1. トップ
  2. トンネル内で紙をかき集めるあんずの姿が 『夏へのトンネル、さよならの出口』新予告公開

トンネル内で紙をかき集めるあんずの姿が 『夏へのトンネル、さよならの出口』新予告公開

  • 2022.8.16
  • 85 views
『夏へのトンネル、さよならの出口』(c)2022 八目迷・小学館/映画『夏へのトンネル、さよならの出口』製作委員会

9月9日公開のアニメーション映画『夏へのトンネル、さよならの出口』の第2弾予告映像が公開された。

本作は、デビュー作が第13回小学館ライトノベル大賞において「ガガガ賞」と「審査員特別賞」をW受賞した八目迷による同名小説をアニメ化した青春ドラマ。

掴みどころがない性格のように見えて過去の事故を心の傷として抱える塔野カオルと、芯の通った態度の裏で自身の持つ理想像との違いに悩む花城あんず。2人は不思議なトンネルを調査し、欲しいものを手に入れるために協力関係を結ぶ。しかし、そのトンネルは欲しいものと引き換えに……。

『デジモンアドベンチャー LAST EVOLUTION 絆』(2020年)の田口智久が監督を、キャラクター原案・原作イラストをくっか、制作を『映画大好きポンポさん』(2021年)などを手がけるCLAPが担当。主人公・カオルを鈴鹿央士、転校生・あんずを飯豊まりえが演じる。

公開された第2弾予告は、雨が降るなか海を見つめるあんずに「傘、使う?」と声をかけるカオルの場面から始まる。真っ赤な紅葉が立ち並び、トンネルの中と外で時間の進み方が異なるという奇妙なウラシマトンネルは「欲しいものがなんでも手に入る」という。互いに欲しいものがあるカオルとあんずは共同戦線を結び、夏休みにトンネルの攻略へ挑む。カオルが過去に抱えた心の傷を想像させるシーンや、あんずが夢中でトンネル内に散らばった紙をかき集める姿が映されている。世界を断絶するトンネルに2人が願った「欲しいもの」、そしてカオルがあんずに伝えたいこととは。本予告映像では、eillが本作のために書き下ろした主題歌「フィナーレ。」が流れている。(リアルサウンド編集部)

元記事で読む
の記事をもっとみる