストレスをコントロールする方法を5つご紹介します。

趣味の時間を作り気分転換する

気分転換の方法として定番なのが、趣味の時間を作ることです。

スポーツや映画鑑賞など、自分の好きなことに没頭するための時間を作りましょう。

しかし、なかには社会人になってからずっと仕事にのめり込んで無趣味になってしまった方もいるかもしれません。

その場合は、前々から気になっていたことを新しく始めてみるなど、興味の向くまま好きなことに挑戦してみるのも良いでしょう。

「仕事とは別のこと」「自分が興味惹かれること」に注力する時間を作ることが、心の余裕へと繋がります。

アロマや音楽など自分が好きなことをする

アロマや音楽は、ストレス発散や心をほぐすことに効果的なリラクゼーションです。

自分好みのものを見つけることはもちろん、リラクゼーション効果があるとされているものを積極的に選んでみるのも良いでしょう。

また、楽しみ方にこだわってみるのもおすすめです。

例えば、自宅でアロマを焚いたり音楽を聴くほか、スパや楽器演奏を聴ける施設に足を運んでみるのも選択肢の1つです。

体を動かして気持ちを前向きにする

体を動かすことには、うつ病の予防をはじめ精神面にも良い影響を与えるとされています。

そこで、自分の好きなやり方で体を動かしてみましょう。

ウォーキングやジョギングはもちろん、好きなスポーツに挑戦してみるのもおすすめです。

特にデスクワークが中心で体を動かす機会がそう多くはない方は、体を動かすと良い気分転換になるかもしれません。

「運動は疲れるから苦手」という場合は、ストレッチやヨガなど、心身を整えられるトレーニングから始めるのも良いでしょう。

睡眠を取って心身の健康を整える

質の良い睡眠を取れることは、ストレス発散と密接な繋がりがあります。

睡眠の質が悪かったり十分な睡眠を取れていないと、心身の疲れは取れず、次第に疲労は溜まっていきます。

そこで、睡眠時間を十分に確保したり、上質な睡眠環境を用意して、心身の調子を整えましょう。

パジャマやベッドシーツを新しいものに変えたり、快眠作用のあるアロマを導入するだけでも、睡眠の質は向上します。

また、寝る直前にスマホを触らず目が冴えないようにすることも、ストレスを溜めない睡眠のコツとして欠かせません。

気持ちを文字に書き出して今の自分を理解する

ストレスが溜まっていると、自分が今どんな気持ちなのか、どうして疲れているのかすら判断がつかない場合があります。

この状態では、ストレスの根元に対処しようにも方法がわかりません。

そこで、自分の今の気持ちを知るために、文字に書き出してみることから始めましょう。

漠然とした不安を抱えているなら、その不安は何が原因なのか、自分が本当は何をしたいのか、思ったことをそのまま書き出します。

一言日記のように、気が向いたときに少しずつ書き出してみるのもおすすめです。

すると、書き出したこと1つ1つは漠然とした内容でも、さまざまな気持ちや悩みをまとめて読み返してみると、解決の糸口が見えてくるかもしれません。

ストレスコントロールを自分で鍛える方法は?

ストレスをコントロールし軽減できる方法は「コーピング」とも呼ばれ、ビジネスの現場でも注目が高まっています。

ここでは、コーピングの第一歩として知っておきたい、ストレスコントロール術を自分で鍛える方法を2つご覧ください。

物事をさまざまな角度から見つめ直す

特定の悩みが原因でストレスを溜めているとき、人は1つの方向からしか物事を見ていない場合が多いです。

例えば、苦手な仕事をしているとき「自分はダメな人間だ」と過度に卑下してしまう方は少なくありません。

しかし、人に向き不向きがあることは当然で、苦手な仕事とは別に得意な仕事もあるでしょう。

また、今任されている仕事は、誰がやっても頭を悩ませる問題の可能性もあります。

しかし、悩んでストレスを溜めているときは「自分は何も出来ない」とネガティブな感情だけが募り、多角的な視点で物事を見る機会はなくなっています。

そこで、普段から意識的に物事をさまざまな角度から見ることを習慣化すれば、苦手なことに当たったときも、ポジティブに物事を考えるきっかけを見出せるでしょう。

自分の今の気持ちをはき出す

ストレスが溜まっているときは、自分の気持ちを頭の中だけで処理することは難しいでしょう。

そこで、自分の気持ちをはき出す機会を作ることも、仕事ストレスのコントロール方法としておすすめです。

文字で書き出してみるのも、気持ちをはき出す手段の1つです。

この方法はストレスが溜まっているときだけでなく、日頃から書き出してみると、自分の気持ちの変化がわかり対処法や悩みの原因がよりわかりやすくなります。

また、自分が何にストレスを溜めやすいのか、苦手としているのかもわかりやすくなるため、ストレスをコントロールする手段として役立つでしょう。

また、気持ちははき出すことそのものでもストレス発散効果があるため、文字に書くだけでなく、人に話を聞いてもらうなど声に出してみるのもおすすめです。

正しいストレスコントロール方法を学んで健康的に仕事をしよう!

正しいストレスコントロール方法は、仕事におけるモチベーション維持やセルフマネジメントにおいて重要なポイントです。

ストレスを溜め続けると、仕事の継続すら難しくなるケースもあるため、我慢せずに上手にコントロールする方法を身につけましょう。

そのためには、自分がストレス発散できる方法を知っておくことはもちろん、自分の今の気持ちを知ることも重要です。

正しいストレスコントロール方法を取り入れて、より良い仕事に繋げましょう。

元記事で読む
の記事をもっとみる