1. トップ
  2. 業務スーパーの味付き肉パック『豚焼肉塩だれ』はねぎ塩レモン味でご飯もお酒もかなりはかどる

業務スーパーの味付き肉パック『豚焼肉塩だれ』はねぎ塩レモン味でご飯もお酒もかなりはかどる

  • 2022.8.17
  • 3453 views

業務スーパーで販売されている『豚焼肉塩だれ』をご存じでしょうか。

豚肉を塩レモンだれで味付けした冷凍惣菜です。豚タンルート(舌の根本の部位)のプリッと柔らかな食感と、レモン果汁の爽やかな風味が特徴的。さっぱりかつ濃厚なおいしさで、がっつり白米がすすむ一品ですよ。

業務スーパー|豚焼肉塩だれ 500g|429円

業務スーパーにて429円(税込、税抜398円)で販売中。内容量は500g、カロリーは100gあたり187kcal(脂質 12.7g、炭水化物 5.1g)。販売は神戸物産、製造はターメルトフーズ(業スーを運営する神戸物産のグループ会社)。

コスパ(単価)は100gあたり約86円。『豚生姜焼き』(500g・473円・約95円/100g)などがラインナップされている冷凍味付き肉シリーズのなかでは、僅差ながら安めのポジションになります。

調理方法は、まず冷蔵庫に1時間くらい置いて、肉同士がほぐれる程度に自然解凍します。あとは弱~中火にかけたフライパンでしっかりと加熱するだけ。3~4分も炒めれば中まで火が通る印象です。

注意点としては、加熱時にタレが滲み出るため、単品だと水気が多くなりがち。余ったタレは切ってしまうか、適当な野菜と一緒に炒め合わせるのがおすすめです。野菜にタレの味が移っておいしく仕上がりますよ。

細かく刻んだ豚タンルートはプリッと柔らかな食感。赤身の歯ごたえは弱いものの、独特のコリコリ弾力感があるマイナー部位です。塩レモンのタレが染みており、程よい塩気とレモン果汁のきつすぎない酸味が広がります。

具材のネギとごま油で香ばしさを足しており、にんにくの主張もちょい強め。爽やかな塩レモンのベースを焼肉店風のパンチがある味付けに仕上げており、バランスの良いさっぱり濃厚テイストとなっています。

業スーの冷凍味付き肉は甘めの商品が多いので、爽やか系の本品は貴重な選択肢。ご飯にのせるだけでねぎ塩豚丼風にアレンジできますし、ビールのおつまみとしても活躍してくれる一品ですよ。

特徴をまとめると以下のようになります。

  • 豚タンルート肉に刻みネギと塩レモンだれを合わせた冷凍惣菜
  • 控えめな塩気と酸味にごま油などの香りを足した、バランスの良い味付け
  • 食感は若干チープだけど、爽やかさと濃厚感が両立した優秀なクオリティ
  • こってりした味付けが好みなら『豚焼肉たれ漬け』(500g・429円)がおすすめ
元記事で読む
の記事をもっとみる