1. トップ
  2. 恋愛
  3. デート中に眠いと感じる理由とは? 眠たい時の対処法10個を解説

デート中に眠いと感じる理由とは? 眠たい時の対処法10個を解説

  • 2022.8.17
  • 2765 views

デート中に眠気を感じて困ってしまうことはありませんか? デート中に眠そうにしていると、恋人を嫌な気持ちにさせてしまう可能性があります。

そのようなことを避けるためにも、デート中の眠気の理由を把握し、その眠気の対処や予防をできるようにしておきましょう。

デート中に眠いと感じてしまうのは何故?

恋人との楽しいデート中に眠くなってしまう人がいます。決してデートがつまらないわけではないのに、眠気を感じてしまうことにはいくつかの理由があります。

当然ながら、デート中に居眠りをしてしまうようなことがあれば、恋人に嫌な思いをさせてしまうため、それらの理由を把握し、デート中の眠気対策を立てられるようにしましょう。

デート中に眠いと感じる9つの理由

楽しいデートなのに眠いと感じてしまうことにはいくつかの理由があります。デート中の眠気に対処するためにも、まずは自分がどのような理由で眠いと感じているのか、その理由を把握しましょう。

また、恋人が眠いと言ったときに、どのような理由で眠いと言っているのか判断できるようにしておくことも大切です。

1:甘えたいと思っている
デート中に眠いと感じる理由とは? 眠たい時の対処法10個を解説
恋学[Koi-Gaku]

デートをしていて恋人と楽しい時間を過ごしていると、恋人に甘えたくなってしまうこともあります。しかし、デート中であれば外にいることが多く、周囲の目があるので甘えたくても甘えられない状況です。

そのため、恋人に甘えられる状況にしたくて、眠いと言って二人きりになろうとしている可能性があります。このような場合は、眠いと言われたとしても、本当に眠いというわけではなく、照れ隠しとなります。

2:デートプランが退屈だと感じている

単純にデートが退屈で眠気を感じてしまうようになることもあります。特に、ドライブデートやお家デート、食事デートなどのように、体を動かさない状態で、会話もそれほど弾まないような状況が続くと、眠気を感じやすくなってしまいます。

3:前日か日頃の睡眠不足

前日の睡眠時間が短い、普段から忙しくてあまり睡眠時間が確保できていないなどの場合は、デートが楽しくても眠いと感じてしまうことがあります。

このような場合は眠気を感じても仕方がないことですが、恋人に事情は説明しておきましょう。また、恋人が睡眠不足で眠気を感じている場合には、責めないようにすることが重要です。

4:相手に対する安心感

人はリラックス状態になると眠気を感じる場合があります。そのため、恋人と一緒に過ごしていて安心感を抱き、リラックス状態になることで眠いと感じるようになってしまいます。

このような場合は、信頼関係が築けているということになるため、眠いと感じるのは良いことでもあります。ただし、毎回のデートで眠そうにしていると恋人に悪い印象を与えてしまうので注意が必要です。

5:恋愛ホルモンの低下によるもの
デート中に眠いと感じる理由とは? 眠たい時の対処法10個を解説
恋学[Koi-Gaku]

付き合い始めは恋人と一緒にいるだけでドキドキとしてしまいます。これは恋人と一緒に過ごすことで、恋愛ホルモンが分泌されているからです。恋愛ホルモンが分泌されることで、恋人といると緊張状態になり、眠気を感じる余裕がなくなります。

しかし、その恋愛ホルモンは一緒に過ごす時間が長くなるほど分泌されにくくなります。付き合ってしばらくして、恋愛ホルモンの分泌が減ってくると、恋人と一緒にいても緊張せずにリラックスできるようになってくるため、付き合い始めよりも眠いと感じやすくなります。

出典:恋愛と睡眠の深い関係|睡眠健康大学

6:日頃の疲れが取れていない

仕事や勉強などで忙しい人は、普段から睡眠時間がしっかりと確保できていないことがあります。普段から睡眠時間がとれていないと疲れも取れないため、デートをしている休日に眠気を感じやすくなります。

