1. トップ
  2. 『シー・ハルク』日本版声優に井上麻里奈、三木眞一郎ら決定 宮内敦士、田中美央も続投

『シー・ハルク』日本版声優に井上麻里奈、三木眞一郎ら決定 宮内敦士、田中美央も続投

  • 2022.8.16
  • 67 views
『シー・ハルク:ザ・アトーニー』(c)2022 Marvel

8月18日16時よりディズニープラスで独占配信されるマーベル・スタジオのオリジナルドラマシリーズ『シー・ハルク:ザ・アトーニー』の日本版声優が発表された。

本作は、アベンジャーズのオリジナルメンバーであるハルクの力から生まれたニューヒーローを描いた法廷コメディアクション。ある日、突然の事故をきっかけにハルク級の力を持つ“シー・ハルク”になってしまった弁護士のジェニファーが、強大なパワーに困惑しつつも、弁護士の仕事に立ち向かおうとする姿を描く。

日本語吹替版では、シー・ハルク役に井上麻里奈、ハルクの宿敵・アボミネーション役に三木眞一郎、シー・ハルクの前に立ちふさがる謎の女タイタニア役に加藤英美里が決定。

さらに、ハルク役には約10年以上吹き替え声優を務める宮内敦士、ドクター・ストレンジの盟友ウォン役には田中美央の続投が発表された。

あわせて、シー・ハルクとタイタニアのキャラクタービジュアルも公開。主人公のジェニファーは、正義感に溢れる弁護士として働いていたが、事故でハルクの血液に触れてしまったことをきっかけに“ハルクのパワー”を得てしまい、様々な騒動に巻き込まれていく。

『呪術廻戦』禪院真依役や、『僕のヒーローアカデミア』八百万百役などで知られる井上は、シー・ハルク役に決まった時の心境を「MCUは自分にとって憧れの存在であり、掴む事の出来ない遠い夢だと思っていたので、シー・ハルク役に決まったと聞いた時は天にも昇る気持ちでした」とコメント。

さらに、思いがけずヒーローとなったジェニファーについて「彼女はごく普通の等身大の女性です。一人の人間として、シー・ハルクとなった自分と葛藤しながら向き合っていき、そんな姿に親近感を抱く方も多いと思います。MCUらしいアクションにコメディ要素も満載なので、多くの方に観て頂きたいです!」と語った。

また、ハルク役の宮内は「やっと出番が来たか、待ってました! という感じで、本当に嬉しかったです。これまでとは違った、日常モードのハルクを観ることができるので、一味違う新たな楽しみ方ができると思います」と喜びを明かしながら、本作で観られるハルクの新しい一面を解説。

さらに、『ドクター・ストレンジ』からウォンの声を担当する田中は「本作にもウォンが登場すると聞き、さすがはウォンさん! と思いました。魔法はお手の物でも、司法となるとからっきしなウォンとシー・ハルクの掛け合いに注目して下さい。二人がヒーローである事を忘れてしまう程、キュートです」とコメントを寄せた。

そして、ジェニファーは「私はヒーローじゃない」とハルクの教えに反抗する一方で、“緑の見た目”と“最強のパワー”を自分の個性として受け入れ、ヒーローやヴィランを弁護する“超人専門弁護士”として活躍していく。そんな彼女に弁護を依頼するクライアントの1人は、『インクレディブル・ハルク』、『シャン・チー/テン・リングスの伝説』に登場したアボミネーション。

同役を演じる三木は、「アボミネーションをシー・ハルクが弁護するわけですが、本作の世界観ならではだと思います。そこに、他のキャラクターなども、絶妙なタイミングで絡んできたりするんです」とストーリーの魅力を語った。

そして、謎に包まれた新キャラクター・タイタニアを演じる加藤は「タイタニアは、シー・ハルクを目の敵にしています。彼女はソーシャルメディア・インフルエンサーであり、多くのファンがいます。ファンに対しての顔、シー・ハルクに対しての顔を使い分けている様子を楽しんで頂けたらと思います」と明かした。

■コメント

井上麻里奈(シー・ハルク役)

MCUは自分にとって憧れの存在であり、掴む事の出来ない遠い夢だと思っていたので、オーディションのチャンスを頂けただけでも嬉しかったのですが、シー・ハルク役に決まったと聞いた時は天にも昇る気持ちでした。ジェニファーはごく普通の等身大の女性です。一人の人間としての当たり前の日常を過ごす中で、「シー・ハルク」となった自分と葛藤しながら向き合っていきます。そんな姿に親近感を抱く方も多いと思います。MCUらしいアクションにコメディ要素も満載なので、多くのファンの皆様に観て頂きたいです!

宮内敦士(ハルク役)

やっと出番が来たか! 待ってました! という感じで、本当に嬉しかったです。これまでのスーパーヒーローとしてのハルクとはまた違った、日常モードのハルクを観ることができるので、一味違う新たな楽しみ方ができる作品だと思います。シー・ハルクは、単にヒーローとしてだけでなく、仕事や恋愛に奮闘する女性で、今までのMCUにはいなかった新しいキャラクターです。コメディ要素満載のタッチで描かれるシー・ハルクとの絡みも楽しみです。MCUファンの方はもちろん、これまでMCU作品を観たことのない人にも十分楽しめるドラマになることを期待しています!

田中美央(ウォン役)

本作にもウォンが登場と聞き、さすがはウォンさん! ソーサラー・スプリームともなると色んな問題に首を突っ込まなくてはならないのだなと驚きました。魔法はお手の物でも司法となるとからっきしなウォンとの掛け合いに注目して下さい。二人がヒーローである事を忘れてしまう程、キュートです。

三木眞一郎(アボミネーション役)

この役に決まって、とても嬉しかったです。キレ者でありながらも飄々としていて、捉えどころのない雰囲気が素敵なアボミネーション。そして演じているティム・ロスさんの吹替は二度目になるのですが、それも合わせて、本当に幸せ者だと思いました。アボミネーションをシー・ハルクが弁護するわけですが、この作品の世界観ならではだと思います。そこに、他のキャラクターなども、絶妙なタイミングで絡んできたりするのも、魅力のひとつだと思います。

加藤英美里(タイタニア役)

MCU作品に出演できること、とても光栄です! オーディションの際に演じたシーンがとても表情豊かで、ユーモアあるキャラクターで楽しいと感じていたので、決まった時は本当に嬉しかったです。初登場シーンでは壁を破り、豪快に登場します。その様子から、ジェニファーに対して目の敵にしている様子が伺えます。そして彼女はソーシャルメディア・インフルエンサーであり、多くのファンがいます。ファンに対しての顔、シー・ハルクに対しての顔とガラリと使い分けている様子を楽しんで頂けたらと思います。

(リアルサウンド編集部)

元記事で読む
の記事をもっとみる