1. トップ
  2. ライフスタイル
  3. ダブルワークとは?-副業と掛け持ちとの違いからメリデメまで解説

ダブルワークとは?-副業と掛け持ちとの違いからメリデメまで解説

  • 2022.8.16
  • 217 views
ダブルワークとは?-副業と掛け持ちとの違いからメリデメまで解説

近年の働き方の変化から、1つの勤め先で仕事を専念するのではなく、ダブルワークを選択する方の割合が増えてきました。

ダブルワークとは、2つ以上の勤め先で仕事をして収入を得ることを指します。

収入アップや仕事のやりがいを得やすい働き方のため、魅力的な部分はありますが、一方でダブルワークを始める際は注意点もあります。

そこで今回は、ダブルワークとはどのような働き方なのか、メリット・デメリットや始める際の注意点を合わせて解説します。

ダブルワークが気になっている方は、ぜひ参考にしてください。

ダブルワークとは?

ダブルワークとは、2つの勤め先で仕事をすることを指します。

例えば平日日中は正社員としてオフィスで働きつつ、夜や休日は別の仕事をするなど。

2つの仕事を同時にこなし、複数の勤め先から収入を得ていることが大きな特徴です。

大きな特徴が「正社員として働いているかどうか」です。

ダブルワークは、本業では正社員として働いていることが定義づけられています。

そして正社員ワークとは別に仕事をして、2つ以上の組織から収入を得ていると、ダブルワークに位置付けられるのです。

つまり、メインで正社員ワークを・サブで別の仕事をしている方が、「ダブルワーク」に当てはまります。

副業や兼業との違い

ダブルワークは、「副業や兼業を言い換えただけ」と考えている方も多いでしょう。

しかし、ダブルワークは副業・兼業とはまた違った意味合いがあります。

まず「副業」とは、働き方ではなく本業とは別にしている仕事自体を指す言葉です。

そのため、ダブルワークは働き方そのものを、副業は本業とは別の勤め先や仕事を指す言葉として分けて押さえておくと良いでしょう。

対して「兼業」とは、掛け持ちで仕事すること全般を指します。

大きな違いが「本業・副業」の定義がなく、複数の仕事をほぼ同じ比重で行なっていることが挙げられます。

優先度を式で表すと、ダブルワークは「本業>副業」、兼業は「仕事1=仕事2」です。

もちろん副業だからと仕事をないがしろにすることは許されませんが、もしものとき、ダブルワークは本業を優先し副業は辞めるのも、選択肢の1つです。

ダブルワークのメリットとデメリット

ダブルワークに挑戦するかどうかは、あなたの目的や理想とする働き方に合わせて判断しましょう。

ここでは、ダブルワークのメリットとデメリットについてそれぞれご紹介します。

メリット

・収入が増加し自由に使えるお金が増える
・スキマ時間に働けて時間を有効活用できる
・新たな仕事に挑戦でき刺激のある日々を送れる
・新たな交友関係や人脈形成に役立つ

収入が増えること、副業を通じて新たな刺激を得られることは、ダブルワークならではのメリットです。

将来のために貯金したい、充実した暮らしを得るための資金にしたいなど、理想を現実にする1歩として、ダブルワークは役立つでしょう。

デメリット

・仕事に掛ける時間が長くなり心身に負担が掛かる
・徹底したスケジュール管理が欠かせない
・確定申告をはじめ考えるべきことが増える

ダブルワークをすれば本業以外の時間も別の仕事をするため、心身の負担が増えることはもちろん、スケジュール管理も必須です。

また、2つ以上の職場から収入を得れば、自分で確定申告する必要があるため、税金に関する知識を付けなければいけないことも忘れてはいけません。

ダブルワークはバレる?するときの注意点

ダブルワークに興味はあっても、今の勤め先にバレないかどうか気になる方は多いのではないでしょうか。

ここでは、本業を大切にしながらダブルワークをする際の注意点を2つ解説します。

ダブルワークしてもいいか会社に確認しておく

基本的に、公務員以外であれば副業やダブルワークを禁止する法律はありません。

しかし、会社によっては就業規則で副業を禁止している場合があるため、事前に確認を取っておきましょう。

もしダブルワーク禁止の職場だった場合は、副業を探すことは諦めたり、ダブルワークOKの会社に転職するのも選択肢の1つです。

意識的に休日を作って心身を休める

どんなに仕事が好きでも、常に頭や体を使いっぱなしでは負担が掛かります。

ダブルワークは休日の空き時間で副業できるものの、休日をすべて副業に当ててしまうと、休む暇が無くなるでしょう。

そこで、意識的に休日を作って心身を休める時間を確保することも忘れてはいけません。

例えば、副業は夜、週3日以内だけ働いて残り4日はちゃんと休むなど。

休むタイミングを作れば、負担を掛けすぎず長くダブルワークを続けられます。

ダブルワークに向いている仕事は?

ダブルワークするには、仕事の選び方も重要です。

一方を本業(正社員)、もう一方を副業に定めるからこそ、本業に支障が出ない範囲で働ける仕事を選びましょう。

ダブルワークに向いている仕事について、3つご紹介します。

フリーランスエンジニア・ライター

自分で依頼を受けるフリーランスは、働く場所や時間が限られません。

自宅で自分のペースで働くこともできるため、ダブルワークに向いています。

特に技術職をはじめ、WEB開発に関する知識を有している方なら、早い段階で副業でまとまった収入を得られるでしょう。

また、WEB記事を執筆するライター業も、フリーランスの求人が多く、初心者でもスタートしやすいダブルワークです。

飲食店や販売店の接客アルバイト

飲食店や販売店のアルバイトは、ダブルワークの定番です。

シフトを組んで働く一方で、あらかじめ予定を調整すればスケジュール管理の手間も省けて気楽に働けます。

また、人と接する・体を動かす仕事でもあるため、デスクワーク中心の方にとっては気分転換になる可能性もあります。

作業員など日雇い系アルバイト

スケジュール管理が難しい・副業で働ける日がそう多くはない場合は、作業員など日雇い系のアルバイトに挑戦するのがおすすめです。

飲食店などのアルバイトだと、頻繁に予定を開ける必要がありますが、日雇い系であれば1日開けるだけのため、スケジュール管理の負担が減ります。

また、直近の日程のシフトを入れることも可能なため、本業のスケジュールが変動しやすい方にも向いている仕事です。

ダブルワークを上手に取り入れましょう

ダブルワークとは、正社員の本業とは別に副業することを指す言葉です。

働き方改革をきっかけに、ダブルワークを始める方は徐々に増えつつありますが、スケジュールや収入を徹底管理しなくては、働き方が破綻する可能性もあります。

そのため、ダブルワークする際は、予定調整や心身の健康管理を徹底して、長く続けられるよう目指しましょう。

ダブルワークを安定して長く続けられる基盤を作れれば、より充実した毎日を過ごせるだけでなく、金銭面の余裕も生まれます。

理想とする生活を送るためにも、ダブルワークを上手く取り入れましょう。

元記事で読む
の記事をもっとみる