デートも大切ですが、疲れで体を壊してはいけません。そのため、ときには休むことも優先するようにしましょう。

7:飲食後だとお腹がいっぱいになっている

食事をした後に眠気を感じてしまうことはよくあります。そのため、デートで食事をした後に、満腹感によって眠いと感じるようになってしまう場合もあります。

食事後に眠くなるのは体の反応なので仕方ないことですが、食事後に毎回眠いと言ってしまうと、真剣にデートをしていないと恋人から思われてしまう可能性があるため注意が必要です。

8:ハグやキスなどの愛情表現で幸せな気持ちだから

ハグやキスなどの愛情表現をしている際に、幸福感からリラックス状態になってしまう場合があります。

リラックス状態は眠気を感じやすい状態のため、愛情表現が眠気に繋がってしまう場合もあります。そのため、二人きりで愛情表現をし合っているうちに、リラックスしてしまい、そのまま寝てしまわないように注意しましょう。

9:別れたいと思っているのかもしれない
デート中に眠いと感じる理由とは? 眠たい時の対処法10個を解説
恋学[Koi-Gaku]

恋人と別れたいと思っている場合は、恋人に対して興味がなくなっているため、デートがつまらないと感じやすくなります。デートがつまらないと感じると眠気を感じやすくなります。

また、別れを考えていなかったとしても、デートがつまらないと感じて眠気を感じるようになったことをきっかけに、別れを意識するようになる人もいるでしょう。

デート中に眠い時の対処法10個

デート中に眠いと感じてしまうことにはいくつか理由があり、その中には疲労や体の反応など、仕方のないものもあります。しかし、それでもデート中に眠気を感じていることを恋人に察知されてしまうと、恋人は良い気分にはなりません。

そのため、デート中に眠いと感じた場合の対処法を把握しておくようにしてください。また、デート中に眠くならないための予防法も把握しておきましょう。

1:糖分を摂り過ぎないようにする

食事をすると眠気を感じてしまうのは、糖分を摂取したことで血糖値が急上昇するからです。そのため、デート中の食事では糖分を摂り過ぎないように注意して、食後の眠気を抑えるようにしましょう。

また、糖質も眠気の原因となってしまうため、デート中にはご飯やパン、麺類などの食べ過ぎに注意しましょう。

出典:機能性低血糖症とは|汐留ガーデンクリニック

2:デート前にカフェインを摂る
デート中に眠いと感じる理由とは? 眠たい時の対処法10個を解説
恋学[Koi-Gaku]

眠気覚ましの定番としてカフェインを摂ることがあります。そのため、眠気対策としてデート前にコーヒーや紅茶などを飲むようにしましょう。

ただし、カフェインの効果は数時間ほどなので、眠気覚ましの効果が1日続くわけではありません。デートの合間にもコーヒーや紅茶を飲んでカフェインを補充しましょう。

出典:健康リスクが高くなる基準量 と 健康被害|みどり病院

3:身体をつねる等して痛みを与える

眠気を感じた場合に、体に刺激を与えて目を覚ますという法方があります。その刺激は強いほど効果的なため、身体をつねるなどして痛みを与えると良いでしょう。

この方法であれば、眠気に対して即効性が期待でき、小さな動きで行えるので、恋人に眠気を覚まそうとしていることがバレにくいです。

4:程よい仮眠をとる

どうしても眠気が我慢できないという場合には仮眠をとってしまいましょう。たった10分程度でも、仮眠をとれば眠気を大きく抑えることができます。

ただし、何も言わずに寝てしまうと恋人が嫌な思いをするため、断りを入れる必要があります。わずかな時間であれば恋人は仮眠を許してくれるでしょう。

5:笑うなどテンションを上げる

大声を出す、笑うなどの方法で無理やりテンションを上げれば、眠気を抑える効果が期待できます。ただし、何の前触れもなく急にテンションを上げると、恋人から変に思われてしまう可能性があるため、少しずつ上げていくと良いでしょう。

また、自分がテンションを上げていくことで、恋人もつられてテンションが上がる場合があり、デート自体が盛り上がることもあります。

6:ストレッチや深呼吸などを試してみる
デート中に眠いと感じる理由とは? 眠たい時の対処法10個を解説
恋学[Koi-Gaku]

眠気を覚ますには身体に刺激を与えることも効果的です。そのため、眠気を感じたときには、深呼吸をしながらストレッチをしましょう。ストレッチをして身体を動かし、深呼吸によって頭をすっきりさせることで、眠気を覚ます効果が期待できます。

