1. トップ
  2. ファッション
  3. 小池徹平、『科捜研の女 2022』新メンバーに決定 「シリーズに新風を吹き込みたい」

小池徹平、『科捜研の女 2022』新メンバーに決定 「シリーズに新風を吹き込みたい」

  • 2022.8.17
  • 264 views
『科捜研の女』(c)テレビ朝日

10月よりテレビ朝日系で放送される『科捜研の女 2022』に小池徹平が出演することが決定した。

京都府警科学捜査研究所(通称・科捜研)の法医研究員・榊マリコ(沢口靖子)を中心とした、ひと癖もふた癖もある研究員たちが、法医、物理、化学、文書鑑定などの専門技術を武器に事件の真相解明に挑む姿を描く本シリーズ。1999年の放送開始以来、現行のテレビドラマでは最多シリーズ記録を更新し続けている。

新シーズンが放送されるのは、新たに設立された火曜21時台のドラマ枠。さらに高度な科学捜査を追求し、“大人の科学ミステリー”へと生まれ変わる。

小池が演じるのは、物理研究員の君嶋直樹。君嶋は、京都環境生態研究センターから科捜研に“転職”してきた人物で、仕事と家庭のバランスを大事にし、ひとり娘のことを溺愛している。しかし、その転身の背景には、「人間の心の闇を科学で解明したい」という真摯な思いがあった。第1話では古巣の環境生態研究センター所長が殺害される事件が起き、君嶋はいきなり元同僚たちを調べる立場に立たされてしまう。

今回のオファーについて、小池は「いや、もうビックリでした! これだけ長く続く作品に参加させていただけるなんて……。とても光栄なのですが、“僕でいいのかな”と転校生的な気分でプレッシャーが大きいです」とコメント。

さらに、自身の演じる役柄について「どういう人物を作り上げていくか、まだ模索段階ではあるのですが、衣装合わせをしてしっくりきたのが、“パーカーに白衣”というスタイル。ラフさのある性格だけど、やるときはやる……といったメリハリが出せるキャラクターにしたいですね」とイメージを膨らませた。

そして、今回が初共演となる沢口について「僕の中ではやっぱり“マリコさん”の印象が強いので、沢口さんご本人がどんな方なのか、お会いしてお話しさせていただくのが今から楽しみです!」とコメント。

さらに、「作品に新しい風を吹きこんで、“おっ! 新シーズン面白いな”と思っていただけるようなスタートを切りたい」と笑顔で意気込みを語った。

加えて、新シーズンには、マリコと強い絆で結ばれている土門薫(内藤剛志)をはじめ、風丘早月(若村麻由美)、宇佐見裕也(風間トオル)、藤倉甚一(金田明夫)、日野和正(斉藤暁)、佐伯志信(西田健)、涌田亜美(山本ひかる)、蒲原勇樹(石井一彰)らレギュラー陣が引き続き登場する。

なお、2017年から物理担当研究員として活躍してきた渡部秀演じる橋口呂太は、新たな道を選択して科捜研を卒業。呂太の進路は第1話の中で明かされる。

■小池徹平 コメント

オファーを受けたときの心境

いや、もうビックリでした! これだけ長く続く作品に参加させていただけるなんて……。とても光栄なのですが、“僕でいいのかな”とか“現場に馴染めるかな”とか、ちょっと転校生的な気分でプレッシャーが大きいです。でも自分に与えられた仕事、つまり“君嶋を楽しく演じていくこと”に全力を注ぎたいと思っています。

君嶋直樹という役柄の印象

まだ人物像が定まりきってないところもあって、どういう人物を作り上げていくか模索段階ではあるのですが、監督やスタッフのみなさんともお話して、“純粋に科学が大好きな、まっすぐな人物”という大まかな設定が見えてきました。自分の中で大枠ができたので、これから中身をどんどん詰め込んでいこうと考えています。
衣装合わせをして監督も僕自身もしっくりきたのが、“パーカーに白衣”というスタイル。かっちりしたシャツよりも、ちょっとラフな感じが君嶋という人物にはしっくりくるな、と……。“緩急”というか、ラフさのある性格だけど、やるときはやる、大好きな専門分野にはとにかくまっすぐ突き進む…といったメリハリが出せるキャラクターにしたいですね。
それにしても、理系男子ってカッコいいですよね。僕自身はまったく違いますし、まわりにもいなさすぎてどう自分のものにしていけばいいのか悩ましいですが、準備期間もあるので、これから理系男子について研究していきたいと思っています。

主演・沢口靖子の印象

沢口さんとは初共演です。京都で別作品の撮影があったとき、お見かけしたことはあるのですが、なかなかご挨拶する機会がなくて……。僕の中ではやっぱり“マリコさん”の印象が強いので、沢口さんご本人がどんな方なのか、お会いしてお話しさせていただくのが今から楽しみです!

京都の撮影で楽しみにしていること

しばらく京都に通う機会が無かったので、撮影をすごく楽しみにしています。普段、自分ではなかなか行かない場所でのロケやおいしいものなど、京都での新発見を楽しめたらいいなと思っています。

視聴者へのメッセージ

加入するからには作品に新しい風を吹きこんで、「お! 新シーズン面白いな」と思っていただけるようなスタートを切りたいです。歴代のシーズンをずっとご覧になってきた方にも、今シーズンから新たにご覧になる方にも「面白い!」と感じていただけるような作品にしたいと思っていますので、ぜひ楽しみに待っていただけたらうれしいですね。

(リアルサウンド編集部)

元記事で読む
の記事をもっとみる