1. トップ
  2. 恋愛
  3. 恋人関係を長続きさせる「大人の恋愛」のコツとは?

恋人関係を長続きさせる「大人の恋愛」のコツとは?

  • 2022.8.16
  • 28735 views

年齢とともに、自然と恋愛精神年齢が上がる訳ではありません。いくつになっても子供っぽい恋愛をしている人も沢山います。

子供っぽい恋愛は、生活が恋愛一色になってしまったり、尽くし方を間違えて2人の間に上下関係が出来たりと、なにかとアンバランスな恋愛関係になりがちです。

大人の恋愛関係とは、具体的にはどんな関係なのでしょう?


子供っぽい恋愛は自己中

大人の恋愛関係で最も重要なのが、相手を思いやる気持ちです。
恋愛関係だけてなく人間関係全般に言えることなのですか、特に恋愛をするとアラサー、アラフォーになっても相手に求めるばかりの自己中心的恋愛をしてしまう人もいます。
経験値の浅い若い頃の恋愛は、気持ちが舞い上がってしまい自己中恋愛になりがちです。
例えば、映画やドラマのようなデートコースを実現したい、キスをしたいなど、自分が何をしたいか? して欲しいか? という欲求ばかりが膨らみ、相手の気持ちを置き去りにしてしまうのが子供の恋愛。
大人になってからも、そんな自己中恋愛を繰り返してしまう人には、他の原因があります。
主な原因としては、幼少期に大人から、正しい愛情表現を学べなかったり、依存症、不安症などの重度でなくても、本人も気がついてないレベルの精神疾患だったりします。

自己中恋愛型とは

自己中恋愛型な主な例として、束縛、嫉妬、合意の無い浮気などがあります。相手を思いやるよりも、相手を傷付ける行為が多いのです。
原因は様々で、関係が進むにつれ双方の問題となります。
例えば、最初は浮気癖のある男性のフラフラとした態度から始まり、彼氏に対して疑心暗鬼になった女性が激しく嫉妬、束縛をしたりするのは王道子供っぽい恋愛パターン。
この場合、浮気を始めた男性側が100%悪いように思えますが、その後、女性が嫉妬と束縛に狂ってしまうと2人の問題となり、お互いに解決策を見つける努力が必要となります。
そして、なによりも言えることが、精神年齢が高く大人の恋愛が出来る人たちは、そもそも恋愛で相手を傷付けるタイプの人には惹かれないのです。

大人恋愛は会えない時間に愛が深まる

精神年齢が大人ですと、恋愛関係で相手を傷付ける行為をしません。きちんと理性や感情をコントロールし合い、相手を思いやる気持ちがお互い信頼しているので浮気を疑ったりもしません。
しっかりとした信頼関係が築かれていて、関係性に不安も少なく、結果として束縛することもありません。数日、連絡が取れなくても大丈夫なのです。
そうすると、お互いに自分の時間が保て、仕事や趣味に集中できますし、同僚や友達と過ごす時間もあります。
生活が恋愛一色、彼氏オンリーにならず、会えない時間に愛が深まるのが大人恋愛です。

外見やステータスよりも内面ハート重視

子供恋愛は、どちらかと言うと刹那的な傾向にあり将来を見据えたりはしていないので、外見やステータスで相手を選びがち。
一方、大人恋愛では結婚や長い付き合いを意識していますので、内面重視。
とはいえ、大人になっても子供っぽい恋愛を繰り返してしまう人の中には、一般的ハイスペック男性を選ぶ訳でもなく、ダメ男を選んでしまったりもします。

さいごに

子供っぽい恋愛を繰り返してしまう人は、自分を愛せていないことが多いです。
自分に自信がなく相手を傷付ける自己中恋愛で愛を確かめようとしてしまうのです。
大人恋愛をしたいのであれば、精神的、金銭的な自立をして、自分を傷付けるような子供っぽい恋愛体質の人とは恋愛しないことでしょう。
また、自分自身のトラウマやこころの問題に向き合って、自分を愛することで、大人恋愛体質へと変化してゆきます。
(キタミカ/ライター)


元記事で読む
の記事をもっとみる