7:顔を洗ってみる

冷たい水で顔を洗って刺激を与えることも眠気覚ましの定番方法です。また、顔を洗うことで気持ちもすっきりさせることができます。トイレに行くタイミングなどで顔を洗ってみましょう。

ただし、メイクや顔に怪我をしているなどの理由で、顔が洗えないという人もいます。そのような場合は冷たい水で手を洗いましょう。手を洗うだけでも冷たい刺激によって眠気覚ましの効果が得られます。

また、ハンカチなどを濡らして首を冷やすようにしても、眠気覚ましの効果が期待できます。

8:お家デートなどのんびりできるプランを提案する

食事や買い物をしているときに眠気を感じてしまっても眠ることはできません。また、眠そうにしている様子を恋人に見られてしまうと、恋人は良い気分にはなりません。

そのため、眠気を感じたときに寝てしまっても良いように、お家デートのような二人きりでのんびりと過ごせるデートプランを準備しても良いでしょう。お家デートであれば自分が寝てしまっても、恋人も一緒に添い寝をして過ごすことができます。

9:正直に疲れたことを伝えてホテル等休める場所に誘う

食事や買い物などの外出デートで眠気を感じた場合は、お家デートのようにその場で寝ることはできません。

そのため、どうしても眠気が我慢できない場合は、どうしても眠気が我慢できないことを恋人に伝えて、ホテルや漫画喫茶などのような仮眠がとれる場所へ行くようにお願いしても良いでしょう。

10:眠そうにしている時は聞いてみる
デート中に眠いと感じる理由とは? 眠たい時の対処法10個を解説
恋学[Koi-Gaku]

自分ではなく、恋人が眠そうにしている場合は、なぜ眠いのか、仮眠は必要ないかなどを聞いてあげるようにしましょう。必要があれば、恋人を休ませてあげましょう。

また、眠気の理由を聞けば、体調の悪さや仕事の愚痴など、恋人が抱える問題を把握できるきっかけとなる場合もあります。これからも長く付き合っていけるように、恋人の様子は普段からよく観察するようにしておきましょう。

恋人が眠いと言ってきた場合は?

自分から聞かなくても、恋人が正直に眠いと言ってくる場合もあります。そのような場合は、恋人がかなり強い眠気を感じている可能性があります。

無理して眠気を覚ますのではなく、適切な対応をしてあげる必要があるでしょう。ただし、その際には注意点すべきこともあります。

帰宅を促すようなことは言わない

恋人があまりに眠そうにしている場合は、帰って寝たほうが良いと思ってしまうこともあります。しかし、せっかくのデートを中止にするような提案をされると、恋人はがっかりしてしまうでしょう。

場合によっては、帰って自分だけで体調を整えるように感じてしまい、恋人から冷たい印象を持たれてしまう可能性もあります

そのため、よほどの疲労や体調不良などを我慢している状況でなければ、帰宅を促すようなことは言わないほうが良いでしょう。。

公園などで休憩をはさむ
デート中に眠いと感じる理由とは? 眠たい時の対処法10個を解説
恋学[Koi-Gaku]

恋人が強い眠気を感じている場合は、無理に眠気を覚ますのではなく、休ませてあげる必要があります。そのため、公園やカフェなどの座って落ち着ける場所で休ませてあげるようにしましょう。

どうしても眠気が我慢できない場合には、ホテルや漫画喫茶などの仮眠がとれる場所へ行き、恋人に仮眠をとってもらうようにしましょう。休憩や仮眠をとることで、恋人は元気になってデートの続きを楽しむことができます。

場合によっては外でのデートからお家デートに切り替えることを提案しても良いでしょう。

デート中に眠い時は無理せず正直に伝えてみよう!

デート中に眠いと感じてしまうときはあります。しかし、それは決してデートがつまらないからというわけではありません。

そのため、デート中に眠気を感じた場合には、無理せず正直に眠気を感じていることを恋人に伝えましょう。恋人に眠いことを理由と合わせて伝えれば、休憩や仮眠をとることを許してくれるでしょう。

また、眠気で楽しいデートの雰囲気を壊さないためにも、事前に眠気の対処法や予防法も知っておくようにしましょう。

Written by KOIGAKU

元記事で読む
の記事をもっとみる